テーマ:AOR

ライト・プレイス / 笠井紀美子

1月後の引っ越しの準備に追われ まずはできる所から始めようとアナログを箱詰め終了。音楽関係のブツは専用の段ボールも購入し整理しやすいのだか問題はそれ以外のもの。仕事関連の本はぎりぎりまで置いておくとしても、ゾクゾクと発掘される昔の成績表、習字、クロッキー帳、賞状、写真、読書感想文等々に気を取られればあっという間に日も落ちて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キープ・ザ・フレイム / クレイグ・ランク

カラッとした空 かと思われるのだが、今住むマンションは外壁工事中のため外の様子はおぼろげにしか分からない。おそらくこのジャケのような澄んだ空なんだろう。もう五月だもんな。どんな雲が出てるんだろうか。 と、家に籠りながら想像中。 ベランダの荷物やら外した網戸やらが家の中にあるため、家の中のレコも取り出せず、今回もやは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神に誓って / フランキー・ヴァリ

飽きたわけではなく 気乗りがしなくて更新途絶えてました。 というのも本が増え、これも積み重ねているので、シングル盤の箱を取り出すのが面倒くさかったから。 来年引っ越しが決まっているので今更整理する気にもなれません。 一番上にある箱を見たらAORの箱だったんで今日はそこから取り上げます。 しばらくは更新してもAORの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ・エンジェル・ベイビー / トビー・ボー

ハイでスイートなヴォーカル・ハーモニー そして広々とくつろぎのメロー・サウンド! 人気急上昇!!トビー・ボーのデビュー・シングル! とここまで、シングルのライナー冒頭部分をまんまコピー。 ソロ・アーティストのような名前ですが「トビー・ボー」はグループ名。この曲がデビューシングルのようです。 昨日外食…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ミスター・テレフォン・マン / ニュー・エディション

ちょいと懐かしめを。 You Tubeはこちらを拝借 彼女に電話がつながらないもどかしさを誰にぶつけようとしているんでしょうか。 最後に買ったアルバムHome Againが1996年でもう16年前のこと。今彼らがどんな状況なのか全く知りませんが、この動画の頃の彼らの初々しさは忘れられません。 言うまでもな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イフ・ユー・ウォント・イット / ナイトフライト

昨日は汗ばむ天気で もうすぐ11月というのに半袖でも好かったかなと思われるほど。 で、今のうちにこの曲でも取り上げてみようかと。 You Tubeはこちらを拝借 今や「超」がつくほどの有名曲だが昔はなかなかお目にかかない高値盤。CD化されて初めて入手し、シングルもやっと最近美品をみつけた。 歌い方、リズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワン・マン・レディ / ミュージック・マジック

気候の変化についていけず… 昨日は久々の蒸し暑さ。外回りだったんでスーツのジャケットを着ていたのだが、これで節約モードの会社にお邪魔するのはつらいものがある。肩も背中もパンパンに張っているうえ、最近睡眠時間も少なめなんで夜は即寝。 爽やかに起きた今日の気分はAOR。 You Tubeはこちら ハワイのバン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サムワン / エル・デバージ

先週ターンテーブルを頂いた。 とにかくハードにお金をかけていない私。どこの誰が恵んでくださったのか、特に名を明かさないが、オフ会でお会いする方々なら察しが付くだろう。 ホントニホントニアリガトウゴザイマス さて、今日とりあげるのはエロ・デバージ。軟弱なブラコンの代表格としてそりゃもうソウルファンンにとっては絶好の攻撃の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

この世の果てに / マイケル・ジョンソン

夜中にカツカレーが食べたくなったんですが、ストップかけられ断念。 人間ドックの結果はA。ホッとしていたら胃カメラの生検の結果に「食道裂孔ヘルニア」と書かれていました。「裂ける」ってどやさ。怖い言葉やないの。 調べてみたらそう重い病気ではなさそうですが、もともと逆流性食道炎と言われていたんで当然の帰結かもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

涙は今夜だけ / ビル・ラバウンティ

しばらく色々ありまして 更新が途絶えてましたが、ボチボチ再開したいと思ってます。 この途絶えていた間といえば聖地ミラクへ再び行ったり、東京で唯一一人で行けるBar Baby,Baby,Babyさんが閉店という悲しい知らせを聞いたり、DR. Smithさんの1周年に行ったり、人間ドックでメタボな結果が送られてきたり(不…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夜のシモーヌ  / ボズ・スキャッグス

週末は法事で奈良~伊賀へ。てなわけでMasatoさんからお誘いのあったAORナイトには残念ながら不参加。 それなりに枚数は持っているがAORに強いというわけではない。体系的な知識も持ち合わせていない。ただなんとなく好きなもの懐具合と相談しながら購入しているだけ。 そんなレベルの私にとって今回のAORナイトはうってつけ(自分の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クレージー・ダンシング / ボトムライン

私が書いた落書きではありませんから ミクシィのフォトでジャケ特集を組んでいるのですが、その時に出てきたブツ。あまり聴いていなかったので存在を忘れていました。このB級感、一体どこから生まれてくるのでしょう。元のジャケとはあまりにイメージが違います。ウケ狙いで書いてみたとしか思えません… ボトム・ラインは以前に紹介したペ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イエロー・マジック / ワン・ライン・バンド

12月。かなり寒くなってきたが初雪は未だ降らず。降ったらアップしようと準備しているジャケもあるが、まだ公開できない。 ところで私にとって12月とは「1年を振り返るが何も思い出せないことに気がつく月」なのだが、ヤホー辞書で調べると「1年の12番目の月。最後の月。師走。極月。臘月」とある。「それでも辞書かよ」と突っ込みたく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カム・トゥ・ミー / ボビー・コールドウェル

関西で100本の指に入る変態音楽ブログ などと15,000枚もお皿を持ってる超人から評していただきました。ソウル離れ甚だしく、立ち位置を見失いそうな私を諭す含蓄あるお言葉。しかしやはり中途半端なポジションであることは私のヒトとしての器に因るもの。今後はとりあえず90本の指に入るのを目指そうかと思います。 とまぁ、こんな会…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

哀しみは心に秘めて / メリサ・マンチェスター

鏡に映る彼女の顔が怖い 今日からはちょいと書き溜めしていたものを小出しに。 といっても過去記事の使い回しをするわけではない。 最近のテレビ番組には「総集編」と名打って若手芸人にコメントさせ、ギャラを抑えたものが多く見受けられる。こういう番組を見ると、遠回しに「不況」という現実を見せつけられているよ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

レット・ミー・ラブ・ユー / ペガサス

クロスオーバー・なディスコものという、訳のわからんジャンルです。 ベーシストのジャック・コンラッド率いるスタジオ・ミュージシャンの覆面グループで、おなじみのデビッド・フォスターやジェイ・グレイドンも関係しています。ギターはスティーヴ・クロッパー、キーボードはエリ・シンプル(この人知らない)。 このレコードを出しているTA…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Body Talk / 弘田三枝子

今まで聴こえなかった音が聴こえてきました。 音はこちら 耳の穴をかっぽじった訳でもなんでもなく、某氏のお宅で、ごついオーディオで聴かせてもらったから。 この曲は「ディスコ歌謡 東芝EMI編」で初めて知ったもの。弘田三枝子さん(ミコちゃん)の歌い回しに惚れ、タイトなバックの音に体が揺れ、繰り返し聴いていたはず…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ビゲスト・パート・オブ・ミー / アンブロージア

なんとなくこれを取り上げます。 元はプログレバンドだったそうですがその頃は全く聴いた事がなく、AORアーティストとしての彼らしか私は知りません。Take 6のカバーが流行ったんで耳馴染みのある方も多いでしょう。歌うDavid Packがえらく淡々としているのが妙におかしい。 ブルー・アイド・ソウル好きならこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛は果てしなく / キャロル・ベイヤー・セイガー

たまのAOR You Tubeはこちら ライタークレジットには、キャロル・ベイヤー・セイガー、バート・バカラック、ブルース・ロバーツ。モーメンツの後期アルバムを思い浮かべますね。他にもえげつなく豪華なメンツです。 作詞家であるCarolの3rdアルバムからのシングルカット。2冊のガイド本を見ると「当時交際してい…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

メイビー・アイム・ア・フール / エディー・マネー

先日届いた郵便物。その中の一曲が素晴らしかった。 You Tubeはこちら 中身はkazzzさん作成のAORコレクション。他にも懐かしのナンバーがあったのですが、この曲は知りませんでした、やられました、即死でした。 ジャケはいつも行くレコ屋で見かけてたのですが、まさかこんな曲とは…。このルックスではブルー・…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

セブンティーン / エイドリアン・ガーヴィッツ

遠い昔は17歳 You Tubeはこちら 彼のアルバムとしては1stのSweet Vendettaが好きなんだけど、そのアルバムを知ったのはかなり後。当時記憶にあるのは2nd収録のこの曲。 曲調からシリアスな歌詞かと思っていたのだが、結構脈絡がない。 要約するとこんな感じ、 17歳の時、彼女との恋愛…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ディスコ・ハリケーン / ボブ・クリュー・ジェネレイション

ジャンル分けに迷うことがある。 You Tubeはこちら 以前取り上げたことのあるラベル、ディコ・テックス&ザ・セックス・オー・レッツなどを手がけた大物白人Bob Crewe。11th Hourなんかもこの人の手によるグループでしたね。 かなりソウル/ディスコタッチのアプローチがあるのでジャンル分けに困る。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

真夜中のファンキー・パーティ / アヴェレイジ・ホワイト・バンド

Masatoさんネタに便乗。 スコットランド出身のグループAverage White Band(AWB)は、この当時黒人1人、白人5人からなるファンキーなバンド。このシングルは日本編集盤で、Leon Wareの哀愁メロディにメロウ・ファンが平伏す名曲だ。 初めてこのシングルを見た時は、曲のイメージと日本語タイトルにあまり…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

この胸のときめきを / ヘレン・レディ

チョコ・ホットという飲み物がありました。 これは私が中学生の頃の話。これはネスレの製品で、当初はBilly Joelの"Honesty"がイメージ・ソングとして使用されていました。 そのCMの第2弾がこの曲です。 imeemはこちら 編曲はチャ-リー・カレロ。 この曲に惹かれた私は早速地元のレコード店に行く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

約束の地 / リー・オスカー&ウォー

adhistaさんのブログやそのコメントに反応して資生堂のCMを思い出しました。 アップされた方に感謝です。 このシングル、過去に記事にしたことがあるかも… もうそれさえも判別できない… 脳がメモリ不足… ところで、そろそろHNを変えたいと考えています。 ブログが長続きするとは思わず、安易…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ヒアズ・トゥ・ラヴ / 渡辺貞夫 ロバータ・フラック

渡辺貞夫さんのCDがリマスタリングされ、発売されてますね。この際いろまとめて買い直したいんですが資金がないんで、持っていなかったヴォーカル・コレクションだけ購入しました。 ランデブーのYou Tube(Live)はこちら この頃であれば、バックの面子に触れるべきなんですが、これは有名どころですので省略。 気持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイ・ラブ・ユー・チップス / 大野雄二

昨日病院に行ったら、待合いに居た女子高校生2人に「ここ、昭和(の人)ばっかりやん」と言われました。そーか、今の高校生は平成生まれなんですねぇ。改めて気づかされました。 本日はブログ仲間yukiさんのネタに連動。 これは昔30円で購入したもの。ラジオ局の払い下げなんでテープ後や落書きがあり、ジャケは見苦しいです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アイ・ジャスト・ワナ・ストップ / ジノ・バネリ

朝目が覚めたら4:44でした… 奇跡でしょうか?悲劇でしょうか? 最近ソウル離れで、レコ屋にいっても歌謡曲ばっか探してます。iPodで聴くのはesoul大先生作の甘茶シングルコンピを勉強するぐらい。 今日はジノ様が聴きたくなった。 You Tubeはこちら You Tubeはこちら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホールド・オン / ザ・サンズ・オブ・チャンプリン

ブルーアイド・ソウルものだが、ジャケのイラストは江守藹さん。 視聴はamazonから 実はシングル購入時にはこのグループのことを全く知らなかったので散々迷った。曲名でSam&Daveのカバーかな?とか想像し、ライナーを見て初めてChicagoのヒトだったと分かった次第。 Bill Champlinだから声は良い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛の一撃 / FCC

今から花見に行こうかと思っていたのだが、何故かだらだらとCDを聴いていたら脳が夏モードに切り替わってしまった。 そんな訳で今日はAOR、レーベルはRCA傘下のFree Flight imeemはこちら 昨年からギックリ腰に悩まされる者としては、「一撃」と聞くと「魔女の一撃」というフレーズしか思い浮かばない。だからといっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more