テーマ:ファルセット

ラブ・ソングス・アゲイン / バンド・オブ・ゴールド

前回「不思議なビリージーン」を取り上げたところ、頂いたコメントが「Band Of Gold」に波及した。こういうのはオモロイです。 ということで、とりあげるのは2度目なんだけど、Band Of Gold。 you tubeはこちら アルバム(ミニアルバム)は2種類あって、調べてみると、ハートのジャケはRCA…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雑記

大事件がありましたね マイコーの大ファンという訳ではないので、この事に触れるのも気がひけた。でも彼がムーンウォークしなかったら、スリラーのPVがなかったら、学生時代のおふざけ事も減っていたんだなぁと思うと、改めて感謝すべきなのかという気持ちになった。 彼のシングルを取り上げても良かったのだが、今日はあえて別モノをアップする。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涙のおもかげ / テンプテーションズ

アリ・オリが日本にやってくる と言いながら、ジャケに彼の姿はありません。 この曲の入ったアルバムでは「Together Again」(87)のタイトルが示す通り、何故かデニス・エドワーズが復活。当時落胆した事を覚えています。 無理矢理ですが、B面は前のアルバム「To Be Continued...」(86)からのカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レディ・ソウル / テンプテーションズ

アリ・オリ名古屋に来ますねぇ。 その昔テンプス対フォートップスのレーザーディスクが仲間内で話題になりました(正式なタイトルは忘れ)。 中でも印象に残っているのは、振付師のチョリー・アトキンスが紙コップをマイクスタンドに見立て、自らステップして「僕のように踊れよ」とメンバーに躍らせるシーン。このときのリードがアリ・オリでし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウォーク・オン・バイ / デルズ

以前、B.T ExpressのClose To Youを取り上げました。Burt BacharachとHal Dadvidのコンビといえばこれもそう。 imeemはこちら デルズという大物がやってるだけで値打ちありなんだけど、昔はディオンヌを軽視していてこのアルバム気に入らず売っちゃいました。 買い直して聴いて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

虹を追って / ブルー・マジック

まずはES様、ホントニホントニありがとうございます。興奮のあまり、あちらこちら垂れ流し状態です。 昨日は研修会。「昨日嬉しかったことを10秒でスピーチしてください」と言われ、「そんなことないなぁ…」と思いながらも無理矢理こじつけ話をしました。1日遅かったら10分話せたのにね。 さて、このブログでは、嬉しい事があった時…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ファイト・ザ・パワー / アイズレー・ブラザーズ

今回は前向きで ロナルドは下品でカッコエエ~ 「権力と戦え!」なんて直訳すると大袈裟。語感だけで勇気付けられる。 この曲の歌詞で、Seeking my satisfaction. keeps me on the run (満足したいから俺はやり続けるのだ) というフレーズが出てくるんだが、この言葉いい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ハッピーマン / インパクト

久々にコーラス・グループものをゲットしました。 試聴はここ このブログでは「ファルセット」というカテゴリーを設けているものの、最近ではほとんど使えませんでしたねぇ。ヤフオクに頼っていると値段も吊り上るし、最近は専ら休日にショップに出向いて好みのブツを漁っております。お金もないのよね。 簡単に書くと、インパクトは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悩殺のデヴィル・ガン / C.J & カンパニー

ジャケにインパクトあり。 you tubeはこちら このグループに関しても詳しい経歴は知りません。 ライナーによれば65年にデトロイトで結成されたグループで、当時の名前は「ザ・ストライズ」デビューシングルの「ドリーマー」でスマッシュヒットがある。。黒人の男性3人女性2二人からなるヴォーカルグループでデニス・コフィー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドント・ホールド・バック / シャンソン

これがファーストアルバムからのシングルカット このときのライナーでは全く詳細不明のようで、エモーションズ、デニース・ウィリアムズ、ポケッツ、カルデラをサポートしたEW&Fのメンバーがバックミュージシャンとしてクレジットされているということぐらいしか書かれていません。 この曲のB面はなかなかのミディアムなのですが、歌っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フィラデルフィアより愛をこめて / スピナーズ

音だけを楽しんでいては気づかなかったかもしれません。 この曲のリードってBobby Smithだったんですね。 このアルバム自体がPhilippe Wynnメインのものだと思い込んでいたのですが、彼は最後に割り込んでくる程度。 思い込みとは恐ろしいものです。 I'll Be AroundもBobbyですね。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

カリフォルニア・イブニング / コン・ファンク・シャン

ますます滑舌が悪いでシュ。今日別の歯医者(同級生)に相談に行ひます 意外に試聴ファイルが見つかりませんが日本ではFMでよくかかっていたような??? 音は完全にAORなのでソウルファンは敬遠するかもしれませんが、ワタシは懐かしさが先にこみ上げます。ただ、今聴くとこの頃のコン・ファンク・シャンの音はファンクバンドとし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイトなあの娘 / コン・ファンク・シャン

仮歯の調子が悪く、発音に苦労してます。このグループの名前も「おン・フぇンクしゅ」ぐらいにしか言えません。 You Tubeはこちら ホーンが前面に並ぶと格好いいのだが、何故か優等生っぽい。 私がディスコに行き始めた頃はヒューマン・リーグのようなヨーロッパ系の音がかかる店か、今でいう80年代ファンクをメインにプレイす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今夜は離さない / コン・ファンク・シャン

デオダードの2というCDを最近タワーで購入しました。昔、父がよく聴いていて懐かしい気持ちになります。 デオダードといえばこんなグループのプロデュースも。 まるでIsley Jasper Isleyのようなミディアムチューン。 コン・ファンク・シャンはこういう曲があるんでつい聴いてしまうんだが、彼らのアップナンバーは…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今夜はスペシャル / ファイブ・スペシャル

ドラマティクスのリーダー、ロン・バンクスの弟が在籍しているグループ。顔が似ているのは真ん中の人かな。 ジャケ上部、「ヴィレッジ・ピープル次の主ディスコの主役はこのファイヴ・スペシャルだ!」なるコピーが楽しい! ライナーを担当されているのはAOR畑で有名なCoppeさんだが、当時は情報がなかったようでこのグループについてのコメ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スプリット・デシジョン / クイック

こんなの日本盤があったんだ。 と思ってしまったのがこのKwick メンフィスのグループなのだが、どういう人たちかすっかり忘れてしまった。プロデユースがアラン・ジョーンズなのでバーケイズの弟分というポジションで出てきたのかもしれない。 U.S.BDGの目次のProducerの欄でAllen Jonesを引いてみると、チョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロート・オン / フローターズ

情けないことが判明した。 今日は懺悔を行う。 珍しくもなんともない有名曲だが何故これを取り上げる気になったかというと、この曲、CDで持っていなかったことが判明したから。 近くのバーで出会う人に「70年代ソウルのCD作ってくださいよ。マーヴィン・ゲイとか」なんて言われたんで、久々に王道ソウルのCDを家捜し。 ビッグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビーイング・ウィズ・ユー / スモーキー・ロビンソン

昨日は久々に足で歩いて中古ショップを回っていたら、なかなかの大当たり。 Robert Winters & Fallのセカンド 1580円 →長らく探していたが納得した価格にようやく出会えた。 Ron CartierのCD 1100円 →持っているけどこの値段でさらされているのなら。友人にプレゼントでもいいかな。 A…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダンシング・ベイビー / ザ・プレジデンツ

masatoさんがヴァン・マッコイのレアアルバムを取り上げておられたので便乗 ヴァンマッコイの作り出す音にファルセットが絡むと優しい気持ちになる。 クリス・バトレーのThe Sweetest Thing This Side of Heaven スペルバインダーズのFor You チョイス・フォーのAngel Do…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

君と二人で / モーメンツ

ライブに行けずに実は相当悔しかったシリーズ第二弾 ライナーはニック岡井さん。 曲についてはあまり触れられていないのだが 面白いのは 「ニューヨークのディスコ会議に参加した折、現地のディスコティックではスロー・ナンバーは全くプレイされていなかった」という文章。 お姉ちゃん目…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Cling To Me / Chris Jasper

今日はファンクグループのグッドなスローナンバー第7.5弾。 素直に前には進めない。 何故なら前回大ネタ取り上げたら「すし屋でイキナリ大トロ」状態になってしまい、テンションが下がってしまったからだ。 そもそも王道を少し逸れた辺りの音を紹介するつもりだったのに、改めて聴き直していたらついアイズレーに手が出てしまった。 「××…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Don't Let Me Be Lonely Tonight /The Isley Brothers

連動企画「ファンクグループのグッドなスローナンバー」第7弾 この企画をadhistaさんがwikiのページでまとめてくださった。サスガ! (こちらからコメント欄にでも書き込むようにしましょうか?) 大物アーティストは皆さん遠慮してらっしゃるようなので、早い者勝ちで 初めて聴いたのは高校生のときだが、これが…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

If You're Serious / Roger

連動企画「ファンクグループのグッドなスローナンバー」第6弾 Masatoさんのおかげで他のブロガーの方との交流も増え、感謝しております。 今回はひねりも無く、単に好きな曲を紹介。 ロジャーのサードアルバム「アンリミテッド」からのシングルカット。 このアルバムからはスローナンバー「I Wanna B…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Lessons Learned / Funky Poets

ファンクバンドのスローもの企画第二弾をアップしようと思ったがちょっとズレてしまった。 見た目はラップだが、コーラスグループなのかな? 93年発売当時はBMRを読み、 I Only Have Eyes For You のアカペラカバー聴きたさに購入。 ただし気に入ったのはこちらだった。 当時はアース風のサウンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エブリボディ・プレイズ・ザ・フール / メイン・イングレディエント

心が疲れたときに聴くと救われる。 「誰でもバカなことをやらかすものさ」と言ってもらいたいときもある。 自分がこういう言葉を他人にかけてやれれば素晴らしいのだが、あいにくそこまで人間が出来ていない。 今、件の高級料亭のヒトにこういうことを言えば相当な嫌味になると思うのだがどうだろう。 リーダーのドナルド・マクファー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レイ、グッドマン&ブラウン / マイ・プレイヤー(2回目だった)

友人からは「オモロイことを書け。音楽ネタだけじゃつまらん」などと非難されているが、このブログ音楽メインなんでソウルを魔慈滅に書いている。そこんとこ夜露死苦。 今日は麗愚怒萬暗怒武羅雲について、あれ、族言葉変換スクリプトが勝手に反応?魔威黒訴腐斗にエラー送信すべきか・・ なぜか腐羅汰悪図の曲をカバーする彼らは 破離威麗 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人の世界 / ザ・デルス

大物アーティストが続々来日。 ふと、以前見たデルズを思い出した。 このときの記事はこちら 誰にでも全盛期というものがある。「懐かしのあの人」的な招聘のライブは、はっきり行って期待しない方がいい。それでもビッグネームに惹かれて「見たい」と思ってしまうオノレの気持ちは自己満足か?帰巣本能か?あるいは自慰行為か? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARTWORK

以前紹介したARTWORKについてmasatoさんがブログで取り上げられていたので速攻便乗。 私が便乗したいのはGlenn Jonesとの繋がりについて。 「風が吹けば桶屋が儲かる」的な話だが、お付き合いください。 2006年にGlenn JonesがShnachieというスムース・ジャズのレーベルからカバーアルバムを発売…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Love Story / The Whispers

今日、Janus時代のウィスパーズのアルバムの3イン2CDを格安で見つけ購入。 この中の1枚、「Love Story」というアルバム↓ はアナログでも所有しておらず、今回初めてクレジットを見たところ仰天! なんと私の大好きなMichael GatelyとRobert Johnのチームによる曲が3曲も収められているで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Love Is The Answer / Paradise

やっと発売されたこのCD。20数年間探し続けたアルバムだ。 梅田のピザハウスLapineには数多くのソウルのアルバムがあり、私もそこで高等な品格ある教育を受けてきた(ハズ)。 単にディープとかスィートとかにこだわらない姿勢は、ことによっては邪道なのかもしれないが、「感覚で心地よく聴く」というあたりまえのことを教わった…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more