!祝! OHIO PLAYERS 紙ジャケ 3

マーキュリーでの3枚目はHoney。
ここまでをいわゆるマーキュリー3部作という。
確認できるだけで日本盤シングルも3枚発売されており、地道に認知度が増してきたと思われる。

そもそも彼らのアルバムジャケットはセクシーな女性モデルを使ったものが売りなのに、何故か初期の日本盤シングルはイカツイ男たちの怖いジャケットのものが多い。

スィート・スティッキー(Sweet Sticky Thing) /アローン
画像

いつの間にか、オハイオプレイヤーズで一番有名な曲といえばコレになったらしい(飲み屋で隣り合ったカップル情報)。

愛のローラーコースター(Love Rollercoaster) / イッツ・オール・オーバー
画像

レッチリのカバーで有名だ。ワタシ、ギターは全く弾けないが、この曲と山下達郎氏の「SPRKLE」のイントロだけは死ぬまでに挑戦してみたいと思う。

ホップ / レッツ・ラブ
画像


エゲツナイファンク。ようこんなんシングルにできたなぁ。

何故かこのアルバムは大ヒットしたしたにも関わらず、いわゆるマニュアル本ではあんまり取り上げられていなかった。
自分としてはこのアルバムが一番中身が濃いと思うのだが。
ファンク・エッセンスが足りないのだろうか・・

次回紹介する「いかすぜ!クー」のライナーにはこんなことが書いてある。

「ハチミツを全身に塗りたくったモデル嬢が皮膚呼吸が出来なくなって死んだとか死なないだとか、「スィート・スティッキー・シング」があまりにもセクシーすぎて恋の二日酔いに掛かったソウルシスターが続出したとか・・・・」

こんな表現大好きです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック