ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS トゥー・レイト・トゥー・ターン・バック・ナウ / コーネリアス・ブラザースとシスター・ローズ

<<   作成日時 : 2011/07/02 08:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

「冷やしあめ」って関西だけだったのか!

画像


このシングルのジャケの色で思い出し、なんとなく検索してビックリした。
この季節は特に身近な存在なのに…

さて、そんな冷やしあめ色のシングルはコーネリアス・ブラザースとシスター・ローズのヒット曲

以前この曲の入ったカップリング盤について記事を書いたことがあるんだが、その当時はこの日本初登場盤を持っていなかった。思い入れがあってどうしても欲しくなり、その後1,200円で入手。私が店頭買いした値段としてはかなり高め。


高校時代にダビングさせてもらった茶屋町のソウル師匠のカセットテープに入っていたんで、この曲なら今でもソラで歌える(歌詞は適当)。

他にそのテープに入っていたのが、
Just Like In The Movies / Ace Spectrum
The Whole Town's Laghing At Me / Teddy Pendergrass
Love's In Need Of Love Today / Stevie Wonder
Statue Of A Fool / David Ruffin
What's Your Sign Girl / Mr. Danny Pearson

てな具合。
妙なコレクター根性のないセレクトにセンスが感じられる。
このカセットテープ、残念ながらもう手元にない。思い出せない曲もあって再作成は不可能だが、そんなことする必要もない。あえてデジタル化した音源やCDから寄せ集めたとしてもなんの有難味もないもんね。

そんな師匠もすでに還暦超えで、最近は孫といちゃついている。そんな様子を見ると師匠もワシも年取ったなぁと思ってしまう。

ところでタイトルの字体を見ると、なぜか松本零士の漫画「男おいどん」が思い浮かぶ。

「男おいどん」にはこんなセリフがあった。
「過ぎ去ったことを悔やんでもしょうがない。自由に使えるのは未来の時間だけだ」

この曲のタイトルもそんな意味を含んでいるのだろうか。


過去を振り返ると思考が停止する。
でも意識しなければ振り返ろうとする自分がいる。

最近未来の時間の使い方が下手になってきたことを自覚する。


コーネリアス・ブラザースとシスター・ローズのディスコグラフィー
トゥー・レイト・トゥー・ターン・バック・ナウ(Too Late To Turn Back Now) / リフト・ユア・ラヴ(Lift Your Love Higher)
72年 キングレコード梶@HIT-2036

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
冷やしあめ? 見たことも、飲んだ
こともないなぁ。関東では一般的で
はないようですね。
Jimi
2011/07/02 09:25
Jimiさん

>見たことも、飲んだこともないなぁ

では次回関西にお越しの際は是非。夏の飲み物です。
最近Wilkinsonで辛口ジンジャーエールのペットボトルが出てますが、あれを甘くして炭酸を抜いた感じ。
よしひき
2011/07/02 10:36
「男おいどん」いやー、なつかしい。出てくる女性は、ミョーに色っぽかったりしてね。

未来の時間の使い方か、、、、。時間は帰ってこないからなー。
Masato
2011/07/02 11:57
Masatoさん
あのマンガ好きでした。もう一度読みたいです。
AOR Night告知しますね。
よしひき
2011/07/02 12:25
AORナイト、メンバー日程調整つかず、7/23(土)は、いったん白紙にしました。日を改めて、ということで。
すんません、、、。
Masato
2011/07/02 13:20
白人のメンバーはいないの?
混合グループだと思い込んでいました.
talk to me
2011/07/02 14:37
Masatoさん、

メッセージ見ました。了解です。
よしひき
2011/07/03 05:21
talk to meさん

>白人のメンバーはいないの?

wikipedia見るとファミリーグループのようですね。

それよりも、今検索して初めて知ったことが。

Treat Her Like A Ladyの当時は3人組だったが、この曲の時には既に4人組になっていたそうです。
当時、情報が入ってこなかったんでしょうね。


よしひき
2011/07/03 05:39
よしひきさんは、不良と真面目の境界線を行ったり来たりのイメージがあります。不良のイメージから程遠い私は、軽薄と真面目の境界線を行ったり来たりです。
アロタン
2011/07/03 08:32
土日は畑仕事で出遅れ気味です。(笑)

wikipediaによりますと
Billie Jo Cornelius(女性)が後から加わったようですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Cornelius_Brothers_%26_Sister_Rose

いろいろ検索してみると
当時日本で売れなかった割には思い入れのある方が多いようで
この曲を取り上げてみえる方が多いのに驚きました。
わたしゃアルバムまで買ってるのに.....
ad'
2011/07/03 08:40
アロタンさん

>境界線を行ったり来たり

AB型で気分屋だからでしょう。

>不良のイメージから程遠い

今もさわやかイメージですもんねぇ。そういやうちのオカンもアロタンさんのファンでしたわ。
そうそう、今手ぬぐい巻いて日曜大工中です。
よしひき
2011/07/03 09:04
ad'さん

>当時日本で売れなかった割には思い入れのある方が多いようで

売れなかったんですか!てっきりBobby Hebb「Sunny」とかBreton Woodの「Gimme A Little Sign」級の大ヒットかと思い込んでました。

よしひき
2011/07/03 09:09
>売れなかったんですか!

当時のビッグヒットとは比べるまでもなく地味だったと思います。
日本のレコード会社の力故かと理解してました。
ad'
2011/07/03 09:38
ad'さん
いい曲なのに…。サビが早口なんで、日本受けしないだろうと判断したのかも。
よしひき
2011/07/03 11:30
日曜大工ってほんまに日曜やな、何作ってるの?
アロタン
2011/07/03 19:51
アロタンさん

経机。見に行ったら手頃なものがなかったんで。
といっても作るんではなく、塗るだけ。
よしひき
2011/07/04 08:14
漆塗りするの?
アロタン
URL
2011/07/08 07:04
まさか。出来ません。
よしひき
2011/07/09 11:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

トゥー・レイト・トゥー・ターン・バック・ナウ / コーネリアス・ブラザースとシスター・ローズ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる