ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ダブル・ダッチ / ファットバックバンド

<<   作成日時 : 2010/05/18 05:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

シンプル・イズ・ベスト

画像




ダブル・ダッチといえば、ヒップ・ホップをバックに2本の縄跳びの中で踊るスポーツというイメージがあるんだけど、この当時は違う意味もあるんだろうか?例えば動画の中で観客が船をこぐようなポーズをとっているんだけど、あれも「ダブル・ダッチ」に関係ある?

ちなみに関西では時々テレビで見かけた松竹の漫才コンビ「ダブルダッチ」さんは解散したようです

ファトバック・バンドのディスコグラフィー


ダブル・ダッチ(Double Dutch) / スパンク・ザ・ベイビー(Spank The Baby)
77年 DPQ 6050 ポリドール梶@

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そのお笑いコンビ知らなかったけど、若手の芸人だったんですねー。一瞬、60年代から活躍している漫才コンビの人だと思った。関西そういう芸人さん多いから。

ダブルダッチ・バスなんてヒット曲もあったね、誰だか忘れたけど。
Masato
2010/05/19 11:01
Masatoさん、ありがとうございます

松竹ともなるとなかなか関西圏以外には分かりがたいかな?

ダブル・ダッチはフランキー・スミスでしたっけ。よく流れていた記憶はあります。
よしひき
2010/05/19 19:17
呼ばれたような?
このところ超多忙でコメント遅くなってしまいやした。

曲を聴く限りではBusStopベースなんでダブルダッチって何? って感じですね。
当時は2匹目のどじょう狙いの曲が多かった感じがあります。
そんなこともあってか、ファンカラティーナ系から、Brasil追っかけになってたような気がするんです。

mambo
2010/05/21 05:47
mamboさん、ありがとうございます。

>ダブルダッチって何?

そんなもんですか。「ダブルダッチ」ってスタイルのダンスがあったのか?と想像していました。

Brasil系、私はソウルと全く離れた所からのアプローチで聴いてました。ようやく繋がったのはエル・チカノとかジョー・バターンあたり。



よしひき
2010/05/21 06:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ダブル・ダッチ / ファットバックバンド ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる