ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンキー・ホース / エドウィン・スター

<<   作成日時 : 2009/07/18 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

日本制作

画像


imeemはこちら


日本制作の黒人アーティストといえば、やはり細野晴臣さんや松本隆さんのThree Degreesが有名なところですが、Edwin Starrもこんな活動をしていたんですね。
作曲は深町 純さん。
深町さんは、マイティ・サラダ・シンジケートという名義で同名曲のシングルを出しているようですが、同じ曲なんでしょうか?興味あるところです。

音的にはOhio PlayersやLarry Grahamの影響を受けていることは明らかです。ただ、当時を知らない私は、この曲をファンキー・ホースという踊りで踊るのかどうか判りません。同時期に出ていたトント・アンド・オリジナルスティーラーズという、やはり和製の同名曲「ファンキー・ホース(ローン・レンジャー)」のジャケ裏ではFunky Horseという踊り方が紹介されてますから、(日本では)流行ったのかもしれません。

そのような名前のディスコもあったみたいです。

発売年の表記がないが、レーベルはモータウン。CommodoresのMachine Gunと番号が近いので74年か75年の発売でしょう。



エドウィン・スターのディスコグラフィー

ファンキー・ホース(Funky Horse) / ビッグ・パパ(Big Papa)
ビクター音楽産業梶@JET-2275

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
これは素晴らしい!!
よく日本制作のソウルモノって、本人の歌唱をうまく生かせていない場合が多いのですが、これはうまく生かしてますね。さすが深町純氏ですね。
yuki
2009/07/18 13:27
知ってまっせーavexよりはるか昔の日米Project、そう外れが多い中で意外にヒットしたやつです。
Funky Horse、、、それでいいのです。
当時はFunky動物もんってあって、
Rufusおじさんのチキン、ペンギン、ロボット、などいろいろ、、、
Horseはライドスタイルね
mambo
URL
2009/07/18 13:46
>発売年の表記がないが、レーベルはモータウン。CommodoresのMachine Gunと番号が近いので74年か75年の発売でしょう。

Wiki用に調べてみるとsoulfulkindamusicに
「Motown 1300 - Big Papa / Like We Used To Do – 1974」
が有りましたから
おそらく「Like We Used To Do」を「ファンキー・ホース」に入れ替えたんでしょうね。
ちなみに「Machine Gun」は「Motown 1307」ですから74年で決まりでしょう。
adhista
2009/07/18 16:34
yukiさん、どーもです。

>さすが深町純氏

このヒトすごいですね。左とん平のマーヴィン風も好きなんですが、頑固なファンクもフュージョンチックな音もいい!尊敬します。
sugarfoot
2009/07/18 17:46
mamboさん、ありがとうございます。

>Funky Horse、、、それでいいのです

オンタイムの方のお墨付きということで、一安心。次回の「お深い」はこれでesoulさんと対決でしょうか
sugarfoot
2009/07/18 17:48
adhistaさん、ありがとうございます。

>おそらく「Like We Used To Do」を「ファンキー・ホース」に入れ替え

でしょうね。Big PapaはF.Perren作。この曲の制作も日本でなんらかの経緯があったはず。

ちなみにマイティ・サラダ・シンジケートは74年のようです。
http://www.geocities.jp/fujiskre/frame0.html

sugarfoot
2009/07/18 17:58
horseという踊りは
言わずと知れたCliff Noblesの"The Horse"で踊りますが、
JBの"The Little Groove Maker Me"
("There Was A Time"と同じ曲)でもよく踊ったものです。
Hey, hey, you feel all right, one time ha!
で、決める。
 その後、クック・ニック。チャッキーのSoul BrothersがNew horseという踊り(The horseが前後の動きだけで、横への動きを禁じていたのに対し、横方向というか斜め後方への横への動きを強調した)を広めたが、(詳細はニックのソウルダンス教則ビデオを見てね)
 Funky horseは知らない。ほんとにあったのmamboさん。
 因みに、この曲だとホースにはちょっとテンポがゆるいようなき気がしますが?
esoul
2009/07/18 21:22
esoulさん こんばんは
>Funky horseは知らない。
>ほんとにあったのmamboさん。
え? あっしのは勝本さん系だったんでしょうか?
今、WebサーチかけるとHorseしか出てませんね

ゆるいというのは
乗馬でゆっくり歩く時の感じですから、
斜行するときのような感じも入れてました、、、
泥臭く踊るのがFunkyって聞かされてました。
まだ若かったすから、、、、
mambo
URL
2009/07/19 03:43
esoulさん、コメントありがとうございます。
mamboさん、再びありがとうございます。

>horseという踊りは言わずと知れたCliff Noblesの"The Horse"で踊ります

まずは其処からスタートなんですね。
推測ですけど、「Horseを」軸にして、「New」やら「Funky」の形容がついた踊りも独自に生み出されていたんでしょうか。

踊りの世界も奥が深い。

そーいえばエモリ氏の著書「黒く踊れ」、某書店行ったら「音楽」ではなく「戯曲・舞踏」のコーナーに置いてあり、ちょい笑いました。
sugarfoot
2009/07/19 06:28
Sugerfootさん
こんにちは

怪しい記憶ですが、
当時 全国ディスコ協会ともう1つ協会があって
流れが2つあったようです。
勝本さんが岐阜へ来られた時は“ハッスル”の紹介だったす。

ということで
そのFunky Horseのイラスト誰が描いてるか
で多分、どっちの派か分かるかなと、
mambo
URL
2009/07/19 12:43
mamboさん、どーもです。

トント・アンド・オリジナルスティーラーズのジャケは江守さんのイラストです。
メール送りましたんで宜しくお願いします。
sugarfoot
2009/07/19 18:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ファンキー・ホース / エドウィン・スター ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる