ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS I'm Gonna Be Ready / Bob Carlisle

<<   作成日時 : 2008/10/25 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょいと趣向を変えてみます。

素晴らしいシンガーはどの世界にもいますが、kofnさんが紹介されていたCCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)アーティストのBryan Duncanもその中の一人。

そもそもソウルファンは声でシンガーやグループを評価する方が多いはず。ならばこのヒトの素晴らしさを分かちあえると信じます。

今日、共有したい曲は同じCCMのフィールドで確約するBob Carlisleの大ヒットアルバムButterfly Kisses収録のI'm Gonna Be Ready

画像


Im Gonna Be Ready - Bob Carlisle

太目の声でスタートするのはBob Carlisle。コーラスに入り込むリズム感や声の高低の使い分け方が小気味よい。
一通り歌い終わった後、2番からBryan Duncanが登場。張りのある伸びやかな声が楽しめる。
圧巻はその後。
2人の絡みはエゲツなく、その辺りのソウル・デュオはお呼びでない。

Mcfadden&Whiteheadを初めて見たときぐらいに強烈です。

Bryan Duncanは素晴らしいシンガーなのですが、とにかく器用なヒトであらゆるジャンルの音楽を吸収してクリスチャン・ミュージックにしており、アルバム単位でのお勧めは選び難いです。

Bob CarlileはButterfly Kissesが名刺替わりとなっており、その曲をフューチャーした編集盤が数多くありますが、どれも似たようなもの。
どうせなら安いこのアルバムがオススメです。ブックオフたたき売りコーナーでも見かけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
聴かせてもらいました。。。もっとも、何故か曲の途中から30秒程しか聴けなかったのですが、好みの曲調です。。。
全然知りませんでしたが、ちょっと興味ありますね、Bob Carlisle。。。
HEKA
2008/10/26 18:51
HEKAさんありがとうございます。

>曲の途中から30秒程しか聴けなかったのですが、好みの曲調です。。。

あらら、聴けませんでしたか。残念。
ホント、よく見かけますので是非聴いてみてください。
sugarfoot
2008/10/27 07:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

I'm Gonna Be Ready / Bob Carlisle ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる