愛は果てしなく / キャロル・ベイヤー・セイガー

たまのAOR

画像


You Tubeはこちら

ライタークレジットには、キャロル・ベイヤー・セイガー、バート・バカラック、ブルース・ロバーツ。モーメンツの後期アルバムを思い浮かべますね。他にもえげつなく豪華なメンツです。

作詞家であるCarolの3rdアルバムからのシングルカット。2冊のガイド本を見ると「当時交際していたバート・バカラック全面支援のAOR名盤」と書いてある。その通りであり、「なんとなくやわらかいアルバム」という印象。それ以上に私も書きようがありません。

ソウルファンとしてレーベルがBoardwalkというあたりが気になるかと思いますが(確か)Richard Dimples Fieldsは絡んでません。代わりといってはあまりに大物ですがマイコー、プロデュースの曲が1曲あります。Off The Wallで彼女が曲を提供しているし親交が深かったんでしょうね

Chaka Kahnがアルバム「I Feel For You」でカバーしてますよね。別バージョンですがYou Tubeはこちら

なんかヒステリックで疲れるかな…
やっぱりオリジナルバージョンの方がいいな


愛は果てしなく(Stronger Than Before) / 愛にゆれる(Somebody's Been Lying)
81年 ㈱CBS・ソニー (Boardwalk)07SP 549



真夜中にくちづけ(K2HD/紙ジャケット仕様)
ビクターエンタテインメント
キャロル・ベイヤー・セイガー

ユーザレビュー:
ちょっと評価は分かれ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kazzz
2010年01月11日 10:49
何年か前に紙ジャケで復刻された「Sometimes Late at Night」はちゃんと予約して買いました。
決して歌が上手い人じゃ無いんですが雰囲気有りますね。以前紹介した「真夜中のドア」の元ネタも好きです。http://www.youtube.com/watch?v=Gwuy647G0fk
2010年01月11日 12:17
Michael Jacksonが「Off The Wall」で"It's The Falling In Love"をカヴァーしてるんですね。
彼女の2枚目に入ってました。
そして松原みきのネタにもなってたとは。
2010年01月11日 14:11
kazzzさん、ありがとうございます。

>紙ジャケで復刻された「Sometimes Late at Night」

私はこのアルバムのアナログしか持ってないんです。

>真夜中のドア

そういえばそんな話になりましたね。名曲です。松原みきさん、中学生の頃、音も声もルックスも大好きでした。

2010年01月11日 14:14
kofnさん、ありがとうございます。
>"It's The Falling In Love" 彼女の2枚目に入ってました

それを聴いたことがあるのに書き飛ばしました。やはりアルバム持ってないと印象が薄いのか…

松原みきネタ、納得ですよね!
Masato
2010年01月11日 17:17
元Mother's FinestのJoyce Kennedyもこの曲演奏してるんですが、もっとヒステリックですよ。

あ、そうそう今日買い出しに行ってたら谷なおみのLP(下のリンク先)が30000円で売られてました。紙ジャケで復刻されてるみたいですが。
http://jp.super-gallery.com/kw/_ysvkvrynsluuynslsuynslvz/pn-6.htm
2010年01月11日 20:23
Masatoさん、ありがとうございます。

>元Mother's FinestのJoyce Kennedy

その人のことを知りませんでした。考えたらMother's Finestって聴いたことないかも…

>谷なおみのLP

唐突ですねー(笑)
CD昔ヤフオクで買いました。内容はイマイチ。全部は聴かずにラックの肥やしです。

この記事へのトラックバック