テーマ:ファルセット

ライオンは寝ている / スタイリスティックス

そのまんま You Tubeはこちらを拝借 私が日本盤シングルを集めているのは、邦題の妙と、日本盤独自のジャケに惹かれるから。 しかしこれは有名曲のカバーで特に邦題にひねりがあるわけでもない。アルバムも同じジャケだし、曲も全くソウルらしくない。聴くだけならトーケンズやロバート・ジョンのバージョンの方が耳馴染みがあるし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜日のディスコ / ザ・ニューヨーク・ディスコ・オーケストラ

特に思うこともなく、パソコン周りの整理中。 で、今日紹介するのはコレ。 You Tube はこちらを拝借 discogsで見る限り、アルバムは日本とベルギーでしか発売されていない模様で、この曲は日本オンリーのシングルカット。音からして日本制作とは思えないので、そうなるとベルギー産のフィリー風ディスコということに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シュー・シャイン・ボーイ / エディ・ケンドリックス

あっという間に年の瀬で、 ブログを書くにはちょうど良いクリスマスシーズンもとうに過ぎてしまった。 いつも邪魔者扱いをされる大掃除も今年は少しだけ手伝わせていただき、おかげさまで腰が痛い。 あとは革靴の手入れをするだけなのだが今日はもう屈み仕事は無理だ。 一生懸命働けるのも若いうちなのか、と思わされたところでこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇宙のファンタジー / アース・ウインド&ファイアー

今さらウケ狙いでもないが これを聴いて懐かしいと思うものの、ソウル/ディスコというよりは学園スポ根ドラマの挿入歌ぐらいのイメージで聴いている。けなしているわけではない。演奏もファルセットも素晴らしい。でもどこかでこれを聴いて自然に体が(脂肪が)揺れそうにはならない。 You Tubeはこちらを拝借 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛はすべてをこえて / チョーズン・フュー

明けましておめでとうございます。 今年の4月から環境が変わる事になり、ブログの更新も昨年以上におろそかになりそうだ。新年一発目でもあることだし今回はお気に入りのシングルで。 その昔大阪のエースレコードで聴かせてもらい感動するもなかなかお目にかかれなかった。年末に見たガキの使いの遠藤の如く「ホチイ」と言い続けて20年。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブギー・ファンド / ソラー・フレア

ガラケーでもLineができるという事を知り始めてみたけど、やっぱりあれはスマホ用だと思う。 スタンプの選択が面倒だし、受け取ったスタンプの表示に時間がかかり過ぎ。 チャットのように遊ぶ必要もそんな相手もいないので、友人と1日1回生存確認をし合うための利用に留めている。 で、何の脈絡も無く、今日のレコ。 素性の分からな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛よいそげ / スタイリスティックス

小旅行。 繁忙期が終わり、週末はフラっと自分のルーツをたどる旅に出たが目的は果たせず。2日目は友人と合流し結局は終始飲み会に。 勿論昼間はレコ掘りで英気を養った。 ところで旅行に行くと普段その値段では買わないヤロと思うようなブツまで手を出してしまっていかん。「放送局上がりでくたびれたジャケのディスコもの480円…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

イン・マイ・ライフ / スタイリスティックス

腹が出ると立ち飲み屋でしか飲めなくなる。 下手に座ろうもんなら腹の脂肪が向きに胃を圧迫する。特にビールでもがぶがぶ飲もうものなら3段バラ肉の上だけが妙に膨れガスが溜まる。「あれ、もう満腹感が来た。胃が小さくなったのか」という錯覚で店を後にし、だらだら歩けばすぐに空腹感。なんじゃこれはと思いながらもここ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワン・マン・レディ / ミュージック・マジック

気候の変化についていけず… 昨日は久々の蒸し暑さ。外回りだったんでスーツのジャケットを着ていたのだが、これで節約モードの会社にお邪魔するのはつらいものがある。肩も背中もパンパンに張っているうえ、最近睡眠時間も少なめなんで夜は即寝。 爽やかに起きた今日の気分はAOR。 You Tubeはこちら ハワイのバン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

涙のディスコティック / フィリー・デボーションズ

!!!祝 Matt Covington!!! DUの記事によればマット・コヴィントンのソロがアルバム化されるらしい。 We Got Oneは昔出ていたExpansionのコンピで聴けたが、Baby I'm For Realなんかお目にかかったのはようやく最近のこと。あれが手元に、しかも廉価で入手できるとは有り難いことです。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

インサイド・オブ・ユー / レイ、グッドマン&ブラウン

たまには王道も聴いている。 いつもニッチなレコばかり取り上げているが、実際そんなものばかり聴いているわけではない。アマンダ・レアなんて普段全く聴いていない。 ただ、面倒くさいのでiPodに落とせるデジタル音源に偏っていることは事実。アナログで持っていてCDで買い直していないアーティストは、つい縁遠くなってしまう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レット・ミー・ビー・ザ・クロック / スモーキー・ロビンソン

昨日が初雪 25日のクリスマスに合わせて初雪が降るとはなんともオツなもんだが、ロマンチックな気分は全くなく、ただ単に「寒いやんけ」という感想。 さて、初雪が降ったら紹介しようかと待っていたメジャー盤が2枚ほどあったんで、まずはそのうちの1枚を。 You Tubeはこちら 寒そうなジャケのアルバム「Warm…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イエロー・マジック / ワン・ライン・バンド

12月。かなり寒くなってきたが初雪は未だ降らず。降ったらアップしようと準備しているジャケもあるが、まだ公開できない。 ところで私にとって12月とは「1年を振り返るが何も思い出せないことに気がつく月」なのだが、ヤホー辞書で調べると「1年の12番目の月。最後の月。師走。極月。臘月」とある。「それでも辞書かよ」と突っ込みたく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

愛の世界 / ザ・スタイリスティックス

字体に惚れる。 ジャケ真ん中、緑色で「ザ・スタイリスティックス」と書いてあるこの字体。なんと呼ぶのか知りませんが、何故か大阪万博の頃の昭和なイメージがあります。最近でも時折見かける字体なのですが、やはりこの当時(72,3年頃?)のオリジナルには格別の味わいがありますね。 You Tubeはこちら 昔はフ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ミラクル・ワーカー / チョーズン・フュー

ばかばかしい ってな事を感じていた今週でした。今日は直帰でもう我が家。 今日のお題は甘茶ファンに有名なポリドールのチョーズン・フュー A面はミラクルズのラヴ・マシーンのパクリでB面はリアルシングのカバー。なんて自己主張のない人たちなんだろう…とはいうものの、両面ともメロがはっき…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ストリート・ミュージック / ソフト-ンズ

風邪が長びいとります。 スタイリスティックスの二番煎じグループといわれる彼ら、この曲ではオージェイズの「裏切り者のテーマ」を煎じています。出がらしとまでは言わないものの新鮮味はありません。 一方、B面はジュニー時代のオハイオプレイヤーズのカバー。 この曲はこちらで なんでコレをカバーすることになったのか昔から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バツカチャ / スモーキー・ロビンソン

単に好きな曲。 You Tubeはこちら こういう、ちょいラテンなミディアムは耳残りがいいのですが、歌詞の意味はよくわからない。「お前にお返ししてやる」というニュアンスなのか? ところでブログで取り上げるのがつらいのですが、アリ・オリさん、リトル・ベニーさん、ご冥福を祈ります。 スモーキーさんにはもっと長…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アフター・ザ・ダンス / マービン・ゲイ

宴の後の虚脱を乗り越え、無事現世に戻ってきました。 You Tubeはこちら なんのこっちゃ分からないと思いますが、Dr. Smithさんで味わった素晴らしさの後の寂しくも無感覚な時間がまた楽しく、仕事モードに戻ることが出来るのかどうか心配だったということ。 この曲「アフター・ザ・ダンス」はそんな意味の歌詞では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネバー・ゴナ・リーブ・ユー / エディ・ケンドリックス

しったかぶりで損をした。 エディケンドリックスのソロなんて…と敬遠していたわけではない。むしろ敬愛してやまないはずなのに、こんな名曲の存在を忘れていた。 その曲はB面のスロー。 クレジットはA.Felder B. Gray T.G Conway R. Tysonだって。このメンツだけでも出来映えが想像できるではない…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アウト・サイド・ウーマン / ブラッドストーン

レトロな盤。 シングルレコードの定価の変遷については一度研究してみたいと思いつつ、なんとなくのまま放ったらかしている。どっかのサイトで販売会社別の年表を見た気もするが、自分の持ちネタでやってみたい。 今日紹介するブラッドストーンは500円盤。世界史をほとんど知らない私、このジャケに何の意味があるのやらさっぱり分からな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ / ドラマティックス

昨日QJさんに聞かせてもらったトリビュート・アルバムが良かったんでメイズを取り上げようと思っていたんだが、変更。 このグループのライブを見たときは酩酊状態だった。 コミカルな寸劇が挟まれていたことと、この曲やIn The Rain、L.JのKey To The Worldを歌っているシーンが断片的に残…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Smoke Sugar Company

ブログのタイトル欄に入力不可能。 曲名が長すぎるからのようで、こんなの初めてです。 ギネスのレア盤で有名なJames Conwellの参加していたグループ。L.J. Smithとの共作になっていますがマトリックスがL.J.S 0010ということなんでL.J. Smithさん主導のグループだったんでしょうかね。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ビゲスト・パート・オブ・ミー / アンブロージア

なんとなくこれを取り上げます。 元はプログレバンドだったそうですがその頃は全く聴いた事がなく、AORアーティストとしての彼らしか私は知りません。Take 6のカバーが流行ったんで耳馴染みのある方も多いでしょう。歌うDavid Packがえらく淡々としているのが妙におかしい。 ブルー・アイド・ソウル好きならこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

君の悲しみを / スペシャル・デリバリー

なかなか更新する気になれませんでした。 仕事の進捗も気になるんだけど、まぁそれだけではない。 不惑を過ぎてからのこの数年迷ってばかり。友人もブログでそんなこと書いていましたが同感です。 さて今日はこんなお皿 ソウルファンにとって至高のアルバム「Lonely One(Terry Huff and Special…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ユー・ゲイブ・ミー・ラブ / クラウン・ハイツ・アフェア

バタバタです。先週、今週は必死です… とまぁ、そんなこといいながら週末は観光で金沢へ行ってました。 実はこの日はオフ会に参加するつもりだったのですが、妻の誕生日で金沢行きを約束していたのをド忘れ。結局前日にQJさんに寄ったものの、命が大事なので会は欠席。幹事のmasatoさんにはご迷惑をおかけしました。 さて、大雪の後の晴れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テンダー・ラヴ / フォース・M.D.ズ

2009年の締め括りはジャム・アンド・ルイスのしっとりとしたスロー・ナンバーで。 この日本盤シングルはシーラ・Eの主演映画「クラッシュ・グルーヴ」からのカットということになっていますが、彼らのアルバムとしてはChillin'に収録されています。強力なバリトンもいないし、舌ったらずな歌い方は聴く人を選ぶかもしれません…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トラフィック・ストッパー / ファット・ラリーズ・バンド

体脂肪があっても寒いもんは寒い! You Tubeはこちら 我が家のユニクロ寝間着はこんな横縞です。 ファット・ラリーズ・バンド(FLB)はスィートファンには何かと気になる過去を持つファンクバンド。ライナーによれば、 「フィラデルフィア出身でリーダーのLarryは元デルフォニクス。ブルーマジックのバックバンド…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

燃える愛 / マービン・ゲイ

前回に続きセクシー路線 You Tubeはこちら 朝、通勤途中、京都へ向かう外人さんの観光客に道を聞かれアタフタ。だからって訳でもないけど昨日は京都QJ’s Barでゆっくりしました。なんせこの週末は単身なもんで 先斗町近辺は外人さんの観光客も多く、バーにもカップルがちらほら。 最近タワ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

涙の試練 / スタイリスティックス

3拍子の曲に弱い You Tubeはこちら 例えば「Betcha By Golly, Wow」なんかでは途中に拍数を変えた小節が挿入され、それが不安定感を高めて妖しさを増す。この曲「涙の試練」ではそんな技は使われないんだけど、4拍子だけでは表現できない、着地点のない曲調ともの悲しげなメロは一度聴くと忘れられない。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

If It Pleases You / Joy

友人のレコードが、今、私の手元にある。 レコード・プレイヤーを買ったんでモダン・ソウル系の音源をお借りしようと連絡したら、甘茶モノ含め50枚以上のアナログが送られてきた。合間を見つけて聴いていたのだが、なかなかデジタル化できず(特にLP)にいる。このお盆でようやく録音できたのが10枚程度。慣れないと時間のかかる作業…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more