ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲット・ダンシン / ディスコ・テックとザ・セックス・オ・レッツ

<<   作成日時 : 2009/08/26 07:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

ちょいと疲れて更新途絶え気味

画像


You Tubeはこちら

実はこのグループのことは良く知らない。ゲイ・ディスコ路線なのかと思うがそれも分からない。なんか分からんけど「カミサマ」とか喋りまくっているのでお笑いなのか?

曲は店でもラジオでもよく聴いた。かなりのヒット曲だったはず。

作者はBob CrewとKenny Nolanということで、ブルーアイドソウルの御二人。。どす黒くないけどラテン風味あり、ポップ風味ありで、様々な人種の耳をくすぐる曲作りに特徴のあるコンビだ。
レーベルはロスのChelsea。

ゲット・ダンシン(Get Dancin') / 同パート2
75年 ポリドール梶@DW1088 (Chelsea)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
なぜかミュシャ風アールヌーボーなジャケが面白いですね。
初めて聴いてみましたが、あの時代のドラマ(時間ですよ とか)のバックミュージックを思い出しました。
ぐーぐー
2009/08/26 08:11
80年代に残党がエルボウ・ボーンズ&ザ・ロケッティアーズ「ナイト・イン・ニューヨーク」でヒットしたんじゃ無かったかな?
テイストが似てるだけで勘違いかも。
kazzz
2009/08/26 09:53
SOUL ON誌 1975年8月号にレビューが出てます。
allmusic.comによるとメンバーは Jocelyn Brown、Bob Crewe、Sir Monti Rock III。ただしJocelyn Brownはバックコーラスみたいです。
当時名前を耳にした「Sir Monti Rock III」は60年代に「teen idol/talk show regular of the '60s」だそうでMCはぴったしかも。「ゲイ・ディスコ路線」は間違いなさそうです。
当時この曲は好きでした。
ad' (adhista)
2009/08/26 19:51
ぐーぐーさん、ありがとうございます。

ミュシャってトランプとかタロットカードのイメージのあれですかね?

私は最近までこの曲ヴァン・マッコイがらみと勘違いしてました。
sugarfoot
2009/08/26 21:55
kazzzさん、どうもです。

>ナイト・イン・ニューヨーク

あの辺の関係はよく知りませんが、キッド・クレオールはよく聴いてました。サヴァンなバンドも好きだったのですが、何故か最近は全く受け付けなくなってしまいました。

流行ると飽きるというアマノジャクかもしれません…

sugarfoot
2009/08/26 21:58
ad'さん、ありがとうございます。

この曲はいいですよね。いろんなシチュエーションで使えそう。Jocelyn Brownがらみですか。ネット情報ではGwen Guthleyも在籍していたとのこと。
このグループはバンドそのものよりも裏方の方が興味深いです。
sugarfoot
2009/08/26 22:02
トップ40ノートを付け始めた頃の曲なのでとっても懐かしいです。
作曲たしか、Kenny Nolanじゃなかったでしたっけ。同時期にヒットした自身の I Like Dreamin'との違いにびっくりした記憶があるけれど、勘違いかも
chanpara
URL
2009/08/27 00:15
ラベルの“Lady Marmalade”もBob CrewとKenny Nolanの共作でしたね。
この二人なかなか優れた作曲チームだと思います。
kofn
URL
2009/08/27 00:47
sugerfootさん 私の世界?ですね
当時相当嵌ったのがKid Creole and the coconuts(August Darnellと兄貴のStony Browderと3人娘のココナッツ)
だったんですが、元はDr.Buzzard Original Savvana Band そう、多分Kazzzさんの残党ネタはこっちでは?
そのKid Creoleが偽名でやったのがElbow Bones & The RacketeersのA Night in New York ('83)だそうですね。
こういう裏話、900頁近いWikiの塊のような変な本“All Music Guide to SOUL”に書かれてます。
で、Bob CrewとKenny NolanってLaBelleの“Lady Marmalade”書いた人達ですかねえ?
つながらんかった!
mambo
URL
2009/08/27 01:17
chanparaさん、ありがとうございます。

やはりこの曲反応がいいです。
作曲はI Like Dreamin'のケニーさんですよ。あのアルバムお持ちですか?Jolieというエッチなネタを思い出しました。
sugarfoot
2009/08/27 06:49
kofnさん、ありがとうございます。

>この二人なかなか優れた作曲チームだと思います。

私もこのコンビに惹かれてます。4 SeansonsやFranky Valliのアルバムにも登場してますね。Bobが5人目の4Seasonsという人もいるぐらいですからそれも当然。
そーいえばこのネタ、kofnさんのBob Crewe Generationの記事を見て思いついたのでした。

Bob Creweについてはこちらに詳しく書かれていました。
http://www.circustown.net/ct/add/bob_crewe/bob.html
sugarfoot
2009/08/27 06:58
Mamboさん、ありがとうございます。

キッドクレオール関連のアルバムは全てアナログがあるんですが、年一回しか覗かないトランクルームです。ジャケのイメージからするとコンセプトが似てそうですね。

まさにLady Marmaladeはこのコンビ。あの曲も多国籍なイメージですね。

All Music Guide to SOULという本は持ってません。ブルーブックという本もあるらしいのですが持ってません。買おうかな。
sugarfoot
2009/08/27 07:12
Sugeerfootさん こんばんは
>キッドクレオール関連のアルバムは全て
>アナログがあるんですが、年一回しか覗
>かないトランクルームです。
>ジャケのイメージからするとコンセプト
>が似てそうですね。
すごい! 僕も全部は持っていません。

>All Music Guide to SOUL
あまりお勧めしません。分厚いだけで大事なとこが抜けていたり、変に細かかったり、、、
だって投稿者の記名入りで、信憑性も? なんですもの

しかしAugust DarnellはLatinのCabCallowayとこの本では記述されています。良い表現ですなも
Elbow Bones & The RacketeersのA Night in New York ('83)を初めて聴いた時には舞い上がりました。まさかあれがAugust Darnellとはね、、、
とんでもな芸名ですもんね『肘骨らと詐欺団』 さすがにAll Music Guide to SOULには載ってませんでしたヨ。
mambo
URL
2009/08/27 23:25
mamboさん、どーもです。

>キッドクレオール関連のアルバム

レア盤買いせず、安物買いばかりしてたらそろってしまいました。

しかし「肘骨らと詐欺団」ですか。確かに人を食った名前ですね。
sugarfoot
2009/08/28 06:57
>Elbow Bones & The RacketeersのA Night in New York ('83)
今日、アルバム引っ張り出してきました。
Elbow Bones って August Darnellよりはるかにイケメンで別人のようで、前言訂正。失礼しました。
ン、でもなあメイクかもなあ?
mambo
2009/08/29 01:30
うーん、やっぱりAugust Darnellみたいやねえ
http://playitandbedamned.blogspot.com/2008/02/back-to-80s-elbow-bones-and-racketeers.html
mambo
2009/08/29 02:14
mamboさん、どーも。
同じ人だった記憶があります。確かにジャケは男前過ぎますね。AugustもCortyも高学歴のインテリ。係わるアルバム全てにストーリーが感じられます。

あれ、ディスコ・テックスのお話は何処へ(笑)
sugarfoot
2009/08/29 07:29
mamboさん、思い出しました。

肘骨らと詐欺団にはOhioPlayers(Untouchables)のDutch Robinsonが参加してました。ジャケ下部の○枠の写真の真ん中の人。

確認のためネットで検索したら、そのことに触れた記事が色々と出てきます。
sugarfoot
2009/08/29 09:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ゲット・ダンシン / ディスコ・テックとザ・セックス・オ・レッツ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる