ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛なき世界で / オーティス・クレイ

<<   作成日時 : 2012/02/18 09:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「寒い時にはスィートソウル」を定番にしていましたが、

画像


最近はスィートソウルどころか黒人音楽そのものをほとんど聴いていません。

昨日は大阪の師匠の店で妻と夕飯。そこで流れていたのがデルフォニクスやスミス・コネクション。「あぁ、ワシはこいう音が好きやったな。懐かしい。」と思い出すのですが、実際に買っているシングルは歌謡曲だし、CDもジャズかAORが殆ど。そもそも音楽を聴いている時間が激減しています。

これじゃいかん、まともにソウルミュージックを聴こう、昨日は久々にスィートソウルを耳にしたので、今日はサザンソウルだ。

と思い立ち、今日とりあげるはOtis Clay

バージョンは異なるが、You Tubeはこちらを拝借



日本制作の逸品、78年の虎の門でのライブ盤からのシングルカット。とはいえアルバムでは10分程の長尺なんで、当然シングルでは短く(3:57)編集されています。

こういうジャンルを好んで聴いていた訳ではありません。サザンとかディープとかはどちらかと言えば苦手な方だったのですが、通るべき道を指南してくれる人が周りにいたおかげでこのライブだけは聴きこんでました。

特にLet Me In で見せる熱唱の素晴らしいことよ。「兄貴、ついていきまっせ」とつい仁義をかましたくなるような男の臭いがプンプンしてます。

もっとも、そこまで好きだと言い放ちながらこの曲がカバーだったとは全く知らなかったのですが…



このシングルのジャケ、当初は無地の部分が多くて手抜きかなと思ったのですが、よくみればその無地がかえってOtis Clayの顔を際立たせていますね。顔がどアップのジャケでは流石に売れなさそう、いや、そもそもこのシングル売れる見込みがあったんでしょうか?

アルバムは以前CD化されていたようですが、私は買い逃してます。
ぼちぼち紙ジャケで再発して欲しいですね。

オーティス・クレイのディスコグラフィー

愛なき世界で(Trying To Live My Life Without You) / スロウ・アンド・イージー(Slow And Easy)
?年 ビクター音楽産業梶@VIP-2645

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>実際に買っているシングルは歌謡曲だし、CDもジャズかAORが殆ど。

ネタに走り過ぎてるのかな?
まぁ、最近は巷でながれてる曲がレベルダウンしてますから。
一応最近?のお勧めを書いときます。
アルバム単位で
A True Steppers Artist/Cardell
Faithful Man/Lee Fields & The Expressions
曲単位で
Feel So Good/Simone De
古いのだったら
Theodis Ealeyの「Pop That Middle」「Please, Let Me In」
なんかがヘビーローテーションしてます。
ad'
2012/02/19 09:14
ad'さん

別にどこかでお披露目するわけでもないのでネタ探しはしてません。歌謡曲はほとんどジャケ買い。私が昨年HMVで買ったCDの一部はここの「ユーザー同時購入商品」でバレてます。http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=503378
どういう基準で抽出されたのかわかりませんけど。

お勧めは全部聴いてみようかと思います。Lee Fields は、究極のLPに紹介されていたものを約3千円で買ったら盤がボロボロで針飛びし、全く聴けず、いい印象がありません。
よしひき
2012/02/19 09:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

愛なき世界で / オーティス・クレイ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる