ヒアズ・トゥ・ラヴ / 渡辺貞夫 ロバータ・フラック

渡辺貞夫さんのCDがリマスタリングされ、発売されてますね。この際いろまとめて買い直したいんですが資金がないんで、持っていなかったヴォーカル・コレクションだけ購入しました。

画像


ランデブーのYou Tube(Live)はこちら

この頃であれば、バックの面子に触れるべきなんですが、これは有名どころですので省略。

気持ちがいいのはRoberta Flackが歌うB面。Grover Washington Jr.の「クリスタルの恋人たち」でBill Withers, William Salterの力を借りて王道パターンの音を作ったRalph MacDonaldが、このB面でも力を発揮しており、Richard Teeのコロンコロンしたローズの音がたまらない。

ヒアズ・トゥ・ラブのYou Tubeはこちら



当時のブラバスのCMが懐かしい。草刈正雄さんとのコンビは結構長かったんですね。



ランデヴー(Rendevous) / ヒアズ・トゥ・ラヴ(Here's To Love)
84年 ワーナー・パイオニア㈱ P-1847

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Masato
2009年07月30日 10:52
あぁ、このへんのナベサダのお皿は100円セールでイヤっちゅうほど見ました。

昔、リアルタイムで買ってましたし。
2009年07月30日 12:52
Masatoさん、ありがとうございます。

>このへんのナベサダのお皿は100円セールでイヤっちゅうほど見ました

それ、シングルですかね?シングルで100円ならまだ欲しい物があります。アナログのアルバムなら私もお腹いっぱい、もういらないです。


この記事へのトラックバック