気まぐれベイビー / レオン・ヘイウッド

ブリッ子

画像


という言葉が流行ったのは今から30年ほど前の事だろうか。代表選手は松田聖子。「ウソ泣き女」とか言われていたけれど、ドリフの番組ではそれを逆手にいじられキャラでネタを演じていた。この調整能力はたいしたもんだと思う。見習って私も今ある環境で出来ることを存分にやりたい。

ところで私がブリッ子しても何のネタにもならないが、イカツイ黒人がすると妙なボケ感がある。
何なんだろう、このポーズ。踊りの最中なんだろうか、それともカメラマンの要請なんだろうか?

はっきり言って似合っていない!笑いもぎこちない。

松田聖子のスタンスで笑いを提供するつもりだったんだろうか。ならばレオン、私はあなたのそのエンターテイメントを評価する。もともと曲の淫靡さには惚れていたんだけど改めて尊敬し直す。

You Tubeはこちら


さて、曲についてなんら感想を書かない(書けない)このブログ、思うのはたった一言。
このドエロ曲のストリングス、ジーン・ペイジだったんですね。

レオン・ヘイウッドのディスコグラフィー



気まぐれベイビー(I Want' a Do Something Freaky To You) / 愛とはこんなもの(I Know What Love Is)
75年 キングレコード㈱ HIT-2231 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この前はどうもありがとうございました
2010年08月12日 15:40
ぶりっ子の意味勘違いしてますよ。
○○ぶる(=ふりをする)ってことなので
自身のキャラを客観視した上であるキャラを
演じることです。単に表層の状態ではなく
自己言及性が必要条件です。

松田聖子がそう呼ばれたのは、それ以前の
アイドルが事務所のお人形だったのに比して
自身の意思でやっていたから。
(当時の資料を見ると非常に興味深いですが、略)
2010年08月12日 16:00
>ぶりっ子の意味勘違いしてますよ

単に「わざと可愛く振る舞う」という意味だと思ってました。なるほど松田聖子は自分を客観視していたのですか。納得します。

ところで、この前はどうもありがとうございましたさん、どなたですか?ヒント下さい。先週木曜日に深酒したIさん?月曜日に記憶を一緒になくしたHさん?昨日痛飲したKさん???
kazzz
2010年08月12日 17:39
イントロオケはまるでバリー・ホワイト。
当時レーベルメイトだったって事も関係有るのかな?
まあ、これはジーン・ペイジの仕業でしょうね。
でもDeepな素性は隠せません。
2010年08月12日 23:03
kazzzさん、ありがとうございます。

>Deepな素性は隠せません。

そういう要素を感じます。曲としてはRated Extraのようなミディアムが好みです。

この記事へのトラックバック