ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 星空のふたり / マリリン・マックーとビリー・デイヴィス・ジュニアー

<<   作成日時 : 2010/09/05 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

マリリンと聞いて思い出すのは

画像


普通はマリリン・モンロー。検索すると本田美奈子さんや本橋 麻里さん(カーリング)、マリリン・マンソンが表示される。コアな向きにはマリリン・チェンバースもあろうが、音楽ブログとしては元フィフスディメンションのこのデュオを取り上げたいと思う。

日本でも大ヒット。ソウルと呼べるのかどうか難しいところもあるが名曲であることに違いない。このジャケが日本盤シングルのオリジナルだったかどうかは未確認。

で、こちらが後日発売された来日記念盤

画像


日本語で歌ってもいい曲だ。演歌な感じがたまらない。

マリリン・マックーとビリー・デイヴィス・ジュニアーのディスコグラフィー


星空のふたり(You Don't Have To Be A Star) / 愛のちかい(I Hope We Can Get To Love In Time)
76年 日本コロムビア梶@YK-819AB

ふたりの誓い(The Twp Of Us) / 星空のふたり(日本語)(You Don't Have To Be A Star)
77年 日本コロムビア梶@YK-831AB

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ソウルだと思います。
別にソウルだから良いという意味でなく。
フィフス・ディメンションはソウルだと思いませんが大好き。
両者をわけるのは歌いかた。
もちろん僕のなかの決めなので一般性があるかどうかは別です。
Sugar Pie Guy
URL
2010/09/05 08:58
>名曲であることに違いない

同感です。

>このジャケが日本盤シングルのオリ
ジナルだったかどうか

まさにオリジナルですよ。
カンパニースリーブはabcレーベルの
緑のやつですね。
Jimi
2010/09/05 09:05
先程、オリジナルと言ってしまいま
したが、これは2ndスリーブだと思い
ます。失礼しました。
二人の写真は同じですが、B面の
「愛のちかい」の表記が右下に印刷
されている方がオリジナルのようです。
Jimi
2010/09/05 09:26
Sugar Pie Guyさん、ありがとうございます。

>ソウルだと思います。
>両者をわけるのは歌いかた

まさに歌い方が重要なパラメータだと同意します。その点彼らはソウルミュージック。なのになぜか歌謡曲のイメージが付きまとってしまうのです。理由はわからない。当時テレビで見たからThree Degreesの「天使のささやき」あたりと脳が混同しているのかもしれません。
よしひき
2010/09/05 09:28
Jimiさん、ありがとうございます。

>カンパニースリーブはabcレーベルの緑

まさにそれです。
よしひき
2010/09/05 09:29
Jimiさん、どーも

>これは2ndスリーブだと思います。

なんか似たようなものをよく見かけるんで難しいです。それが楽しいところでもあるんですが(笑)
オリジも探してみます。
よしひき
2010/09/05 09:31
これの前に、似たようなデュオがあるのよ。
http://www.youtube.com/watch?v=LwVhgdTmwds
Masato
2010/09/05 10:35
Masatoさん、ありがとうございます。

>これの前に、似たようなデュオ

知りませんでした。カーペンターズみたい。

よしひき
2010/09/05 11:28
フィフス・ディメンションのレーベルオーナーがジョニー・リバースだったことも有るし、一連のヒット曲が洗練されていたせいも有ってソウルファンには人気が無いのは事実です。
ジャンル拘らずに楽曲として好きならそれで良いと思います。
kazzz
2010/09/05 15:50
kazzzさん、ありがとうございます。

なんで昔は認められてなかったんでしょうね?
私はかなり頭でっかちでした。猛省。
よしひき
2010/09/05 20:36
Soulの名曲に違いありません!
認められてなかった? 本当なの?
少なくともおいらの田舎ではすんごくはやった記憶が、、、、
ソウルチャチャの定番だったし、、、、
家ではヘビロテの一つでした。

能書きは評論家に任せて、
好きな曲を好きで聴けば良いと思ってまーーーす
mambo
URL
2010/09/06 01:34
mamboさん、おはようございます。

>認められてなかった? 本当なの?

私のような後追い世代にとっては、鈴木先生の本が全てでしたから。それはそれで筆者の好みでしょうし、仕方ないかなと思います。

>好きな曲を好きで聴けば良い

そうです。だから歌謡曲に走ってしまう…
よしひき
2010/09/06 06:04
これ制作はDon Davisなんですよね。
彼のキャッチーな部分が出た名曲だと思うのですが。ヒットし過ぎた曲って敬遠しがちなのがマニアの悪い癖でしょう(笑)
kazzz
2010/09/07 12:06
kazzzさん、ありがとうございます。

>制作はDon Davis

それ知りませんでした。
キャッチーなのは良し。ヒット曲を敬遠するマニアな気持ちもまた良しです。
よしひき
2010/09/07 19:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

星空のふたり / マリリン・マックーとビリー・デイヴィス・ジュニアー ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる