ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 君の微笑は愛のメロディー / トランプス

<<   作成日時 : 2010/07/24 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

出ました。

画像


尊敬するB師匠からその存在を伺っていたものの現物を手にする機会にはなかなか恵まれず、欲しい欲しいと聞こえよがしにつぶやき続けていたら某女性がプレゼントしてくれた。ありがとうございます。いつも「太った?」とか「水筒女子じゃなくて水筒ばばぁやろ」とか言ってるのにホントすんません…
60kg超えじゃないの?とTwitter投稿するのは止めます。

さて、アーティストと何の脈絡もないこのジャケ、どういう経緯の元に出来上がったのか妄想をたくましくさせてくれます。
Trammpsのアルバムが発売されたのが75年なのに対し、これは72年で、ブッダのシングル発売当時の日本盤。

当時こんなシングルオンリーのものが発売されていたとは…



ところで日本盤シングルを主とした本が出ました。

ドーナツ盤ジャケット美術館 by MURO

MUROという名前はヤフオクの吊り文句でよく見かけるのですが、彼のことは日本人なのかどうかも含め最近まで知りませんでした。ここ15年程は音楽誌もほとんど読んでませんから。
ボーっと流し読みしましたが愛情タップリの力作という印象。シングルのジャケを愛でる人間は趣味もアプローチも似ているということがよくわかります。ただ、厳密には好みの違いがあってそこがまた面白い。

僕が出版するならこうするな…などと考えながらジャケを拝むのは至福の時であります。

マイブログとの共通項があって嬉しさ半分、OK Chicago, Ron's Rapなど当ブログでアップ準備中のものを見て「あちゃー、先にやられたな」というのが悔しさ半分。でも数えてみると取り上げられた内の手持ちは意外や3分の1程度。

他人の趣味を盗み見しているようで妙な面白さがありました。

傍目八目な感想を聞こうと普段私のブログの読者である上述の女性にこの本を見せたら、「昭和館」以下、特に「秘宝館」のページは「違和感」なしとのこと。

とりあえず次は「Broadwayの日本盤が欲しい」とつぶやいてみます。


軽い熱中症のせいか、手がしびれて握力がない。パソコンのキーボードは叩けるがペンを持つと力が入らない。しばらくは塩分補給して様子を見ることに。情けない…



トランプスのディスコグラフィー

君の微笑は愛のメロディー(Zing Went The Strings Of My Heart) / 同(インスト)
72年 日本コロムビア梶@LL-2574-DA

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このジャケ、微かに記憶が有ります。
発売当時だったかそれ以降かは覚えないですけど。
発売当時だったら中学生でしたから、これ買ってたら正真正銘の変態です。(笑)
(個人的感想です)
ad'
2010/07/24 06:58
ad'さん、ありがとうございます。

ご記憶ですか。可愛いジャケですが意識すると買い難いかも。
ジャケに関わらず、トランプス買う中学生は変態確定です。
よしひき
2010/07/24 07:14
私も昨日、このMUROの本ちらっと見ま
したよ。
ほんとジャケ本って見てるだけで楽し
くなりますよね。大きさもシングル盤
サイズだし。
Jimi
2010/07/24 20:52
Jimiさん、ありがとうございます。

確かに見ているだけで楽しいです。何度も見直すことは無さそうですが。
ソウル系では見たことが無い珍盤というのは殆ど無かったのが残念。Talk To Meさんに見せてもらったJimmy Ruffin等の実物の方がインパクトありました。
よしひき
2010/07/25 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

君の微笑は愛のメロディー / トランプス ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる