ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 天使の瞳 / ランディー・ブラウン

<<   作成日時 : 2012/07/01 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

残念ながら

画像


7月1日からレバ刺しが食えなくなったが、大騒ぎすることでもない。

食べ物も人間もクセの強いものが好きなんで、個人的にはレバーステーキが食べられるならば十分だ。

ふらりと厚生労働省のQ&Aを見てみれば、これまでの基準で生食用だったものについて、自宅用販売は規制されているが卸売りはOK(多分)。
ならば、店側がこれまで生食用であったレバーを加熱用であると説明し、七輪などの加熱用設備とともに「絶対生で食べないでくださいね、絶対に」などとニタニタ笑いながら提供したものを客が勝手に食べてしまうケースは仕方ない(規制の仕様がない)。

いや、別に、そんな食べ方をさせてくれとリクエストしているわけじゃないのであしからず。絶対に(ニタリ)。



さて今日は、Randy Brownの甘いジャケ、甘いタイトル、甘い歌詞。
曲調は一瞬スティービーっぽく聴こえるが後半の地声のがなり方は流石。

You Tubeはこちらを拝借

ジャケに写るラブレターはこう書かれている。

The moment I laid eyes on you,
You said so much without a single word,
So much more than words could ever say…
The very sight of you…
Took my breath away.
"You ,says it all"…
Love


関西弁でいうと「ケツがこそばい」文章。吾輩の辞書にないので酔ってグダグダになっても吐いたことのないセリフのはずだ。

ところで私の場合、歌詞をメインにソウルミュージックを聴くことはまずない。
好みである70年代甘茶ソウルの歌詞ってほとんどこんなもんかと思っている。


「君は僕の太陽だ」
「ハニー、君がすべてだ」
「そばにいておくれ」
「君を愛することが間違いなのか?」
「なぜ君は僕だけのものじゃないんだろう」
「悪かったのは僕だ。もう一度やり直せないのか?」
「なぜ君は離れて行ったのだ?」
「戻ってきておくれ」


なんでも感覚だけで片付ける悪いクセがあるのでかなり極論だが、イメージは間違っていないはず。他人にこの辺りの音楽を説明するときも同じ話をしている。

ところがブルースになると話は別だ。

このジャンルはその音からしても個性や主張が強く、漫然と聞き流す事が出来ない。同じようなコード進行の曲ばかりなのにあれだけビッグアーティストが存在するのは人間の個性がにじみ出ているからなのだろう。曲と歌詞と人生を併せて一つのパワーに集中したものがブルースなんだと思う。

ブルースのレコードなんて今やライトニン・ホプキンスとオーティス・スパンぐらいしか手元に残していない。

ただ、Blues & Soul誌に連載されている興味深いコーナー(「歌詞から見るブルースの世界」)にくすぐられ、また聴いてみようかという気になっている。

なんとなくブログを書いていたら、JR塚本の某所でレバーステーキが食べたくなってきた。あの店でブルースが聴けたらクドさあいまって最高なはず。

10年以上通っているが店主とは殆ど会話したことがない。いきなりライトニンのCD持って行って「これかけてください」なんて言えないしな…

ランディ・ブラウンのディスコグラフィー

天使の瞳(You Says It All) / クレイジー・バウト・ユー・ベイビー(Crazy 'Bout You Baby)
79年 キングレコード梶@CM-224 (Parachute)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
某所で「フォークソングは草食系」と云う話を見たけど。
洋楽の場合、肉食系の歌でも歌詞が分からないので平気で聞けます。
まぁそんな辺りで生活のバランスを取っているのかも。
(ストレートに歌詞が分かる邦楽は苦手です)

レゲエ好きな会社の後輩にはドップリ浸かると生活破綻するぞと脅してますけど、関西人はブルース的な世界に親和性があるかもね。
ad'
2012/07/01 09:56
ad'さん。
なんとなくわかりますが。
>まぁそんな辺りで生活のバランスを取っているのかも。
フォークの人は草食のようで実は肉食獣って人が多い、という意味ですか?それなら納得。

ソウル系は強面だが実物はそうじゃないという幻想を先日B・Kーん氏が壊してしまいましたから、日本のソウル界も反省して草食系に向かうのかもしれません。

>ストレートに歌詞が分かる邦楽は苦手

ストレートに笑える邦楽は大好きです。ナベヨコソウルとか。

ブルース、基本苦手なのは変わりません。
ただ歌詞の意味を知ると興味が増したというほどの意味です。
よしひき
2012/07/01 10:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

天使の瞳 / ランディー・ブラウン ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる