ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ターン・ユア・ラブ / ジョージ・ベンソン

<<   作成日時 : 2009/12/03 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

Gの音をくれないか

画像



ってなセリフのあるCM(パイオニア プロジェクトG7)で流れていた曲。懐かしいー。当時どのアルバムに入っているのか分からなかったんで、このシングルをよく聴いた。
器用だからこそどんなプロデューサーの元でも無難にこなしてしまうのがこの人の悪い癖。でも気持ち良い音だ。
パイオニアの動画はYou Tubeでは残念ながら削除されていた。見たいなぁ。

ご本人


ライターの一人でもあるBill Champlinのセルフカバー。



日本のラップでコレを下地にし、ご当地ソングで色々なバージョンが発売された曲があった。聴いたベンソンが怒ったというオチもあるヒット曲。
その関西バージョンのお笑い芸人の今田・東野の「文珍の飛行機見たことあるでー」ってセリフには笑った。文珍本人を阪神電車で見かけたところだったので。ありえない行動をしていたがここじゃ書けんなぁ…


さてこの曲、プロデュースはJay Graydon。この時代のアル・ジャロウやマンハッタン・トランスファーに似通ったところがある。でもこの系統のリズムを聞くとエア・プレイの「Nothin' You Can Do About It」 が聴きたくなってしまう。


ジョージ・ベンソンのディスコグラフィー


ターン・ユア・ラブ(Turn Your Love Around) / ネイチャーボ−イ(Nature Boy)
81年 ワーナー・パイオニア梶@P-1574W

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Jay Graydonも一流のギター弾き。2年ほど前にアーカイブ集ってのが出たんですが、当時竹内まりやに提供した曲、Demo音源そのままでした。
当時あれだけ売れっ子ですから仕方ないか(笑)
そうそう、George Bensonの話でしたね。
B.W.のPoet2での客演も好きです。
kazzz
2009/12/04 19:35
kazzzさん、ありがとうございます。

Jayのハーモナイズドのソロって良いですね。甘茶じゃないけど玉乱って言葉を使いたくなります。

いつも頂くマニアックなコメントがものすごくうれしいです!
ジェフ・ベックをここで取り上げることは多分ないと思いますが、次回お会いした時に語りたいです。
sugarfoot
2009/12/05 01:48
このCMって「今夜は最高」とかで流れてたよね。
Masato
2009/12/05 10:04
Masatoさん、ありがとうございます。

今夜は最高でしたっけ?そこまで覚えてないんです。CMは印象的だったんですけどねー
そういや最近某ラジオの録音をMDでもらったんですが、聞けなくて困りました。カセットも今は聞けません。リスニング環境にはもともとこだわりがないのですが、最低限の設備は欲しいなぁと最近思っているところです。
sugarfoot
2009/12/05 12:09
遅いコメントすいません。

この頃、ちょうどG7を買ったんですよね。
もちろんこのシングルも買って聴いていました。

どのくらいパイオニアのG7が人気があったかというと、なんとプラモデルまで出ていたんですよ〜。
これも当然持ってました(捨てちゃったかな?)
Sugar Pie Guy
URL
2010/03/01 23:17
Sugar Pie Guyさん、ありがとうございます。

G7お持ちだったんですか。しかもプラモデルまで!

私は当時、もっぱらパディスコのラジカセでした。あぁ懐かしい。
よしひき
2010/03/02 07:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ターン・ユア・ラブ / ジョージ・ベンソン ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる