真夜中のファンキー・パーティ / アヴェレイジ・ホワイト・バンド

Masatoさんネタに便乗。

画像

スコットランド出身のグループAverage White Band(AWB)は、この当時黒人1人、白人5人からなるファンキーなバンド。このシングルは日本編集盤で、Leon Wareの哀愁メロディにメロウ・ファンが平伏す名曲だ。

初めてこのシングルを見た時は、曲のイメージと日本語タイトルにあまりに違和感があり、購入を見送ってしまった。

この曲、「Person To Person」のライブ盤が好きなんだなー。最近出たライブ盤「Soul & The City」もタイトでいいんだけど。長くてタルいかもしれないけど、「気だるさルツボ」とでも言おうか、イントロのダラダラ感でスタンバイした後に始まるハネた生音がたまらない。
まぁこの辺は思い入れの問題。

これは作曲者本人バージョン


ところでIf I Ever Lose This Heaven、どんなカバーがあるのかな?とAMGを見ると、
Masatoさんご紹介のG.C Cameron以外に
Billy Griffin, Jonathan Butler, Will Downing, Sergio Mendes, Nancy Wilson, Quincy Jones, Work Shy, Coke Escovedo, Minnie Riperton

いかにも納得のいくメンツだなぁ

アヴェレイジ・ホワイト・バンドのディスコグラフィー

真夜中のファンキー・パーティ(If A Ever Lose This Heaven) / スクール・ボーイ・クラッシュ(School Boy Crush)
76年 ワーナー・パイオニア㈱ P-1435A
Person to Person/Warner Communications
Edsel
2009-06-09
The Average White Band
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Masato
2009年08月29日 08:35
あ、これ邦題「真夜中のファンキーパーティー」なんですか。AWBのシングルだけでしょうけど。

まぁ、いろんな人がやってるでしょうからね、この曲は。

しばらく、僕のほうもカバー関係ネタでいく予定です。
2009年08月29日 08:46
Masatoさん、ありがとうございます。

お題頂き。ゴチソウサマでした。

他のバージョンの日本盤シングルは見たことないですね。QJのアルバム日本盤はどういう表記になっているのか興味あります。
Jimi
2009年08月29日 09:53
出ましたねAWB! ナイス選曲!
しかし、この邦題はないですよね。

久し振りに「Person to Person」
のLP引っぱり出してきて今この曲
聴いたところです。おっしゃる通
りイントロいいですね。それと、
エンディングも。

他のAWBのシングルでは「恋は幻」
(GET IT UP,77年P-205A)が私は
好きです。

それと、QJの同曲には邦題ついて
なかったと思います。



2009年08月29日 11:36
Jimiさん、ありがとうございます。

そうそう、ブレイクが入ったりするエンディングもいいんです。

恋は幻、東京事変(椎名林檎)もカバーしているみたいですね。明日のネタはそれにしようかな。
今は外出中なんで、帰ったら確認してみます。
kazzz
2009年08月29日 11:45
東京事変「恋は幻」なんてやってるんですね。
「ネッド・ドヒニー」のMellowなバージョンが大好物なんですよ。
ヘイミッシュ・スチュアートの参加が90年代のPaul McCartneyバンドのキモでしたねぇ。
Jimi
2009年08月29日 16:14
えっ、東京事変が。ビックリです。

kazzzさん、私もネッド・ドヒニー
大好きなんです!
チャカ・カーンが歌ってた「WHAT
CHA' GONNA DO FOR ME」はヘイミ
ッシュ・スチュアートとネッド・
ドヒニーの共作ですよね。
ヘイミッシュとスティーブ・フェ
ローンがバックにいた頃のチャカ
は最高でした。
2009年08月29日 19:55
kazzzさん、ありがとうございます。

東京事変、買ってしまいました。「修羅場」というシングルCDの中に入ってます。これもあり。Ned Doheneyの恋は幻も混沌としたイントロではじまりますね。その後のアコースティックなギターがカラッとした夏の雰囲気を醸していい!

90年代のポールは殆んど聴いたことがありません…
2009年08月29日 19:58
Jimiさん、どーもです。

kazzzさんとJimiさんは趣味が合いそうですね。
Whatcha Gonna Do For MeはNedバージョンのゆったり感が好きです。あれ、kazzzさんと似たようなことかいてるなぁ…

この記事へのトラックバック