ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS アイ・アム・ア・ヤング・マン / ジョー・クォーターマン&フリーソウル

<<   作成日時 : 2008/10/16 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

このグループはRippleなんかと同様、乾燥した空気を感じます。

画像


トランペッターのジョー・クォーターマン率いるこのグループ、その昔BMR誌のファンク百選で名を知りました。後にレアグルーヴ物のコンピを入手。「I Got So Much Trouble In My Mind」にノックアウト。
アルバムはTEACから日本盤が出ていたぐらいで、そこそこの値がつくものの結構店頭でも見かけます。レア盤というほどのブツではありません。

ライナーによれば

62年にレコードデビュー。Sir Joe & The Knightsというグループを作った。
63年にはSir Joe & Maidensと改め地元ワシントンD.Cを拠点として活動。
64年にはマグニフィセント7というグループに参加しアメリカ全土で公演を行う。
70年にはオーランド・スミス・クインテットというジャズバンドに入る。
71年、ついにSir Joe Quarterman & Free Soulを結成。マイナーレーベルのMantisから出したI Got So Much Trouble In My MindがGSFレーベルに買い上げられヒット
74年マーキュリーに移籍、「ゲット・ダウン・ベイビー」の後、この「アイム・ア・ヤング・マン」を発表。



彼はこの時期、98.6というグループをプロデュース。素晴らしい仕事をしました。

ところでこのBMRのファンク100選って記憶にありますか?レアグルーヴ100選だったかも?
私の手持にはもう無いのですが、20年近くたった今、改めて見直してみたいものです。

アイム・ア・ヤング・マン(I'm A Young Man) / 同ディスコ・バージョン
76年 日本フォノグラム梶@SFL-2055(Mercury)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このイラストが当時の雰囲気ですよね。
Masato
2008/10/16 11:01
あんなにカッコイイ曲なのに、ジャケの絵はマヌケな感じですね 笑

僕は「ゲット・ダウン・ベイビー」も凄くクールでカッコよくて好きですよ。
yuki
2008/10/16 11:06
Masatoさんありがとうございます。
オンタイムではないのですが当時のシングル、特にマーキュリーは力入ってますね。
sugarfoot
2008/10/16 22:24
yukiさんありがとうございます。

彼らはクールなイメージあります。声が若いところがかえってJB辺りと違う色を出していて魅かれますね。

98.6もすごいですよ。
シングルはあるのですが音源がデジタル化できないので、アップしようかどうか迷っているところ。
どっかで聴けませんかね?
sugarfoot
2008/10/16 22:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

アイ・アム・ア・ヤング・マン / ジョー・クォーターマン&フリーソウル ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる