ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS サムワン / エル・デバージ

<<   作成日時 : 2011/06/11 09:07   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

先週ターンテーブルを頂いた。

とにかくハードにお金をかけていない私。どこの誰が恵んでくださったのか、特に名を明かさないが、オフ会でお会いする方々なら察しが付くだろう。

ホントニホントニアリガトウゴザイマス

さて、今日とりあげるのはエロ・デバージ。軟弱なブラコンの代表格としてそりゃもうソウルファンンにとっては絶好の攻撃の的であったが、今聴きゃなかなか素晴らしいAORじゃないか。

画像


you tubeはこちら

ジェイ・グレイドン・ワークスのCDで久々に聴いたらたまらなく懐かしくなりシングルを探していた。こんなの100円均一で転がっているだろうと思ったらなかなか出会えず、最近ようやくゲット。

アル・ジャロウの「モーニン」とかディオンヌ・ワーウィックの「フォー・ユー」、ビル・カントスや山下憂の「エバー・アフター・ラブ」はよくジェイ・グレイドンの中でも同系統の曲として語られるが、この「サムワン」はそれらをさらに物悲しく、情けない男のたわごとに相応しく練り直したもの。

こんな書き方だとまるでこの曲をけなしているようだが、そうではない。
昨年末に出た彼の復活作は大好評で私もお気に入りの一枚となったが、昔のような聴き方だったら多分アウトだろう。

同じような子供声のニューエディションやフォースM.D’sは良くてもデバージはだめとか決めつけていたのはじつに勿体ないことだったと自戒する。

頂き物のタンテと傍で寝そべるパンダ
画像

(クリックすると写真拡大します)

エル・デバージのディスコグラフィー

サムワン(Someone) / ドント・ティーズ・ミー(Stop! Don't Tease Me)
86年? RVC梶@RMTS-16 (Motown)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
>軟弱なブラコン=素晴らしいAOR(意訳)

ソウル臭が少なくて個人的には無視して良い所だけど
AOR感覚で聞くと確かに有りそうだ。

>先週ターンテーブルを頂いた。

デノン(最近はこう云うらしい)ですから定評の有る所ですね〜。
送り主殿は新しいSPを入手されたようですがあれだけ持ってて何に使うんでしょうかね?

>頂き物のタンテと傍で寝そべるパンダ

パンダが(小さいので)注意書き入れないと....
よしひきさんご本人かと思ったりする人がいるんじゃないか。(ここに一人)
ad'
2011/06/11 09:37
ad'さん

>AOR感覚で聞くと確かに有りそうだ。

結構耳に残ります。

>パンダが(小さいので)注意書き入れないと

あまり気にせず書いてました。
とりあえず注書きを付け加えてみました。
よしひき
2011/06/11 10:00
DENONじゃないですか!素晴らしい
頂きもの、よかったですねぇ。

80年代中頃からのジャケへのバーコ
ード印刷、裏だったらまだしも表に
は勘弁してよですね。
Jimi
2011/06/11 10:02
Jimiさん

>DENONじゃないですか!

アンプもDENONなんでうってつけです。マンションなんで大音量では聴けませんがやっぱり雰囲気が違う。

シングルのバーコードはあまり見ませんが、デザイン的には萎えますね。
よしひき
2011/06/11 11:21
っえ 写真にパンダいた?
「よしひきさん」の事だと思っていました。
アロタン
URL
2011/06/11 12:23
アロタンさん

>「よしひきさん」の事だと思っていました

そんな癒しの存在ではありませんわ(笑)
よしひき
2011/06/11 12:26
ニューエディション の 「Cool it now]が突然聞きたくなって聞くとやっぱり良かったですね。デバージは良い子の感じですね。 ニューエディションとは、ちょっと違うなあ
アロタン
URL
2011/06/12 12:18
アロタンさん

とりあえずサポートしているメンバーが違うので音の違いはわかりますが、「声」とか「歌い方」の違いとなると違いがわからんのです。
よしひき
2011/06/12 21:38
ジェイ・グレイドン・ワークスは僕もヘビロテなんですが、金澤さん監修の紙ジャケ良いのが沢山出てますから買いあさってます。「ジェリー・コルベッタ」辺りは紹介したいんですけどね(苦笑)
★kazzz
2011/06/19 10:01
★kazzzさん

>ジェリー・コルベッタ

昔、中田氏の解説のもの買いました。ピアノのイントロの1曲目以外あまり聴いてなかったんですが、改めて聴いてみたらJayのギターが結構目立ってますね。Bob Creweも絡むし、なかなか気になる人です。
でもDon Ciconeは全く受け付けませんでした…
よしひき
2011/06/19 10:24
Don Ciconeは1991年の「Forever Begins Today」の再発でしょうか。これ評価が高いみたいで何度も再発されていますね。まあ、彼が居たクリッターズが好きなのでというか、70年代The 4 Seasonsへの功績が大きいと思います。
★kazzz
2011/06/19 10:40
★kazzzさん

2枚持ってて2枚とも印象が薄いんです。Forever And BeginsとLovers Prayer。どちらもレンタル上がり品。
なんでかな?力抜けた声のせいかもしれません。

よしひき
2011/06/19 11:03
まだ元気に懐メロショーで活躍して居るみたい。
http://www.marstalent.com/utopia/bio_the_critters.htm
まあ、作品とは別物。90年代の作品は、タバコのCMを意識した作りだったからかも知れませんね(笑)
★kazzz
2011/06/19 11:22
★kazzzさん

Critters時代を知らないのですが、まだ現役でしたか。

>90年代の作品は、タバコのCMを意識

そうなんですか。私はParliament(Bobby Caldwell)とPartner(梓みちよ)ぐらいしかCMの記憶が残ってないですね。
よしひき
2011/06/19 18:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

サムワン / エル・デバージ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる