ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ステッピン・アウト / レイ・ダルージュ

<<   作成日時 : 2008/10/05 09:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

実はきのうの記事は、今日のネタのための伏線 (といってもただタイトルが同じだけ)

画像


ストリート・ピープルのメンバー兼プロデューサーのレイ・ダロージュのソロアルバムのシングルカットをカップリングしたのが本盤となる。

ストリート・ピープルというグループはヴォーカル・グループファンにとっては有名なグループ。
LTDのヒット曲「Never Get Enough of Your Love」というのがあるが、これは彼らのカバー曲だ。

A面の試聴はこちら

本国では先にシングルカットされていたB面は、yukiさんがとりあげたこちらをご参照ください。

どちらもサビのメロディが印象的だが、それ以外のメロディや声に魅力を欠いてしまう。

そういえばストリートピープルのアルバムもあまり聴きたくならんしなぁ…
わたしには合わないヒトなのかしら…


Steppin' Out(ステッピン・アウト) / I Can See Him Makin' Love To You, Baby(アイ・キャン・シー・ヒム)
79年 ポリドール梶@DPQ6151

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
元々ロック畑の白人シンガーですから、そこも違和感の原因かもしれませんね。自分も声はあまりタイプじゃないです 汗
yuki
2008/10/05 14:56
yukiさんありがとうございます。

>自分も声はあまりタイプじゃないです

ライターとしては才能あるのにねぇ。ただ曲調もソウルからはちょっと離れているような…
ケニーノーラン辺りの方がソウルフルですね。
sugarfoot
2008/10/05 19:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ステッピン・アウト / レイ・ダルージュ ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる