ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ホエン・シー・ウォズ・マイ・ガール / フォー・トップス

<<   作成日時 : 2010/05/05 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

長きに亘り固定メンバーで活躍したフォートップス。そんな彼らの第3の時期、カサブランカレーベル時代の大ヒット曲。

画像


You Tubeはこちら

テンプスの場合、テンプスという「箱」があり、その中身であるメンバーは時代により変わってしまう。それでも一定の水準を維持し続ける素晴らしさはあるが、結局はテンプスを追い求めるというよりはDavid RuffinやAli-Ollieといったカリスマシンガーの魅力を追っかけることになってしまう。それに比べトップスの場合は4人で一塊。サポートメンバーはあるものの基本的に他のメンバーが入る要素はない。

テンプスは「テンプス株式会社」という法人で、役員はころころ変わっても「テンプス梶vという法人格は変わらないのに対し、トップスは「Four Tops」という屋号を持った個人事業者。というのが私の個人的なイメージ。


さて、最近2in1でめでたくCD化されたこの曲が収録されたアルバム“Tonight!”、ダサいジャケとは裏腹に粒ぞろいの曲が揃う。Kenny LogginsやStevie Wonderのカバーを含み、ライタークレジットにはHenry Gaffney, Earl Klugh, Jerry Knightの名も。つまりはフォー・トップスによるAORアルバムというのがほぼ正解と考える。

例えば、このアルバム全ての曲をLeviではなく、Crackin'のLeslie Smithが歌ったとしたらどうだろう。そんなアルバム、いかにも実在していそうに思うのは私だけだろうか。 

AORは素直に受け入れないが、このアルバムはOKというソウルファンがどれだけ多かったことか。かく言う私もそのクチでしたけど…



フォー・トップスのディスコグラフィー


ホエン・シー・ウォズ・マイ・ガール(When She Was My Girl) / サムシング・トゥ・リメンバー(Something To Remember)
81年 潟|リスター 7S-48

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>「Four Tops」という屋号を持った個人事業者
これはDellsにも言えますね。
不動のメンバー、ロックだとZeppもですが。
やはりこのメンバーだからこそって部分に惹かれるんですよ。
僕も速攻CD買いましたが、この80年代前半のベテランのアルバムは名作が多いとつくづく思いました。僕自身、この辺りからドップリSoulに填った訳ですから思い入れも深いです。
kazzz
2010/05/05 12:03
僕もはじめて買ったフォートップスのオリジナル・アルバムがこれでした。
Chi-Soundsと並び、カサブランカのレコードがリアル同時体験で、今でも一番好きな音です。
Sugar Pie Guy
URL
2010/05/05 12:07
kazzzさん、ありがとうございます。

>やはりこのメンバーだからこそって部分に惹かれるんですよ

それは私も同様です。確かにDellsもZeppも。あれ、並列に書くと妙ですね(笑)。

>80年代前半のベテランのアルバムは名作が多い

テンプス、オージェイズ、マンハッタンズ、シャイライツ、挙げればキリがないけど一番花開いたのはウィスパーズ?

80年代前半は後追いですが、ソウル聴き始めの頃に安価で入手できるものが多かったので私にとってもこの年代は入り口です。

よしひき
2010/05/05 14:26
Sugar Pie Guyさん、ありがとうございます。

私もコレが一番最初に好きになったアルバムです。そのまま素直に遡って聴いてりゃ良かったのに、Dunhill ABC時代を飛び越え勿体無いことをしました。

このアルバム(CD)改めて聴いてますがOne More Mountainも含め素晴らしい出来です。
Sugar Pie Guyさんのお店でトップスの音を遡って聴かせて貰いたいです。勿論最後はmkさんの日本盤で!「アイ・キャント・ヘルプ〜」も「リーチ・アウト〜」もオリジナルはなかなか見かけないんですよ。
よしひき
2010/05/05 14:34
思い出しました。
standing in the shadow of love
reach out I'll be there
盤2枚が同級生に貸したけど、まだ戻ってきません。
mk
2010/05/05 15:19
Four Tops
うーん 懐かしいねえ。

一番の思い出は15年ほど前にLasVegasへ行った折、たまたまFourTopsLive30$というのが目に留まり速攻で見に行きました!
ShaftInAfricaのメイン・タイトルソング
AreYouManEnough-アフリカ大作戦をはじめ
歌は最高に良かった。
だけどあの軽快なダンスはなし しょぼりん

でそっくりさんショーへ走って見に行ったの。

なんと2005年5月にはTempsと一緒にVegasに出てたらしいね。

テンプテーションと フォートップス Temptations and The Four Tops
$54.95 スターダスト ホテル
05/25, 05/26, 05/27, 05/28

Vegasは凄い所だ。結構有名どころをはしごできる感じ。
mambo
URL
2010/05/05 15:41
mkさんmありがとうございます。

>同級生に貸したけど、まだ戻ってきません

それ、多いパターンですね。私もあります。価値観の違うヒトに貸すとそうなってしまう…
よしひき
2010/05/05 16:12
mamboさん、ありがとうございます。

Four Topsの軽快なダンスというのはあまり知りません。「Sugar Pie Honey Bunch〜♪」の横揺れダンスが印象にあるぐらい。

2005年だとメンバーのうち2名は亡くなっている頃でしょうか。それでもその値段なら見たかったですね。
よしひき
2010/05/05 16:19
ご無沙汰して申し訳ありません。

折しもこの曲、最近バンドでカヴァーを始めたとこなんです。ノリ的にはTheoのライブテイクの方に影響されてる感じで演ってますケド、大好きな曲です。
Lazy Junco
2010/05/06 00:39
Lazy Juncoさん、ご無沙汰です。

>バンドでカヴァーを始めた

いいですね。O'jaysの"Used To Be My Girl"も是非セットで。

Theoの方が 歌い方はAli的でLazy Juncoさんはお好みだと思います。それにしても1人残るDukeさんにはいつまでも踊り続けてもらいたいものです。
よしひき
2010/05/06 06:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ホエン・シー・ウォズ・マイ・ガール / フォー・トップス ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる