メイビー・アイム・ア・フール / エディー・マネー

先日届いた郵便物。その中の一曲が素晴らしかった。

画像

You Tubeはこちら


中身はkazzzさん作成のAORコレクション。他にも懐かしのナンバーがあったのですが、この曲は知りませんでした、やられました、即死でした。

ジャケはいつも行くレコ屋で見かけてたのですが、まさかこんな曲とは…。このルックスではブルー・アイド・ソウル調の曲とは思えません。
独りよがりに音楽を聴いていたら出会えなかったかもしれません。ありがたいことです。

ライター・クレジットにあるLee Garettという名前に愛着度を高めてしまいます。
肝心の音はというと、イントロのストリングス「チャ・チャ・チャ!」がDon DowningのDoctor Boogie風。そして続くメロディは…いやいや、とにかく聴いてみて。
Paul McCartneyの「May Be I'm Amazed」を思い浮かべるところもあるのですが、アンサー・ソングなんですかね?


メイビー・アイム・ア・フール(Maybe I'm A Fool) / ライフ・フォー・ザ・テイキング(Life For The Taking)
78年 CBS/SONY INC 06SP 284

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Masato
2009年12月09日 08:56
あぁ、これは高校生のときによく聴いたよ~(リアルタイム世代)。この曲を知ったのは当時NHK-FMの日曜午後6時からやっていたヒットチャート番組でだったなぁ。
いまでもよく聴く好きな曲です。
kazzz
2009年12月09日 10:00
気に入って貰えたようで良かった良かった。
これにしようか、ロネッツのベロニカが参加した「Take Me Home Tonight」にしようか迷いました。LEE GARRETTのクレジット見逃してました。
他の曲はもう少しまっとうなNY Rockサウンド(笑)アルバム「Life for the Taking」収録。
70年代後半、こうしたMellowなDiscoアレンジのブルーアイド・ソウルって多かった気がします。
懐かしい10代後半の思い出です。
当時から好みの曲って変わってません。
2009年12月09日 21:46
Masatoさん、ありがとうございます。

FMでかかっていたというその雰囲気、よく分かります。
やはりいい曲には皆さん反応していたんですね!
2009年12月09日 21:50
kazzzさん、ありがとうございます。

CD嬉しかったです。カテゴリーを超えた選曲がまた惹かれます。
Dr. HookのSexy Eyesや、Little River Bandの追憶の日々のようなテンポの曲には弱いんです。頂いたCDツボでした。
堪能しました。また教えてください。
2009年12月15日 09:31
この曲や、Sexy Eyes, Reminiscingあたりは、
私のトップ40狂い時代のなつかしの曲です。

ちょっとテンポ遅いけれど、
Elvin Bishopの Fooled Around Fell In Love
「愛に狂って」って曲もいいですよ

「FOOL」と「狂い」つながりで(笑)
2009年12月15日 22:12
chanparaさん、ありがとうございます。

>Elvin Bishopの Fooled Around Fell In Love

狂わせていただきます。シングル探します!
kazzz
2009年12月16日 19:26
Elvin Bishopの Fooled Around Fell In Love
「愛に狂って」シングル持ってますよ。
地元放送局の放出ですが。

2009年12月17日 22:03
Kazzzさん、既にお持ちですか。
Googleで画像は確認しましたが、やはり現物欲しいです。

この記事へのトラックバック