ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンキー・アップ・ダウン / イースト・サイド・シャッフル

<<   作成日時 : 2010/12/04 08:32   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

邦題がひどい

画像



(私は全く知らないアーティストでした。今日の記事は某中古ショップの王様の受け売りです)。

KC&サンシャインバンドとアベレージ・ホワイト・バンドを足して2で割り、味付けに日本のSHŌGUNを足したような音の塩梅。歌謡曲っぽいメロもあるなと思ったら、ジャケには東洋人の顔が写っている。

実はこのアーティスト、関西GSで有名なリンド&リンダーズのギタリストである加藤ヒロシ氏が、イギリスに渡り企画したグループ。氏は早くに日本に見切りをつけ、海外でこんな活動をしていた。

しかし、この邦題はねぇ…

「Just A Touch Away」が「ファンキー・アップ・ダウン」
「Round & Round」が「アップ・ダウンbP」

ジャケのコピー文にも「噂のニューステップ”アップ・ダウン”」などと書いてあるが、あまりにくどい。特に疑問なのがB面。「アップダウン」というのが踊り方の名称であるとしても、「グルグル回る」と「アップ・ダウン」という動きは全く別物ではないか?アップダウンと言われても、10問正解したらハワイへ行けるクイズ番組ぐらいしか連想できない私には理解不能。

加藤氏は山口百恵のロンドン録音アルバム「GOLDEN FLIGHT」ではアレンジもこなしていたようで、そのアルバムのディレクターである川瀬氏のインタビュー記事に若干の情報が記載されている。

先にも書いたように今日の情報は他人の受け売り。
裏をとろうとネットで検索しても確認できる情報が少なく、アルバムはおそらく発売されていないと思う。
GSとディスコという異なるジャンルが出会って生まれた彼らの音はもう少し聴いてみたかった。

ファンキー・アップ・ダウン(Just A Touch Away) / アップダウンbP(Round & Round)
?年 テイチクレコード梶@MA-42-V

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このレコードの発売年度は判りますでしょうか?
もしよろしければ教えてください。
ちょっぷ
2015/10/23 17:27
チョップさん、コメントありがとうございます。
残念ながら発売年度はわかりません。このブログではジャケに発売年度の記載のないものは本文のあとに「?年」と表記してあります。
調べる方法として、国会図書館に過去のレコード会社のカタログがあるのでそれを調べるというやりかたがありますが、そこまではリサーチできていません。
よしひき
2015/10/24 07:11
その後調べた所、1976年11月25日発売だたっと判明しましたのでお知らせします。
制作に関わったゴードン・ハスケル氏にお話を伺いました所、4人が乗っている車は彼のアルファロメオだと教えてくださいました。
ちょっぷ
URL
2015/11/07 04:53
ちょっぷさん、コメントありがとうございます。
素晴らしいブログですね。刺激を頂きました。このブログ放置してますが少しでも書き進めてみようかという気持ちになりました。私プログレはほとんど知らないのですがとりあえずJoは聴いてみたいと思います。
よしひき
2015/11/10 07:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ファンキー・アップ・ダウン / イースト・サイド・シャッフル ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる