ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛からのがれて / デビッド・ラフィン&ヴァン・マッコイ

<<   作成日時 : 2008/12/20 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

白状します。この曲、デヴィッド・ラフィンがオリジナルだと知ったのはここ数年のこと。

画像




デヴィッドラフィンは初期のアルバムだけ聴いて知ったかぶり。ヴァン・マッコイのプロデュースであるにも関わらずこの70年代中期のアルバムは無視し続けたために、このような無知をさらけ出すこととなってしまいました。

では最初に聴いたのはだれのバージョンかと言うと、おそらくChoice Fourでその次がWillie Clayton。歪んでますよねぇ。


Chuck Jacksonバージョンなんてものありますがバックの音もあっさりしており「往年のスターが歌うナツメロ」的で馴染めませんね。

この曲に関してはzoukyさんがカバー曲を特集されてらっしゃいます。

愛からのがれて(Walk Away From Love) / 危険な恋(Love Can Be Hazardous To Your Health)
76年ビクター音楽産業梶@JET−2367


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ご紹介どうも有難うございました。
この曲にはメロメロですよ。
ホントいい歌ですなあ。
zouky
URL
2008/12/20 22:39
あ、これは後でとりあげようと思ってたんだけど、先越されちゃいましたねー。

なんか、いろんな人カバーしてるんですねー、意外でした。僕はDaivd Ruffinのものしか聴いたことがなかったので。
Masato
2008/12/21 07:57
zoukuさん、ありがとうございます。

>ホントいい歌ですなあ

全く同感です。今もデヴィド・ラフィンのバージョンを聴きながら書いてますが、つい聴き入ってしまいます。
sugarfoot
2008/12/21 09:31
Masatoさん、ありがとうございます。

>いろんな人カバーしてるんですねー

ミュージシャンズ・ミュージシャンという言葉があるように、この人はシンガーズ・シンガーなんでしょうね。


sugarfoot
2008/12/21 09:35
ああ・・・・
この曲は素晴らしいですね。
Daivd Ruffinもいいですが、Choice Fourもなかなかです。
恥かしながらChoice Fourはつい最近Youtubeで発見してハマっております。
アルバム探してるんですがCD化はされてないみたいですね。
white
URL
2008/12/21 23:45
whiteさん、ありがとうございます。Choice 4は以前ベストCDが発売されていたようですね。アルバムは金のりんごのジャケ(セイムタイトル)ですが彼らのアルバムの中では一番高いかもしれません。ただAngel Don't Fly Awayなんていうスーパー・スィートもあり、良いアルバムですよ。
sugarfoot
2008/12/22 00:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

愛からのがれて / デビッド・ラフィン&ヴァン・マッコイ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる