ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙の試練 / スタイリスティックス

<<   作成日時 : 2009/09/20 07:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

3拍子の曲に弱い

画像


You Tubeはこちら

例えば「Betcha By Golly, Wow」なんかでは途中に拍数を変えた小節が挿入され、それが不安定感を高めて妖しさを増す。この曲「涙の試練」ではそんな技は使われないんだけど、4拍子だけでは表現できない、着地点のない曲調ともの悲しげなメロは一度聴くと忘れられない。

ソウルっぽくないと言われるグループだけどいいじゃないか。
74年発売の『The New Soul Book』によれば…

フィラデルフィアでモナークスとパーカッションズが合体(どちらもハイ・スクールのグループ)。シェブリングからデビューシングル「You're A Big Girl, Now」を発表。これがヒットしたためAvcoレコードが曲の権利を買い取り、Thom Bellプロデュースの下に数々のヒットを飛ばしていくことになる。


最初に来日公演があったのは74年2月のようだ。見たヒト羨ましいー

この曲の出だしって、Charles Drainのアルバムに入っている「What Good Is A Love Song」とよく似ている。どちらも3拍子だしね。サビの盛り上がりではCharlesに軍配。

iPodに入れておきたいんで、ベスト盤でいいから300円ぐらいでころがってないもんかなー…と思うのだが、スタイリスティックスのCDって意外と高い。ブック・オフなんかでは1000円以上の値段がついていることが多い。売れ筋商品なんだろうな。

そういえばe-book offで3年近く前にwantをかけていたBrett Raymondの「Feel Like Rio」(AOR)の入荷案内が先週届いた。
ヒトの脳では既に忘れ去られた存在のはず。
コンピュータまかせとはいえ、便利な仕組みがあるんだなー。
有難くゲットしました。

スタイリスティックスのディスコグラフィー

涙の試練(Break Up To Make Up) / ひとときの恋(If I Love You)
73年 ビクター音楽産業梶@JET-2175

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
実は75年だったか76年だったかよく
覚えてないのですが来日公演(武道館)
を客としてではなく偶然観てるんです。
コンサートなどの場内整理のバイトを
やってた時にたまたま観たというわけ
です。
でも当時はハードロック小僧だったの
で、まったく興味ありませんでした。
しっかり観とけばよかったと今では思
ってます。残念!
Jimi
2009/09/20 08:57
ひさしぶりに正統派のソウルの記事ですね。
Masato
2009/09/20 09:17
Jimiさん、どうもです。

>場内整理のバイトをやってた時にたまたま観た

私もそういうバイトをした記憶がありますが、大物を見たことはありません。

考えたらライブはあまり行ってないんですよ。勿体無い。Mazeも行けません(涙)



sugarfoot
2009/09/20 09:21
Masatoさん、どうもです。

>ひさしぶりに正統派

なんか寄り道するのが好きなモンで…
「お深い」も近いし、そろそろ耳をスィートソウルに馴染ませておかないと。
sugarfoot
2009/09/20 09:27
Sugerfootさん
こんばんは SWはどうですか
こちらは義弟のワンコを預かってどこへも行けず、のんびりです。

>ひさしぶりに正統派
え? これでも正統派なんですね?
なぜかDisco Boyだったあっしは彼らのアルバム何故かほとんど揃えてますね。
そこからたどってmomentsやのSoftonesへ行った割には甘茶系にはイマイチ嵌れなかったすね。
mambo
URL
2009/09/22 19:00
Mamboさん、どーもです。
最近取り上げたものに比べると正統派かな。
今、嫁はんの実家なんで携帯投稿です。
パソコン使わない生活中
sugarfoot
2009/09/23 08:35
"Break Up To Make Up"
この曲僕も好きですねー。
何故かっていうとWill Downingのカヴァーで良さを再確認したからです。
今ではあの時のような感動はないですけど。
kofn
URL
2009/09/23 16:22
kofnさん、ありがとうございます。

>Will Downingのカヴァー

あつ、それ知りませんでした。You Tubeで確認しておきます。でも、CDをトレイに載せて聴かないとなんか聴いた気がしないんです。
漁ってみます。

sugarfoot
2009/09/24 00:00
聞いたなぁ〜、これも!
1973年か1974年の頃リアルで。
友人の家にベスト盤が有って、その中に有った曲。
インパクトは無かったけど、ベスト盤を流して何回も聞いてるうちにメロディも気に入ったっけ!
「この一曲!」では無いけど、アルファ波は出てくるよ、聞いてると。
ケン坊
2009/09/25 01:14
ケン坊さん、ありがとうございます。

確かに「この一曲」ではない。でも暗めのトム・ベル節を聴くと何か懐かしい感じが。
初めてスタイリスティックスを聴いたのは私もベスト盤でした。その頃の匂いが鼻にツーンとキマス。
sugarfoot
2009/09/25 05:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

涙の試練 / スタイリスティックス ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる