いやな奴 / バディ・マイルス

癖のあるタイトル 最近シングルジャケをスキャンしまくってるので試しに1枚アップ。 こういう日本語タイトルは好きなんだけど、実際にはなかなか使い勝手が悪くて、とある企画でもボツった1枚。 誰かへの当て付けでこのジャケを選んだわけでもなく、久々の記事ではあるが特にここで書きたいことはない。 では バディマイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザ・ロック / トラメイン

サボり癖がついて ブログを書く書かない云々ではなく、レコードを探しに行くことさえも面倒になっていた。そのうえこの暑さなものだから、そりゃ2か月間放置してもなんとも気にならない。 おまけにビッグローブはプメンテナンスが多く、ブログを書く気になっても書かせてもらえないので今度の引っ越すを機に止めてしまおうかと考えている。止め…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ノー・シュガー・トゥナイト / ザ・シレルズ

タイトルの意味はわからないが、暗い歌詞で、どうも普通の砂糖の意味ではなさそう。 今日ご紹介するシレルズは59年にはCarol King作”Will You Still Love Me Tomorrow”のヒットナンバーを持つ大御所で、これはそんな彼女たちの71年の作。 You Tubeはこちらを拝借 ゲス・フー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キープ・ザ・フレイム / クレイグ・ランク

カラッとした空 かと思われるのだが、今住むマンションは外壁工事中のため外の様子はおぼろげにしか分からない。おそらくこのジャケのような澄んだ空なんだろう。もう五月だもんな。どんな雲が出てるんだろうか。 と、家に籠りながら想像中。 ベランダの荷物やら外した網戸やらが家の中にあるため、家の中のレコも取り出せず、今回もやは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神に誓って / フランキー・ヴァリ

飽きたわけではなく 気乗りがしなくて更新途絶えてました。 というのも本が増え、これも積み重ねているので、シングル盤の箱を取り出すのが面倒くさかったから。 来年引っ越しが決まっているので今更整理する気にもなれません。 一番上にある箱を見たらAORの箱だったんで今日はそこから取り上げます。 しばらくは更新してもAORの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターニング・ポイント / タイロン・デイヴィス

先週末は某講演会を見に行った。その後軽く酒を飲み終え、駅の改札を入り構内のトイレに行こうとしたら、「エクスキューズミー・サー」と声をかけられた。 声をかけてきたのは切羽詰まった表情のアジア系の女性とその家族。どうやら長距離バスの乗り場を探しているようだが私にもわからない。改札まで連れて行き駅員さんに尋ねると、そこから10分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かなわぬ想い / ティミー・トーマス

乾いた音。 You Tubeはこちらを拝借。 残念ながらTimmy Thomasのライブ画像って見たことがない。 3月中にやっておきたいことが山ほどあるが、目標設定が下手なもんでどれも中途半端。仕事はさておき、取り敢えず今聴きたくてまだこのブログで取り上げていないものを探したらこれになった。このダウナーな音はいつど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲームズ・ピープル・プレイ / スピナーズ

Bobby Smith, R.I.P. You Tubeはこちら また一人旅立ってしまった。悲しいことです。 You Tubeを見るまではG.C CameronやPhilipe Wynnに埋もれ、この人がリードをとる曲が数多くある事を知りませんでした。 若いころは寺島進氏似のルックスでしたね、Bobby …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アケリアス / ロナルド・ダイソンと仲間

「アクエリアス」ではなく「アケリアス」という表記に惹かれ買ってみたらあの人だった。 それは最近3枚ほどCD化されたドナルド・ダイソン。聴かず嫌いであったが今耳にするとなかなかの出来栄えだ。 音は悪いけどYou Tubeはこちら フィフス・ディメンションのバージョンが有名なこの曲、元はロングラン・ミュージカルであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果てしなき愛のテーマ / イントゥルーダーズ

ネタなし、ヒマなし。 息も絶え絶えでいつまで続くのかわからんブログだが、取り敢えずシングルのジャケだけでもご紹介。 You Tubeはこちらを拝借 昔は単なるマザコン・ソングかと思い込んでいたが、そうではなかった。かつての悪ガキ仲間が分別ついた頃に集まり、昔話に花を咲かせながら母親に感謝するという仕立てで、今聴…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワナ・メイク・ラヴ / サン

オハイオのファンクバンド A面の動画は見当たらなかった。コレといった特徴のあるファンクナンバーではないがRogerのトークボックスが聴こえてくる点で惹かれる。 B面はアイズレー風のアコースティック・ギターによるブラック・フォーク そんなにメジャーなグループではないのに日本盤シングルは意外に多く、少なくとも7枚は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙のファンタジー / アース・ウインド&ファイアー

今さらウケ狙いでもないが これを聴いて懐かしいと思うものの、ソウル/ディスコというよりは学園スポ根ドラマの挿入歌ぐらいのイメージで聴いている。けなしているわけではない。演奏もファルセットも素晴らしい。でもどこかでこれを聴いて自然に体が(脂肪が)揺れそうにはならない。 You Tubeはこちらを拝借 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナッシング・フロム・ナッシング / ビリー・プレストン

おっしゃるとおりでございます。 You Tubeはこちらを拝借 特に書くネタも無いんだけど、いいライブだと思いアップした。独りでなくグループで何かをやるって楽しいもんだ。 ビリー・プレストンのディスコグラフィー ナッシング・フロム・ナッシング(Nothing From Nothing) / 私の心に誓って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイティ・ラヴ / スピナーズ

最近の若い営業マンは… とこんな書き出しをすればこれから愚痴が始まりそうだが、今日はその逆。 実は昨日マンションのモデルルームを見学に行った。駅から徒歩5分以内にしか住んだことがなく、車もほとんど運転したことがない私にとっては絶好の条件でしかも地元。後は価格が妥当と思えるかどうかと住宅ローンが下りるかどうかが問題。じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛はすべてをこえて / チョーズン・フュー

明けましておめでとうございます。 今年の4月から環境が変わる事になり、ブログの更新も昨年以上におろそかになりそうだ。新年一発目でもあることだし今回はお気に入りのシングルで。 その昔大阪のエースレコードで聴かせてもらい感動するもなかなかお目にかかれなかった。年末に見たガキの使いの遠藤の如く「ホチイ」と言い続けて20年。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ザ・メン / アイザック・ヘイズ

なんとまぁ You Tubeはこちらを拝借 ヒワイなジャケだこと。まずはIsaac Hayesの出で立ち。胡散臭い宗教家にしか見えない。手にするのはアカデミー賞のトロフィーなのだが、霊験あらたかな置物を売りつけようとしている。騙されてはいけない。 さらにどなたかも書いておられたがタイトルも怪しい。「・」と「ー」で大違い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

チェイン・ギャング / サム・クック

今週は飲みすぎで胃もたれ中。 たまにや運動しようと登山を企んでいたが雨天中止。パソコン前で籠っても仕方ないのでどこかへ出かけようかと思案していたら、気になる言葉にあたったのでネットでお調べ。しかしも一つピンとこない。 You Tubeはこちらを拝借 曲調から受けるイメージとは異なり、アメリカ南部の黒人監獄囚が一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラブ・トレイン / オージェイズ

既にSNSで紹介済みだが A面はアルバートハモンドの『カリフォルニアへ愛をこめて』で放送局向けのカスタム盤。レーベルも白地。 ソウルの王者、大勢’s 何も言うまい。 ちなみに通常盤のライナーにも「3人でもオーゼイズ」と書かれています。 オーゼイズのディスコグラフィー カリフォルニアへ愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴ・オーヴァーボード / グラディス・ナイト&ザ・ピップス

グラディス漬け になった方の記事をFacebookで読んだので、撮り溜めしたジャケ写からこれを選ぶ。 You Tubeはこちらを拝借 音を聴けば「ああ、この頃こんな音が流行ったな」という懐かしさがこみ上げるCalloway兄弟の作品。こういうノリの曲にも余裕で対応するグラディスの懐の深さはサスガとしか言いようが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サザンクロスのディスコ常磐炭坑節 / 森雄二とサザンクロス

何がやりたいのか自分でもわからなくなり、 混乱してやむを得ず出した判断が外れるという事は避けたい。 その意味では野田よしひきさん(たとえばこのリンク先の本文最終行)の今回の判断は、前の総理大臣様とは一味違うと思っている。 ご当地有名曲をディスコ調でリメイク。このような和やかな時がいつ戻るのか。 福島県の復興に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more