ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS Shakin' The Ground / Ole Borud

<<   作成日時 : 2008/11/09 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

明日以降のアップにしようか思っていたのですが、あまりに素晴らしく我慢できませんでした。
ノルウェーのアーティストで相当下地のある方のようです。

画像


購入したのはCruisin'さん

こちらのサイトではアベレージ・ホワイト・バンド、デュークスなどと比較されていますが、私の耳はちょっと違っていて、スティービーの影響を軸にルーファスやアース、クルセイダーズなどのサウンドを吸収したように聴こえます。

でも一番的を射た表現は「ノルウェイの原田真二」かも…

とにかく駄曲がありません。最近コレほどまでに完成した音は聴いていませんでした。
こじんまり聴こえるとしたらそれはアルバムコンセプトが統一されているためであり、奇をてらっていないためだと解釈します。

まぁ弱点といえば、この2008年に出すべきアルバムかどうかぐらい。ジャミロクワイと比較される可能性もあるがコチラの方がもっと骨太です。

アルバムの白眉はやはり10曲目のOne More Tryでしょう。スティービーmeetsジェイ・グレイドンのこのマリアージュを是非お楽しみ戴きたいのだが、発売されたばかりのこの曲をフルにアップするのは躊躇われます。
コチラの試聴で軽くイッテ下さい。

今私の中で最もヒップなのはこのアルバムと、「キムタクの顔から下」を務めるDavid Elsewhereのブレイクダンス。かなり時代を外しているかも…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、完全に80年代のAOR系の音を感じさせてくれますね。
Masato
2008/11/10 07:14
masatoさん、ありがとうございます

今通勤電車できいてますが、AWB、WAR風の曲もありました。
このアルバム、クレジットがまったくないのですが、そこそこ有名なミュージシャンも参加してるかも
そのあたりは日本盤がでたらわかるでしょうね。
sugarfoot
2008/11/10 08:29
本当に素敵なアルバムでした。気に入ってます。ちょっと耳にしたのですが、何でもOleが、David Fosterトリビュート・アルバム「Fly Away / The Songs of David Foster」(春にリリース)で「Through The Fire」を歌っているそうです。楽しみです。
Hanna
2009/02/02 03:51
Hannaさんはじめましてですよね。

>David Fosterトリビュート・アルバム「Fly Away / The Songs of David Foster」(春にリリース)で「Through The Fire」を歌っているそう

本当ですか?Cruisin’さんのサイトで発売を知りシングルを既に購入しましたがアルバムにOleも参加しているとは。

本人のこアルバムの出来からすればかなり期待してしまいますね。

ところでHannnaさんブログとかやってらしたらアドレス教えてください。
今後とも宜しくお願いします。
sugarfoot
2009/02/02 07:41
これはいいですよね。自分はランディッグドラムとかロビーデュークを思い出しました。
てく
2009/03/15 23:53
てくさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

>ランディッグドラムとかロビーデュークを思い出しました

Randy GoodrumもRoby Dukeも優しそうなルックス声に反してバックの音がカッチリと決まってますから、仰るとおりですね。
最近日本盤も出ましたし、本当に内容を伴った駄曲のないアルバムだと思います。
私のブログはソウル系なのに、Ole Borudのアクセス数が極端に多いのに驚いてます。
sugarfoot
2009/03/16 07:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

Shakin' The Ground / Ole Borud ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる