テーマ:ソウル

愛はすべてをこえて / チョーズン・フュー

明けましておめでとうございます。 今年の4月から環境が変わる事になり、ブログの更新も昨年以上におろそかになりそうだ。新年一発目でもあることだし今回はお気に入りのシングルで。 その昔大阪のエースレコードで聴かせてもらい感動するもなかなかお目にかかれなかった。年末に見たガキの使いの遠藤の如く「ホチイ」と言い続けて20年。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ザ・メン / アイザック・ヘイズ

なんとまぁ You Tubeはこちらを拝借 ヒワイなジャケだこと。まずはIsaac Hayesの出で立ち。胡散臭い宗教家にしか見えない。手にするのはアカデミー賞のトロフィーなのだが、霊験あらたかな置物を売りつけようとしている。騙されてはいけない。 さらにどなたかも書いておられたがタイトルも怪しい。「・」と「ー」で大違い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

チェイン・ギャング / サム・クック

今週は飲みすぎで胃もたれ中。 たまにや運動しようと登山を企んでいたが雨天中止。パソコン前で籠っても仕方ないのでどこかへ出かけようかと思案していたら、気になる言葉にあたったのでネットでお調べ。しかしも一つピンとこない。 You Tubeはこちらを拝借 曲調から受けるイメージとは異なり、アメリカ南部の黒人監獄囚が一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラブ・トレイン / オージェイズ

既にSNSで紹介済みだが A面はアルバートハモンドの『カリフォルニアへ愛をこめて』で放送局向けのカスタム盤。レーベルも白地。 ソウルの王者、大勢’s 何も言うまい。 ちなみに通常盤のライナーにも「3人でもオーゼイズ」と書かれています。 オーゼイズのディスコグラフィー カリフォルニアへ愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴ・オーヴァーボード / グラディス・ナイト&ザ・ピップス

グラディス漬け になった方の記事をFacebookで読んだので、撮り溜めしたジャケ写からこれを選ぶ。 You Tubeはこちらを拝借 音を聴けば「ああ、この頃こんな音が流行ったな」という懐かしさがこみ上げるCalloway兄弟の作品。こういうノリの曲にも余裕で対応するグラディスの懐の深さはサスガとしか言いようが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サザンクロスのディスコ常磐炭坑節 / 森雄二とサザンクロス

何がやりたいのか自分でもわからなくなり、 混乱してやむを得ず出した判断が外れるという事は避けたい。 その意味では野田よしひきさん(たとえばこのリンク先の本文最終行)の今回の判断は、前の総理大臣様とは一味違うと思っている。 ご当地有名曲をディスコ調でリメイク。このような和やかな時がいつ戻るのか。 福島県の復興に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シンク / ジェームス・ブラウン

しばらく放置していた。 先週ようやく再開しようかとパソコンに向かうが、なんとBiglobeは5日間もかけてご丁寧にメンテナンス。 やる気になった時に使えなくなるという間の悪さ。ビートたけしさんの著書『間抜けの構造』でも進呈したい気分だ。事後にお詫びメールが届くわけでもなく、アナウンスも足りない。 そろそろブログ終了…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オフ / ホッジス、ジェイムス&スミス

意外にやるじゃないか そう言われる人になりたいが時すでに遅しなので、そう思わせてくれるアーティストをご紹介。 今日は初期MotownレーベルのプロデューサーであるMickey Stevensonに見い出された3人組。 Pat HodgesとDeniata James(それぞれ既にデビュー済み)に、レコード会社で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マシンガン / コモドアーズ

マシンガン・トークのセールス・マン そういう人は最近見なくなったのだが、たまに電話の営業で出くわすことがある。この場合、こちらが返事をしなくても同じセールストークを何回も何十回も聞かされる続ける。そのまま放っておいてネットで電話番号を検索してみると同じような目にあった人の書き込みが見つかる。 忙しいときは外出しますの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィラデルフィア / B.B.キング

だらだらしてたら 前回のアップからもう3週間も経ってました。 そういや最近は金銭、物欲ともに乏しく、ネットでポチッとクリックしてCDを購入することもレコ屋巡りをする頻度も極端に減ってます。 ヤフオクもたまに参加していましたが5連敗して萎えました。他の誰も手を付けず何周目かの再出品であるようなブツでさえ、私が参加…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あなたと踊りたい / メルバ・ムーア

ちょいと遠出して 夜はそんなにはしゃいだつもりもないのだが、体力の衰えにより前日の酒を十分に消化できず、帰宅後殆どご飯も食べず半日寝ていた。 特にレコ掘りもしていないので新たな報告もない。取り敢えず自宅に帰って聴いたシングルを紹介。 You Tubeはこちらを拝借 ホーンのフレーズが如何にもMcfadde…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤキ!ヤキ!不思議な媚薬 / ショー・ナフ

昨日は友人宅でリフォーム完成パーチー 皆で焼き芋を囲みながらしこたまワインを頂きました。 その友人と出会ったのは高校三年生。今、彼の息子さんが高校三年生。あのころの自分と同じような感覚なんだろうか?不思議な気持ちだ。受験が終わったらジュースを飲み交わしてみたい。 さて、今日は馬…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ツイストで踊りあかそう / サム・クック

貴重なシングルを譲って頂いた。 You Tubeはこちらを拝借 当時から聴きなじんでいたシングルだそうで、その思い入れを受け継ぎ丁重に取り扱います。 ところでモノを処分する状況というのは難しいもんで、妙に気を回すとかえってトラブルを招くことがある。 その昔、ある関わりの深いショップの閉店セールがあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ファンキー・マツリ / アレックス

暑いときには 熱いブツで迎え撃つ。 You Tubeはこちらを拝借。 当時ディスコで流行ったのかどうかは知らない。「新宿のディスコで踊ろよ」というだけの歌詞に全く意味はない。歌もそう上手いわけでなく「ドッコイショ」や「アーッ」という「合いの手」の方が目立つ程度だが、バックの音はフュージョン寄りで小気味良い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーティ・ダウン / リトル・ビーバー

朝からけだるく。 You Tubeはこちらを拝借 ライナーによれば「RCAにTKプロダクションのアーティストたちが加わることになりました。今回(75年当時)獲得したのはT.K., Cat, Glades, Alston, Blue Candle, Dash, Driveの7レーベルです。」とのこと。 この辺りの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天使の瞳 / ランディー・ブラウン

残念ながら 7月1日からレバ刺しが食えなくなったが、大騒ぎすることでもない。 食べ物も人間もクセの強いものが好きなんで、個人的にはレバーステーキが食べられるならば十分だ。 ふらりと厚生労働省のQ&Aを見てみれば、これまでの基準で生食用だったものについて、自宅用販売は規制されているが卸売りはOK(多分)。 なら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブギー・ファンド / ソラー・フレア

ガラケーでもLineができるという事を知り始めてみたけど、やっぱりあれはスマホ用だと思う。 スタンプの選択が面倒だし、受け取ったスタンプの表示に時間がかかり過ぎ。 チャットのように遊ぶ必要もそんな相手もいないので、友人と1日1回生存確認をし合うための利用に留めている。 で、何の脈絡も無く、今日のレコ。 素性の分からな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラテン・ハッスル / エディー・ドレノン&B.B.S.アンリミテッド

特にネタなし。 蒸し暑いので爽やかに。 You Tubeはこちらを拝借 Vam McCoyのHustleを借用したフルートメロ。本家より甘めのコード進行なんで、BGMとしても聴き易い。 ジャケには「灼熱のラテンビートがディスコに渦巻く!」なるコピーが記載されている。灼熱っていえばTito Puenteなど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バッド・ボーイ / ルーサー・ヴァンドロス

日常の小ネタは FBでちまちま取り上げることが多くなったため、最近ブログの文章もかなり省エネ。いろいろ出費もかさむのでCD購入もかなり控えめ。そんな状況の私の財布に優しかったのはルーサーの4枚組CD。探せば2,000円以下で購入できるしブックレットには多くのカラー写真も。 ルーサーの日本盤シングルって手持ちは5枚ほど。一番気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛よいそげ / スタイリスティックス

小旅行。 繁忙期が終わり、週末はフラっと自分のルーツをたどる旅に出たが目的は果たせず。2日目は友人と合流し結局は終始飲み会に。 勿論昼間はレコ掘りで英気を養った。 ところで旅行に行くと普段その値段では買わないヤロと思うようなブツまで手を出してしまっていかん。「放送局上がりでくたびれたジャケのディスコもの480円…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今宵の思い出に / ザ・ドリフターズ

いつもの趣味から離れてオールディーズ 愛おしいジャケのドリフターズの超有名曲。 「ラストダンスは私に」との認識しかなかったのですが、当初の邦題は全くの別物でした。 後に64年にはジャケを変更し、おなじみのタイトルでシングルが発売されています(参考:日本盤オールディーズ・シングル図鑑1954~1964 シンコーミュージッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サンシャイン / スティービー・ワンダー

今週の出来事箇条書き 月:使い慣れた電卓が割れてショックを受ける。アロンアルファ購入。スーパーの鮮魚売場でスタイリスティックスが流れているが食欲はそそられないので素通り。 火:Numonicsの日本盤を購入。自分のブログを見るかのようなコピペ失敗や文字化けしたライナーの酷さに呆れる。 水:使い切れないアロンアル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムーンライト・セレナーデ / ベンチャーズ

食べすぎであまりに身体が重いので 昨日は一日中散歩してました。 ただ歩いてもつまらないので愚痴やら般若心経やらを心の中でぶつぶつ一人ごちながら4時間ほど。 さすがに足の裏が痛くなりましたが依然として膨満感は治らず、そういいながら今日も行動を起こさずに部屋でゴロゴロ中。 さて今日のネタは単なるジャケ買い。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブリック・ハウス / コモドアーズ

手短に You Tubeはこちらを拝借 昔は小馬鹿にしていたグループ。 なので人様の前では堂々と言えませんでしたが、彼らの中で一番好きな曲はと言えばこれ。ド素人の私でも自然に横揺れして踊れそうなナイスファンクです。 修学旅行の記念写真っぽいジャケも好みですね。 いかにも100円均一で見かけそうなもん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

彼女に喝采を / デルズ

またソウル熱が冷めそうだ。 you Tubeはこちらを拝借 デルズと言えば声とコーラスワークで聴く者を魅了するシカゴの名グループ。バリトンありファルセットあり、何をやっても外れがなく安定感ある方々だ。 そんなデルズのようなすばらしいお店が昨日幕を閉じた。京都先斗町のソウルバー「QJ's Bar」。 店内に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ディスコ花笠音頭 / エボニー・ウェッブ

エイ、やっと揃った。 エボニー・ウェッブは本国でアルバムを出す前に日本で2枚アルバムを作成。その1枚目は春日八郎の名曲「お富さん」のカバーモノ。続く2枚目は民謡のディスコアレンジで、まぁなんというか、おちゃらけ企画に弄ばれた悲劇の(関西人的にはオイシイ)グループ。 とはいってもこのセカンドアルバム『ディスコ花笠音頭・相馬盆歌…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シャイン・オン・ミー / ワン・ウェイ

特にネタも無く 2週間ほど違う世界に拘束される予定でしたが、それも無くなり拍子抜け。シトシト降る雨のため墓参りにも行けず、いつハレルヤらと思いながら自宅でシングル盤の整理中です。 で、タイトルをこじ付けるわけじゃないが、たまたまアップしていないお皿が目についたので今日はこれ。 You Tubeはこちらを拝借 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスコ・インフェルノ / トランプス

玉筋魚を待ってます。 グッとくる漢字でしょ、ソウルフルでしょ。玉筋魚とかいて「いかなご」と読みます。昨年まで知りませんでしたが「いかなご」と入力すればパソコンもちゃんと変換してくれます。 この季節になると神戸方面では「いかなご」という魚の釘煮が出回ります。昔はそれぞれの家庭で大量に作って近所と交換し、飴の硬さ、醤油の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファンキー・ベティ / ベティ・デイビス

いや、良かったわ、ベティのライブ。 あれなら値打ちあるわ。声も全く衰えてないしパフォーマンスは良いし、ラップはやるしカバーも演るし。おまけにじっくり視線を合わせてくれたうえに最後は握手までしてもらったんだからもうこりゃ満足。 …… 素直にBetty Wrightのネタをとりあげたいのですが、持ってないので今日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛なき世界で / オーティス・クレイ

「寒い時にはスィートソウル」を定番にしていましたが、 最近はスィートソウルどころか黒人音楽そのものをほとんど聴いていません。 昨日は大阪の師匠の店で妻と夕飯。そこで流れていたのがデルフォニクスやスミス・コネクション。「あぁ、ワシはこいう音が好きやったな。懐かしい。」と思い出すのですが、実際に買っているシングルは歌謡曲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more