この世の果てに / マイケル・ジョンソン

夜中にカツカレーが食べたくなったんですが、ストップかけられ断念。

画像


人間ドックの結果はA。ホッとしていたら胃カメラの生検の結果に「食道裂孔ヘルニア」と書かれていました。「裂ける」ってどやさ。怖い言葉やないの。

調べてみたらそう重い病気ではなさそうですが、もともと逆流性食道炎と言われていたんで当然の帰結かもしれません。
喫煙、肥満がダメとのこと。両方とも当てはまりますわ。生活を改めないとなぁ。


さて今日これをとりあげるのも当然の流れ。予想されていた方も多いかと思います。前回紹介した「涙は今夜だけ」のカバーで、アーティストが変われば邦題も変わるという「Don't Cry Out Loud」パターン。

You Tubeはこちら


マイケル・ジョンソンは陸上選手ではなく、フラメンコギターを学ぶためにスペインへ留学したりジョン・デンバーとともにミッチェル・トリオというグループにいたりと意外な一面の多いシンガー。カントリー風味のあるSSWというイメージで、歌もなかなか表情があり、聴かせてくれます。

そのミッチェルトリオの超ショート動画が強烈にかっこよかったんで音源が欲しくなりました。
この曲なんという曲なのか、ご存知の方は是非お教えください!


この世の果てに(This Night Won't Last Forever) / ノーとは言えない(I Just Can't Say No To You)
?年 東芝EMI㈱ EYS-17207

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ad'
2011年04月09日 19:47
>You Tubeはこちら

普通にAORですな。
確かにカントリー風味って気がしますが意識して聞かないと分からないかも。
AORって自分が思ってたよりカントリーの影響が強いのかな。
どちらが好きかと云えばこちら。

>ジョン・デンバー

なんか、ジョン・デンバーらしく無いなぁ~。
カントリー、フォークともにこの手のスタイルはアレルギーが有るようだ。
2011年04月09日 22:14
ad'さん、こんばんは

>普通にAORですな

そうですか。なんとなく私のイメージではSSW寄り。はねたリズムのない曲調だけで判断していたのかもしれません。

>なんか、ジョン・デンバーらしく無いなぁ

そうなんですか。私はかなり好みなんですが、ジョンデンバーのソロ自体をほとんど知らないんでわかりません。
カントリーはウェスタン・スイング、ブルーグラスしか聞かないので耳が偏ってます。

2011年04月15日 04:52
昨日の神戸新聞2011.4.14朝刊10面に「神戸・アロマテラピー・コンシェルジュ」の紹介記事を掲載してもらいました。 上記アロタンブログへのリンクをクリックすると関連記事にジャンプします。見てね
よしひき
2011年04月15日 12:15
アロタンさん、後ほど伺います

この記事へのトラックバック