ジャスト・アナザー・ロンリー・ナイト / オージェイズ

こんなPVあったんだ。You Tubeはこちら

画像


「裏切者のテーマ」あたりは有名曲なのでオンタイムでなくとも知っていましたが、この曲の頃になりようやくラジオで聴き覚えのある音となります。
当時はボサノバ調の曲にソウルっぽくない中庸を感じてましたが、実はオージェイズ、この手のミディアム得意なのかも。
「裏切者のテーマ」の記事で頂いたコメントにも記したのですが、LabelleのLady Marmaladeしかり、何故かラテン風味付けは意外にヒットするようです。南西部をターゲットに見据えた戦略なのかと根拠のない余計な推測もできます。しかし、ただ単に心地の良い音であり、踊りやすいテンポであるというのが本当の理由なのかも。
いずれにせよこの曲、「裏切者の…」の路線を踏んで作成されたように思えて仕方がありません。

彼らの72年ごろまでの経歴は「ラブ・トレイン」を取り上げた時に紹介したに書いてあり、ライナーもほぼ同じです。


オージェイズのディスコグラフィー

ジャスト・アナザー・ロンリー・ナイト(Just Another Lonely Night) / ジーズ・アームズ・オブ・マイン(What Good Are These Arms Of Mine)
85年 東芝EMI㈱ MPS-17588

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kazzz
2010年01月10日 10:49
今、音源が手元に無いのでライターが分からないのですが、この手のタイプの曲は大好きです。
SouthernSoulのWalkingテムポとはまた違う都会的なミディアム。当時の配給レーベルがManhattan。都市生活者ターゲットとして狙ったのかも知れませんね。
2010年01月10日 11:10
kazzzさん、ありがとうございます。

ライターはGamble & Huff。仰るようにまさに都会的なミディアムですねー。確かにManhattan配給ということですからそちらの線かも。

この記事へのトラックバック