はずみで抱いて / チャカ・カーン

最近記憶のあやふやさ加減に悩んでいるが、そんな折このシングルを入手した。
画像


前回紹介の「アイム・エヴリ・ウーマン」と比べて「おんなじちゃうんかい?」、「使い回しかい?」とおもっていたのだが、正解は同じものでどちらもレコード番号はP-351W

日本でしばたはつみさんが”A Woman In A Man's World”をカバーしたことにあやかり、AB面をひっくり返し、
”A Woman In A Man's World”に「はずみで抱いて」という邦題を付けてリプレスしたようだ。

マトリクスナンバーは
「アイム・エヴリ・ウーマン」
A面にP-351W-1(レコード番号)と1-A-2(プレス番号)
B面にP-351W-2(レ番)と2-A-2(プ番)

「はずみで抱いて」
A面にP-351W-2(レ番) 2-B-2(プ番)
B面にP-351W-1(レ番) 1-A-5(プ番)

「アイム・エヴリ・ウーマン」のインナーではアルバムの宣伝書きがあり、そこでは”A Woman In A Man's World”を邦題「マンズ・ワールド・ウーマン」と記載していたが、それがリプレスにあたって削除されているなどかなりの配慮が伺える。

ただ、作曲者のクレジットはリプレスの際に誤植がありLarry John McNallyがLarry John MeNally

しばたはつみさんのカバーは聴いたことない。興味あるなぁ。

画像

画像


後日入手
画像




はずみで抱いて(A Woman In A Man's World) / アイム・エヴリ・ウーマン(I'm Every Woman)
79年6月 ワーナー・パイオニア㈱P-351W

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月30日 21:27
タイトルがそそりますね。
昭和を感じさせてくれます。
2008年05月30日 22:51
あ、これライターがLarry John McNallyだったんですねー、知らなかった。
2008年06月01日 06:35
whiteさんありがとうございます。
>昭和を感じさせてくれます

その手のタイトルに弱いんですよ。つい手が出てしまいます。
2008年06月01日 06:54
Masatoさん、ありがとうございます。

>ライターがLarry John McNally

私も今回初めて気が付きました。
彼のアルバム「シガレット&スモーク」のライナーを読むと、チャカのSleep On Itもそうだし、Peabo Bryson,Mavis Staples, Renn Woods,AWBにも提供していたようで、なかなか多彩な人です。
この「シガレット&スモーク」のアルバム、久々に聴きましたがいいですね。特にB面。

この記事へのトラックバック