ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ソルティ・ドッグ / スワンプ・ドッグ

<<   作成日時 : 2010/08/06 07:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ここ10年ほど飲んでいないカクテル

画像


レコードの中には「企業モノ」と呼ばれるジャンルが存在する。それは企業の社歌であったりキャンペーンの販促物であったりするが、通常は非売品で頒布されたものである。それとは異なり、有料であるが商品名がジャケに記載されていたり「ヨントリー○○CM放送中!」などと書かれたタイアップモノも存在し、例えばソウル系だとマンハッタンズにも該当物がある。

このシングルはそのタイアップもので夏に相応しいアイテム。発売は79年なので当時私は中学生。このCMは全く記憶にない。

ネタを考え無理矢理にソルティドッグという言葉に対する記憶をたどると時期は86年。大学生の頃でこのシングルよりもだいぶん後になる。

経済学部のクセに社会系の科目が苦手。出る授業は理系の一般教養と語学だけ。何のために大学へ行ったのか今考えると勿体無いのだが、当時はそれなりに自己主張だけ強く義務を果たさないという、どうにも我儘な学生であった。勉学に励むことは殆どない。バイト代が入るたびにリキュールを買い込み、バイトのない日には友人を家に呼んでバーテンの真似事をして喜んでおり、「カフェバー」でアルバイトもしていた。

当時はそういった文化が主流で「ペンギンズ・バー」のパンフレット、「右曲がりのダンディ」、「ハートカクテル」といった漫画、「風の歌を聴け」「限りなく透明に近いブルー」のW村上小説等々を眺めながらも、本当に欲しかったのは『ザ・サントリーカクテルブック』。レシピが記載され、しかも完成品の写真がカラーで記載されており、眺めるだけでもヨダレモノだったが非常に高価で本屋で立ち読みするのが精一杯。ただ、封をせずに立ち読みできる本屋が渋谷にあり、レコ掘りに渋谷に行く度に立ち寄っていた。芽瑠璃堂へ行く道々でサントリーバーテンダースクールの看板に惹かれ、思い入れのあまり講習を受けたこともあったなぁ。

ありがちだが当時の一番のこだわりはソルティドッグの塩。グラスの飲み口に塩をまぶすスノウスタイルをいかに均一に行うかを競い、何グラムの塩を無駄にしたことか…。塩の替わりに砂糖でやって失敗をしたり胡椒を使ってブラディマリーを作ってみたりと試行錯誤を重ねた。

あの当時の情熱。無駄だったのかもしれないが印象が強い。必死になった行動は、成果にかかわらず自分の人生の要素となるんだなとあらためて思う。

参考までにライナー後に記載された「ソルティドッグの作り方」を丸写ししておく

グラスに氷を2.3個入れ、サントリーマイルドウォッカ(樹氷)30ml、サントリー・グレープフルーツ・エード60mlを注ぎ、軽くステアーする。
ヘリをレモンの切り口で濡らし、塩をまぶしてスノースタイルのグラスでどうぞ。


樹氷という単語が懐かしい。そういえばチュウハイブームになってもサントリーはタコハイだったな…



ところで、曲はどう聴いても秀樹カンゲキYMCA。
サザン系には暗いので音へのコメントはなし…

スワンプ・ドッグのディスコグラフィー


追記

80年頃、坂本龍一風のBGMが流れていた西武百貨店のCMが頭から離れない。時期は81、2年。1学期の期末試験の頃によく見たんでバーゲンのCMだったはず。アレは何の曲だったんだろう?神戸には西武百貨店がなく、なんのためにCMしているのか意味がわからなかった。
You Tubeを検索しても見つからずもどかしい。


ソルティ・ドッグ(Salty Dog) / カム・オン・アンド・ダンス(Come On And Dance)
79年 ビクター音楽産業碍IP-2738

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私の現ハンドル名:STDはそのソルティ・ドッグを文字ってSoul T Dogと付けた略称なのでした。
STD
2010/08/06 10:01
樹氷にタコハイ懐かしいですね。
先日、古いポパイの広告を眺めてたら
その頃の事が走馬燈の様に…(笑)

最近この手の企画モノ全然ダメですね。
kazzz
2010/08/06 11:00
>右曲がりのダンディ」、「ハートカクテル」といった漫画

真っ当な道な気がする。
私なんぞ、「減点パパ」ですぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%9B%E7%82%B9%E3%83%91%E3%83%91
変にうんちくに走り易いのはこの頃からか(笑)
ad'
2010/08/06 14:46
STDさん、ありがとうございます。

>STDはそのソルティ・ドッグを文字ってSoul T Dogと付けた略称なのでした

Soul Train Dancerかと思ってました(笑)Salty Dog由来とは意外です。
よしひき
2010/08/06 17:30
kazzzさん、ありがとうございます。

懐かしいです。樹氷のCMといえば「マイルドウォッカを〜ロックで ちょうだいー」。あれチェリッシュでしたっけ?

当時のサントリーの企画は当たってましたね。今の角ハイどころじゃなかったはず。
ところで昔、神戸でハイボールといえば角瓶ではなくホワイトでした。そんな老舗のバーがあったのです。これも個人的に懐かしい過去のお話。
よしひき
2010/08/06 17:39
ad'さん、ありがとうございます。

減点パパ!
wikipediaにも書いてありますが、それって漫画「レモンハート」のマスターと同じ顔ですよね。
古谷三敏さんといえば、小学生のころ「ダメおやじ」が大好きでした。オニババの事は本気で嫌いでした。
よしひき
2010/08/06 17:46
私も先日、同類の「ラヴ・イズ V.S.O.P
アメリカン」(78年東芝EMI)をゲット
したばかりです。「ブランデー、水で
割ったら、アメリカン」というキャッチ
コピーのサントリーCM曲です。
で、内容はというと後から作りました的
な冗長な曲でおもしろくありません。

西武百貨店のCMは判りませんねぇ。判っ
たら連絡します。
Jimi
2010/08/07 01:44
Jimiさんありがとうございます。

>「ラヴ・イズ V.S.O.Pアメリカン」

私も買いました。「ディスコ・アメリカン」もありますね。
このシングル、我が家ではジャンル分けに苦労してます。アーニーワッツだからフュージョン・ジャズコーナーか?和製っぽいから歌謡コーナーか?でもAOR本に記載されているしなぁ…
結果、何故かディスココーナーにありました。

西武のCMはずっと不思議なんです。カラッカラに乾いた空気、青い空、青い海、無人島、アンモナイト…というキーワードが思い浮かぶが確かではありません。

中学生の期末試験の頃、午前で帰り、『笑ってる場合ですよ!』を見ながらご飯を食べていた頃のCMだったような…

音は坂本氏に違いないと思ったのですが未確認。当時はラジオなんかで気に入った曲があれば電話して確認したりしてたんですが、なぜかそれもしていませんでした。
よしひき
2010/08/07 07:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ソルティ・ドッグ / スワンプ・ドッグ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる