愛するあした / 伊東ゆかり

黒7和2白1

画像


囲碁の話が始まるかの如き漢字と数字の羅列だが、これはざっと眺めた我が家のシングル盤の割合。
ディスコを含んだソウル系が7割、歌謡曲が2割で、残り1割がAOR等の白人。
ただし最近ソウルを聞くのはほぼCDかiPod。家でシングル盤をかけるのは圧倒的に和モノが多いので、ふと頭に流れる音は所有枚数と比例はしていない。

ではどういうシングル盤をかけて、どういう音が脳に流れているのかというと、ここ数ヶ月はコレ。



日活映画の主題歌。安井かずみ作詞/東海林修作曲。

東海林修氏のこの音は絶品です!

今日はこれだけ。



愛して愛して / 愛するあした
69年 キングレコード㈱ BS-1015 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Jimi
2010年08月15日 17:50
ほんと、イイ曲ですよね。よしひきさん
に教えていただくまでこの曲知りません
でした。
B面に名曲ありですね。

>安井かずみ作詞

どうも作曲者に目がいってしまいますが
この人イイ詞書いてますね。最近やっと
気がつきました。
2010年08月16日 06:50
Jimiさん、ありがとうございます。

>この曲知りませんでした。

私も知りませんでした。昔のバイト先で教えていただいたものです。

安井かずみさんって、かなり奔放な方だったようで格好いい女性ですね。
kazzz
2010年08月16日 18:14
この時代の作品は来るべき70年代への希望を感じる歌詞が多い気がします。
一昨日もいしだあゆみのシングルを入手しました。
ムードコーラスグループのスリーブについつい手が伸びてしまいますが10枚で210円。
ハードオフ最高(笑)
2010年08月16日 21:21
kazzzさん、ありがとうございます。

>来るべき70年代への希望

そういう表現が適切なのかと思います。実体験としての記憶は殆どないのですが時は高度経済成長期、大阪万博を迎える等々明るい時代なのかと思います。

>ハードオフ最高(笑)

1枚21円は安い。私も二ヶ月前、京都の5枚100円のところで20枚ほど買いました。普段180円なら買わない岩崎宏美とか西城秀樹とかドナサマーとか。

ムード系はなかったのですがあの辺りの怪しいジャケはとっても興味があります!!

Jimi
2010年08月16日 23:21
>ハードオフ最高(笑)

全く同感ですね!
¥21だったら心置きなく買えるので、
交換用カンパニースリーブとしても役立
ちます。
でもウチの近く、¥42や¥63の価格設定
の店があるんです。それでも安いけどね。
mambo
2010年08月16日 23:22
うーむ
DISCO KIDへのイントロな訳ね!
やるなおぬし
2010年08月17日 06:16
Jimiさん、どーもです。

ハードオフが近所にないんです。シングルが転がっている様を一度見てみたい。

>交換用カンパニースリーブ

思いつきませんでした。その手があったか。ジャンク品買うと中身違いもありますが、スリーブ違いの方がもっと多いですもんね。
2010年08月17日 06:22
mamboさん、ありがとうございます。

>DISCO KIDへのイントロな訳ね!

全くその気はなかったんですが、そうしようかな?

しかしブラ・バンのディスコ・キッドって知りませんでした。このシングル探さないとネタにならんなぁ…

この記事へのトラックバック