テーマ:OHIO PLAYERS

ライディング・ハイ / フェイズ・オー

連休最終日 に行くこともなく、平日に比べるとになることもなく、平坦な連休だったなぁ。 「そういえばShadowがCD化されていたな。買いに行きたい」と思ったのだが現金がない。 「Sunfireヤフオク出品しておけばよかった」と思った自分は狭量だ(実はヤフオクで出品したこともない。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 6

来ました。興奮です。 待ちに待ったオハイオ・プレイヤーズ、マーキュリー時代の紙ジャケボックス。 誕生日プレゼントとして、嫁はんに買ってもらいました。 今日だけはありがとうございます。 仕立ては期待以上の出来映え。 とにかく興奮しながら撮ったぶれぶれのシールドのビニ盤。 アナログ時代のインナースリーブも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 5

このアルバム「Angel」以降は彼らの人気も下降の一途。 内容的にも印象が薄い。 オハイオ・プレイヤーズのテーマ / キャン・ユー・スティル・ラブ・ミー ライブではこれを無理やり盛り上げようとしてたなぁ。でもイマイチだった。 B面は名曲だ!。 上記アルバム「Angel」の後、「Mr.Mean」というサントラアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 4

マーキュリーレーベルからの4枚目のアルバムはcontradiction あまり評判は良くないが、年配のヒトに聴けばこの「フーシーク」が印象に残っているらしい。 いかすぜクー(Who'd she coo?) / 輝け・・・アメリカ200年(Bi-Centennial) 5枚目のアルバムはベスト盤となった。彼らにしては味気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 3

マーキュリーでの3枚目はHoney。 ここまでをいわゆるマーキュリー3部作という。 確認できるだけで日本盤シングルも3枚発売されており、地道に認知度が増してきたと思われる。 そもそも彼らのアルバムジャケットはセクシーな女性モデルを使ったものが売りなのに、何故か初期の日本盤シングルはイカツイ男たちの怖いジャケットのものが多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 2

マーキュリーでのセカンドアルバムは「Fire」 ここからのシングルカットで今手元で確認できるのは2枚。ライナーはいずれもかの有名な「ブラザーニック岡井」さんによる。 ファイヤー / トゥギャザー この曲には「バンプ」で踊ることになっていたらしい。こういうファンクチューンのライナーでステップについて触れないのは以ての外だと思…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 1

DUによれば、スライ、パーラメントと紙ジャケ化が続き、とうとうOhio PlayersのMercury時代が紙ジャケで発売されることに。 ワタシがソウルを聴きはじめた頃、一番探していたLPが彼らのマーキュリー時代の3枚「Skin Tight」「Fire」「Honey」。 ジャケのH度抜群なのは勿論であるが、ボーカル・ギターのSu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more