ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛の出来事 / シリータ&G.C.キャメロン

<<   作成日時 : 2011/05/21 09:15   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

聞き違えが多い。

画像


「ジェリーフィッシュって何の意味やった?」と嫁に聞いたら「イカフェ」と答えた。そんなアホな。そりゃ刺身が海を泳いでいるのと変わらんやろう…と思ったのだが彼女の言葉をよく反芻してみると「クラゲ」と発音していたようだ。こんな状態が最近続いているので最近まともな会話がない。


さて、本題に入り今日は大物のデュオ。
G.Cキャメロンはご存じスピナーズの「It's A Shame」でリードをとっていたシンガー。シリータはこれまた超有名なスティービー・ワンダーの元奥方。

スティービーとシリータがいつ頃結婚していたのかなんて知らない。しかしスティービーに見込まれていたのであろうG.C。そんな彼なら安心してシリータを預けられたのか、スティービーは彼女のセカンドアルバム「Stevie Presents Syreeta」の中の1曲「I Wanna Be By Your Side」でデュエットの相方を任せた。

今日とりあげるのは、その後に出たデュオアルバム「Rich Love Poor Love」の1曲「愛の出来事」


某氏は「思い出したくもない内容」なんて評していたが、私は今なら十分聴ける。曲の前半は何故かアトランティック時代のスピナーズのようなメロディ。後半でG.C.が本気モード歌いだすあたりはなかなかスリリング。シリータの声は確かに力量不足だが、G.C.の邪魔をしない程度に歌うところも謙虚でよろしい。
最後にはクワイヤ調で大団円。

Thank God It's Fridayの映画で挿入されていたそうだが、サントラ盤には入っていない。もともと映画をあまり見ないし、恥ずかしながら以前は「ディスコなんて…」という偏向がかった音の聴き方をしていたもんだから、どういったシーンで流れていたのかわからない。

これは見直しておくべき。TSUTAYA行ってみよう!

シリータのディスコグラフィー
G.C.キャメロンのディスコグラフィー


愛の出来事(パート1)(Let's Make A Deal) / 同(パート2)
?年 ビクター音楽産業梶@VIP-2576

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
イカフェって何かわからなかったので調べると辛いイカの刺身なんだそうですね。韓国料理かな⁈
ijafe
kurage
類似率は2/6=0.333=33%
あんまり似ていないような気もする。
アロタン
2011/05/21 21:19
アロタンさん、ども。
抑揚の問題だと思います。となると、これは関西人ネタでしたね。
よしひき
2011/05/21 21:58
人間の脳は面白いね。私は昔から人の話を普通に聴けません。ことばの順序を変えたりして、べつのキーワードが頭に浮かぶと、それが言いたくなり相手の話の腰をボキボキっと折ってしまいます。
アロタン
2011/05/22 02:34
デュオをまとめて聞いた覚えが無いのでなんだが
>今日とりあげるのは、その後に出たデュオアルバム「Rich Love Poor Love」の1曲「愛の出来事」。

5分に渡る男女の口喧嘩というか肉弾戦、はたまたノーガードの打ち合い。
終わった後、疲れとともになんか爽快感が感じられる。
ある意味ソウルらしいというか.....

これがAORになると「地を見せないお見合い」というか
ブラコンでも「スーツをまとった営業のお仕事」みたいな
奥歯にものが挟まったような.....
私の場合、神経戦で負けるような気がしますなぁ〜。

>こんな状態が最近続いているので最近まともな会話がない。

お大事に。
ad'
2011/05/22 08:36
アロタンさん、
前振り部分はテキトーに書いてますんで、あんまり掘り下げないで。
ワシも何のブログ書いてたのかわからんようになるから(笑)
よしひき
2011/05/22 09:34
ad'さん、おはようございます。

>5分に渡る男女の口喧嘩というか肉弾戦、はたまたノーガードの打ち合い。

あぁそんな表現が的を射てますね。後半への盛り上げ方が作為的で、シンプルさを欠くところはソウルっぽくないようにも思いますが、映画の挿入歌であればアリですね。

>これがAORになると「地を見せないお見合い

確かにAORで本気の闘いというのは相応しくない。AORでデュオBarbra StreisandのGuiltyぐらいが個人的には丁度良くて、それ以外だとBobby Caldwell & Marilyn Scottなんてどちらも好きなアーティストですが素直に受け入れ難いところもある。でもAORとしてはこのタイプが直球で王道なんだと思います。

>お大事に

努めます
よしひき
2011/05/22 10:06
これFreeSoul期にCD化されてて持ってましたけど、余り印象に残らなかったので放出したハズ。
まもなく、Mowestのコンピが出ますが、G.C.の未CD化の作品もっと収録して欲しいですね。
★kazzz
2011/05/22 23:48
★kazzzさん

>Mowestのコンピ

あれまだ買ってません。GCの未発表はまとめて出して欲しいです。
スージ−・イケダの日本盤シングルは究極のシングルコレクション!
最終目標です。
よしひき
2011/05/24 07:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

愛の出来事 / シリータ&G.C.キャメロン ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる