ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 追憶の甘い日々 / リトル・リヴァー・バンド

<<   作成日時 : 2010/04/04 08:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

春めいた今日は、墓の掃除をしてから山カフェへ散歩しようかなと考えている。

一日のスタートをなんとなく切り出すための1曲を、と家のダンボール箱をゴソゴソ。目に留まったのはこれ。

画像




リトル・リヴァー・バンド(以下、LRB)はオーストラリアで結成されたロックバンド。あまり詳しいことは知らなくって、私が興味があったのはこのReminicsingを歌っていた当時のボーカルの Glenn Shorrock。でもこの人のこともそんなに突き詰めて聴いたわけでもなく、他に好きな曲があるわけでもなく、結局LRBで印象にあるのはこの1曲のみという、私にとってはなんとも落ちのない中途半端な距離にあるバンドです。

高校生の頃によく見ていた洋楽番組はベストヒットUSA。当時はエア・サプライなどオーストラリア勢のチャートインも多く、小林克也さんがあの独特の発音で「トル・リヴァー・バンド」とDJしていた姿が思い出されます。

当時番組でこの曲が流れていたわけではないのですが、FMではよく聴きましたね。ミディアム・テンポに乗った太目の声。こういうのが好きだったって事は、昔も今も趣味はあんまり変わってないようですな。

今日も中途半端に日記終了。

追憶の甘い日々(Reminiscing) / テイク・ミー・ホーム(Take Me Home)
78年 東芝EMI梶@EMR-20462

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Little River Band
当時の全米トップ40マニアには忘れられないバンドですね

私はたまにPable Cruiesと区別つかなくなりますが

で、個人的にLRBは Happy Anniversaryが圧倒的に好きです。
次は Cool Changeかな。
この曲は間違いなく彼らの代表曲だけで嫌いじゃないですけど
chanpara
URL
2010/04/09 00:53
chanparaさn、ありがとうございます。

>個人的にLRBは Happy Anniversaryが圧倒的に好き

あのコード進行も確かに惹かれます。改めてベスト盤聴いたら、今の私ならHappy Anniversaryの方が曲的には好みですね。
当時の思い入れの違いだけかな。



よしひき
2010/04/09 22:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

追憶の甘い日々 / リトル・リヴァー・バンド ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる