ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ロック・ステディ / ウィスパーズ

<<   作成日時 : 2010/10/30 07:58   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

中途半端に朝起きる。まだ雨ではないが、今日の一日のやる気をそぐには充分な灰色…

画像


で、今日はお口直しに朝からウィスパーズです。



スーツでダサく(わざと?)踊る彼らの姿に、バブリーであった当時を想起させられました。いやしかし流行りましたわ、これ。FMでもディスコでもカフェバーでもかかってたモンねぇ。


この曲が収録されたアルバム『In The Mood』の中では 「Love's Calling」が好きでした。私が抱く80年代ウィスパーズのイメージに合致するセツナイ名曲です。

やはり同アルバム収録の「Just Gets Better With Time」はGary Taylorがオリジナル

何度か彼らのことは取り上げてますが、なぜこんなにこのグループが好きなのか自分でもよくわかりません。声にパワーがあるわけでもないし、カリスマな魅力を感じているわけでもない。でもアルバムは全てCDで買い直すほど聞き込んでいます。
ルックスがスーパー・マリオ・ブラザーズに似ているからというだけで親しみを感じているわけでもありません。強いてあげれば、あまり気張らないスタンスがリラックスさせてくれるんでしょう。

そういえば先日懐かしい友人に会い、ラベンダーを頂きました。これも嗅ぐだけで落ち着きますね。

ウィスパーズのディスコグラフィー

ロック・ステディ(Rock Steady) / イン・ザ・ムード(In The Mood)
87年 ビクター音楽産業梶@VIPX-1869

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>なぜこんなにこのグループが好きなのか自分でもよくわかりません。

この頃の良いところは「程良いポップさ」でしょうね。
90年代のガチガチ、ギスギスのポップとは違いますから。
そう云えばJanus時代はどうなの?
ad'
2010/10/30 08:29
ad'さん、コメント早ッ!

「程よいポップさ」が一番!最近ヒトも音楽も素直が一番だと思ってます。

Janus時代もこれほど甘くはないけですが、SSW的な要素も含め雰囲気が好きです。『Love Story』の記事のときに書いたようにRobert Johnが絡んでいますし。
よしひき
2010/10/30 08:44
すごくいいんですが、まったく聞き覚えがありません。
すごく流行ったそうなんですが・・・・
「Love's Calling」は聴いた事があるような、ないような・・・記憶喪失かな・・・・ウィスパーズときくとP&Gを連想します・・・
アロタン
URL
2010/10/30 20:21
アロタンさん、ありがとうございます。

>すごくいいんですが、まったく聞き覚えがありません

あれ、そうですか。好きな音も波がありますからね。

>P&Gを連想

アララそっちかw
よしひき
2010/10/31 04:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ロック・ステディ / ウィスパーズ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる