ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨーク・シティ・ナイト / レイフ・ギャレット

<<   作成日時 : 2009/10/25 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

たのきんトリオ世代です。



ゆうせんカスタム盤
画像


通常盤(カップリング盤?)
画像


よく見るとコピー文もB面の曲も異なっていました。ゆうせんカスタム盤のB面はラスカルズのカバー。こちらの方が馴染みやすいですね。

通常盤のB面は川崎麻世さんがカバーしてました。この人、洋楽カバーが多くてシングルもアルバムも結構遊べます。


ところで最近よく感じることですが、こういうのを聴いて懐かしむのは脳の退化なんでしょうか?

「この当時好きだったスピナーズが…」なんてハッタリ書いてみたいもんです。
このあたりが70年代ソウル後追い世代の辛いところ。


ニューヨーク・シティ・ナイツ(New York City Nights) / グルービン(Groovin')
ゆうせんカスタムメイド PR-28

ニューヨーク・シティ・ナイツ(New York City Nights) / ダンスに夢中(I Was Made For Dancin')
キャニオンレコード 7Y0007

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>たのきんトリオ世代です。

知らない人多いんでない?

>ニューヨーク・シティ・ナイツ

この曲(ここ重要)は当時好きでした。良い曲だと思います。
ただバブルガムはバブルガムでも白人で更に日本で話題になったので無視してました。
(性格が捻くれてるので)
ad'
2009/10/25 11:52
ad'さん、ありがとうございます。

たのきんトリオ、古いですか。悲しい…

この曲はレイフ・ギャレットのほうが好き。I Was Made For Dancin'は麻世バージョンの方が好きです。
特に理由はありませんが、そちらの方が耳に馴染んだ方というだけのこと。
sugarfoot
2009/10/25 17:55
>たのきんトリオ世代です。

たしかに、僕もその世代なんだけど、記憶に残ってるのは、山口百恵、桜田順子、森昌子の御三家、野口五郎、郷ひろみ、西城秀樹の御三家のほうがリアルタイムで記憶に残ってる。

たのきんトリオって、なんかヒット曲ありましたっけ?。
Masato
2009/10/26 07:42
Masatoさん、どうもです。

一番印象深いのはマッチですかね。小坂忠さんの「しらけちまうぜ」のカバーとか、山下達郎作の「ハイティーンブギ」とか「情熱熱風セレナーデ」とか、力作ぞろい。
トシちゃんなら恋=Do!あたりもディスコ路線。
ヨッちゃんは当時はあんまり?今は大物ミュージシャンですね。

思い出すとなつかしいー
sugarfoot
2009/10/26 08:13
思いっきり、たのきん世代です!12月にトシちゃんのディナーショーに行こうと思っています(笑)。

洋楽聴き始めたのは中学生になってからですからねぇ。カジャグーグーとかカルチャークラブとか、あの時代のUKあたりから入りましたからねぇ。
suisei
2009/10/26 18:49
suiseiさん、お帰りなさい。お疲れ様でした。

そーそー、この辺反応しますよね。
私もどちらかというとUKが先かも。カジャグーグー、デュランデュラン、バンドでやりました。
流行ってましたモンね!
先輩がいなかったらこういうソウル道には踏み込んでなかったと思います。

ディナーショウ、是非ブログネタで取り上げてください。
sugarfoot
2009/10/26 22:06
いい曲ですね〜。
燃えます。
murakami
2009/10/29 00:49
murakamiさん、コメントありがとうございます。

燃えますねー。共鳴する人が多くて嬉しいです。
sugarfoot
2009/10/29 06:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ニューヨーク・シティ・ナイト / レイフ・ギャレット ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる