キープ・ザ・フレイム / クレイグ・ランク

カラッとした空
画像


かと思われるのだが、今住むマンションは外壁工事中のため外の様子はおぼろげにしか分からない。おそらくこのジャケのような澄んだ空なんだろう。もう五月だもんな。どんな雲が出てるんだろうか。

と、家に籠りながら想像中。

ベランダの荷物やら外した網戸やらが家の中にあるため、家の中のレコも取り出せず、今回もやはり掴み易い所にあったAOR日本盤シングルをアップ。

You Tubeはこちらを拝借。

クレイグ・ランクはカナダ出身のシンガーソングライター。日本盤の発売は本人の知らぬところで行われていたらしい。そんな経緯は2011年の再発CDのライナーに詳細に記されている。
柔らかいシンセブラスの音が耳に優しく、シンプルな曲に時々入るテンションコードや転調がシャレてる。

キープ・ザ・フレイム(Keep The Flame) / トゥルー・ラヴ(True Love)
83年 テイチクレコード㈱ YE-24-V

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ad'
2013年05月12日 11:21
マッタリしたい時には合う音なんだけど
聞いた後何も残らないのよね。
個人的にうわべだけの奇麗事みたいに思っちゃうので
どうにも良かったと思えないところがなんとも。

その点ソウルは不倫ものを始めコッテリしたものも多く
曲は奇麗なのに何この歌詞?
みたいなところに惹かれます。

AORでもひとひねり欲しいところです。>変態?
2013年05月12日 12:51
ad'さん

AORがこってりすると何故かプログレになってしまうんです。Gino Vannelliとか。そういった音のの楽しみ方もあると思います。歌詞はどうなんでしょうね。あんまり気にしたことがなかった。私は基本的にブルーアイドソウル風のAORに魅かれてます。http://youtu.be/hO26sQ5UkiUとか。

この記事へのトラックバック