ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ユア・ラヴ・テイクス・ミー・アウト / カメオ

<<   作成日時 : 2010/12/20 05:50   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

ソウル・ミュージックで欲しい日本盤シングルというのが無くなってきた。

といっても勿論、制覇したからではなく、値段に見合うようなものがなくなったから。シングル盤の定価は、メジャーレーベルから公式発売が無くなる直前で700円(+消費税)。本来それを超えるものを買うのは自分のポリシーから外れるのだが、ヤフオクというお気軽なものができたんで、あまり躊躇すること無く購入してしまっていた(このブログでは同じ内容の反省を何回も書いている)。

最近欲しいのは60年代後半〜70年代前半のモータウンとかアトランティックのものだが、これは高値になることがわかっているので諦めている。

安価で買えそうだが持っていないブツも沢山ある。ただ、「昔好きだった」とか「ジャケがたまらない」など、興味を引く要素が少ないものには手を出さないようにしようと考えている。そうやって選択肢を自分で狭めていくと、結局購入するシングルは和モノが増えてしまうことになる。小川知子とラジオ体操第一と宝塚歌劇団の名前も知らないヒトと川崎麻世を一緒に購入している自分がよくわからない時がある。それでも千円でおつりが来るのだからレコ掘りが止められない…

そんなこと言いながらも、紹介するのはキャメオ。

画像


You Tubeはこちら

昔はファンク好きで、友人から噂を聞き、また雑誌で情報を入手しながらこつこつ足で安物を探していた。「安物=状態がよくない」ということはよくわかっていたが、とにかく音を聴くことができる有難さが優先。Isley BrothersやKool & the Gangなどは妥当な価格で出会えたけども、Cameoというアーティストにはなぜか縁遠く、Alligator Womanより前のものはアルバム単位ではほとんど聴いていない。同様に縁遠かったアーティストはL.T.Dかな。

そんな状態のまま時は過ぎたんで、結局私、この曲の入ったアルバム「Feel Me」をじっくり聴いたことがない。改めて聴いてみればホーンの切れもブチブチのシンセサイザー音も聴くにつれ脳に刻み込まれる。Cameoの魅力はラリー・ブラックモンの頬っぺたを固定させながら発するような声だけではない。

初めて聞いたときにはあまり印象が無かったのに、後に単純なフレーズやリズムが知らずと頭の中で流れている。

CDで聴いてみようか思い検索するが見つからなかった。意外にCD化されていないの?

カメオのディスコグラフィー

ユア・ラヴ・テイクス・ミー・アウト / キープ・イット・ホット
80年 潟|リスター 7S-28

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
CDも発売されていたようです。今は廃盤でしょうね。
USのamazonで$300で売っていました。
アロタン
URL
2010/12/22 07:38
アロタンさん、どうも。

>USのamazonで$300

そんだけ出したら、まともなレコードプレイヤー買えるわ(笑)
よしひき
2010/12/23 07:16
>ただ、「昔好きだった」とか「ジャケがたまらない」など、興味を引く要素が少ないものには手を出さないようにしようと考えている。

紅茶の買い出しに名古屋に行ったのでついでに『第6回 アスナル金山 大中古レコード・CD市』に寄ってきました。
前回行ったときよりお値打ちな値段設定がやや増えた印象ですが今回目を惹いたのは日本盤シングル、個人的にはアーチー・ベル&ドレルズ「踊れば天国」3800円のジャケットデザインが素晴らしいのに感動した。(笑)
他にもオーティスの「エーメン」やウイルソン・ピケット(ジャケットに書き物あり)あたりが500円程と目を惹いたし量もなかなかのものでした。
とは云うものの買ったのはいつもと同じ様ものばかり4枚で2000円ちょいでした。あらら。
ad'
2010/12/23 14:56
ad'さん、ありがとうございます。

>アーチー・ベル&ドレルズ「踊れば天国」3800円

天使の輪ができているジャケですよね。妥当な値段かも。買えませんが… 

レコード祭り、ながらく行ってませんわー

よしひき
2010/12/23 17:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ユア・ラヴ・テイクス・ミー・アウト / カメオ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる