ネバー・ギブ・ユー・アップ / ジェリー・バトラー

久々にしれーっと。

画像


前回書いたのがおおよそ2年前。
それからというもの、仕事は独立するわ、子供は生まれるわで、なかなかこの歳になっても変化にとんだ生活を送っている。

今日も仕事だが、妻が風呂に入っている間にお守をしながらブログを書いてみる。

泣きじゃくる赤子に効果的な音楽は何かといろいろ探っているが、やはりデジタル系ではなく古めの生音が良さそうだ。ポリーニのピアノを聴かせたり、ビルエヴァンスを聴かせてみたり、ウィリーネルソンを聴かせたり、西城秀樹を聴かせてみたりと試行錯誤しているが、今の一番のお気に入りは何故かO.V.WrightのMemphis Unlimitedの一曲目、”I've been searching”とコレ。

バージョンは複数あるみたいで、

この日本盤はこちらと同じ。これがよく聴いているやつ。
https://youtu.be/Ykup4vetvmw

you tubeを聴いてると、イントロでチープなホルンの音が入ったややエコーの足りないバージョンもアップされている。何かのCDにボーナスで入っていたのかな。
https://youtu.be/3Kth3l_tSfk

そもそもこの曲を知ったのはGo-GoオヤジChuck Brown のカバーではあった。
https://youtu.be/VopzYxgwCO8

タイトなファンクで高まる退廃的な緊張をすっぽり包み込むこのおおらかさ。もう一度ライブ観たかった…

50歳にして子を授かり、何事もあきらめたらアカンということを身をもって知ったが、娘の成人式まで生きていられるのかどうかはわからない。


ジェリー・バトラーのディスコグラフィー

ネバー・ギブ・ユー・アップ(Never Give You Up) / ビサイド・ユー(Beside You)
?年 日本ビクター㈱ SM-1053

この記事へのコメント

ad'
2017年05月14日 11:29
お久しぶりです。

>50歳にして子を授かり、何事もあきらめたらアカンということを身をもって知ったが、娘の成人式まで生きていられるのかどうかはわからない。

おめでとうございます。
とりあえず、大きい生命保険入っといてください。
私みたいに病気で入れないこともありますから、、、

>今の一番のお気に入りは何故かO.V.WrightのMemphis Unlimitedの一曲目、”I've been searching”とコレ。

うちはそんな無茶はしなかったけど
なぜか高校の頃にはThe Supremesの曲について熱く語っておりました。(笑)
よしひき
2017年05月14日 11:41
ad'さん、ご無沙汰です。
保険は入っておかないと。

O.V.はものすごく不思議なんですが、ホントに泣き止みます。Nickle and a Nailではダメ。多分抱いてるオヤジが躍るテンポによるのかも。実は私、O.V.のLPは、Memphis以外はあまり気に入らずに売ってしまったという過去もありますので、遺伝の可能性あり。
Supremes語ってくれるようになるかな~

この記事へのトラックバック