バツカチャ / スモーキー・ロビンソン

単に好きな曲。

画像


You Tubeはこちら

こういう、ちょいラテンなミディアムは耳残りがいいのですが、歌詞の意味はよくわからない。「お前にお返ししてやる」というニュアンスなのか?

ところでブログで取り上げるのがつらいのですが、アリ・オリさん、リトル・ベニーさん、ご冥福を祈ります。

スモーキーさんにはもっと長く活躍して欲しいと、切に願います。

スモーキー・ロビンソンのディスコグラフィー

バッカチャ(Baby Tha'ts Backatcha) / ひとときの愛情(Just Passing Through)
ビクター音楽産業㈱ JET-2306

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Masato
2010年06月02日 12:07
ソウルファンのあいだではこの70年代のソロ作品が好評価で、それに異論はないんですが、80年代の作品を酷評する声には反論したくなる。あれだけ中古盤屋の100円定番アイテムになってるということは、それだけ大勢のリスナーに受け入れられたという証拠だと思う。
SHAFT'71
2010年06月02日 18:13
お知らせありがとうございます。
リル・ベニー・ハーレーが亡くなられたことをつい先程知りました。
好きなアーティスト達の相次ぐ訃報に心が折れそうです…
2010年06月02日 19:44
Masatoさん、ありがとうございます。

>80年代の作品を酷評する声には反論

私はその頃から入りました。今でもBeing With YouやJust To See Herが大好き。
酷評そのものは気にしてませんでした。

ミラクルズ時代と比べてアップナンバーが少ないから?
ファンは多いはず。サンソンでも№1アーティストだったらしいですね。
2010年06月02日 19:46
SHAFT'71さん、ありがとうございます。

>好きなアーティスト達の相次ぐ訃報に心が折れそう

全くそうなんです。
こういう悲しい話はあまりブログで取り上げたくない。でも何も触れずにはいられない。そんな訳でチョコッと書いてしまいました。

来週Sugarfootのライブで会えるかもね。

この記事へのトラックバック