ナッシング・フロム・ナッシング / ビリー・プレストン

おっしゃるとおりでございます。

画像


You Tubeはこちらを拝借

特に書くネタも無いんだけど、いいライブだと思いアップした。独りでなくグループで何かをやるって楽しいもんだ。

ビリー・プレストンのディスコグラフィー

ナッシング・フロム・ナッシング(Nothing From Nothing) / 私の心に誓って(My Soul Is A Witness)
74年 キングレコード㈱ AM-221

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ad'
2013年02月03日 15:10
曲自体は当時耳にタコが出来る位聞いてたので今更なんだけど。

ナッシング・フロム・ナッシング / ビリー・プレストン
> おっしゃるとおりでございます。

ってのはなぁ~。
モチベーションを続かせるのは方法がある訳で
私なんかの先(定年)の見えて来たオヤジには退職金という餌で仕事をなんとか持ちこたえる訳。(金額聞いたら萎えそうだが…)

レコードに話を戻すと
一番簡単なのは新しいモノに力点を移すことだったりして
(新しい出会いはワクワクするから)
今の日本盤シングル枠はそのままに
「よしひき的にゅーCD」
なんて企画は如何?
2013年02月06日 00:55
ad'さん

ネタを書くにもメインがFacebookになってますんでここで書くときはGolden Age Of Soulの穴埋め狙いとなってます。それじゃ意味ないかも。

にゅーCD、新譜なら聴いてませんので書けません。違うジャンルになってしまいそうです。
Biglobeに腹立ってるんで住居の引っ越しついでに違う場所に意向かと思ってます。従前の記事は残せるのかどうか確認中。
mambo
2013年02月21日 00:21
うわー
おいらの青春だぜい!

これ初めて聴いた時は
ぶっ飛びました 脱帽でした。大好きです!
彼ほどSoulfulでFunkyなオルガンはなかなか聴けません!
よしひき
2013年02月24日 09:29
mamnboさん、Get Backを聴きながらオヤジが小学生の私にBilly Prestonのカッチョ良さを語っていたことを今思い出しました。
それと、ぼちぼちいかなごの季節が始まりますのでお楽しみに。

この記事へのトラックバック