ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS スタンド・バイ・ユア・マン / キャンデイ・ステイトン

<<   作成日時 : 2008/09/12 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

日曜日の恩師追悼会は後半がプチ同窓会となり、なかなか幸せ。
気分が乗ってきたので大事なシングルをアップ!

画像


A面はカントリーナンバーをソウルナンバーにリメイクしたことで有名な曲。

当時の映像は見当たらないが聴くだけならこちらでどうぞ。

Stand By Your Man↓
http://jp.youtube.com/watch?v=MvyW0AA5zYw

Mr.And Mrs.Untrue↓
http://jp.youtube.com/watch?v=oQsOphgk1k0

人生をリードしてくれそうな枯れた声、後方支援してくれそうなストリングス、全てが白人プロデューサーのリック・ホールによる手腕によるものであるが、彼女自身の存在感もパンチがきいている。

シングル盤のジャケも見開きで、当時の力の入れようが伺える。


ライナーでヒットナンバーのディスコグラフィーが記載されてたのでご紹介。


I'd Rather Be An Old Man's Sweetheart / For You (Fame-1456) 69年5月
Never In Public / You Don't Love Me No More(Fame-1459) 69年8月
I'm Just A Prisoner / Heart On String(Fame-1460) 69年11月
Sweet Feeling / Evidence(Fame-1466) 70年4月
Stand By Your Man / How Can I Put Out The Flame(Fame-1472) 70年8月
He Called Me Baby / What Would Become Of Me(Fame-1476) 70年12月
Mr.&Mrs. Untrue / TooHurt To Cry(Fame-1478) 71年3月


つまりこの日本盤シングルは独自のカップリング盤ということになる。


それにしてもクラレンス・カーターと結婚していたなんて知らなかったわー
昔はこの辺のシンガーほとんど興味なかったモンね。
でもこれからは聴きたくなりそう。


スタンド・バイ・ユア・マン(Stand By Your Man) / ミスター&ミセス・アントゥルー(Mr. & Mrs. Untrue)
71年 東芝音工株式会社 CR-2833

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
90年代の頃でしょうか。この曲が入ってるアルバムが欲しかったのですが高くて買えませんでした。それ以来いまだにアルバムは買えてないですが、04年にフェームの2枚のアルバムとシングル盤を入れた26曲入りのCDが出た時は狂喜乱舞したものです。
この曲、いい曲ですよねー。
こfn
URL
2008/09/12 18:36
ほのぼのとしたカントリーな雰囲気がいいですよねえ。よく聴きます。
zouky
URL
2008/09/12 22:43
kofnさんありがとうございます。
>90年代の頃でしょうか。この曲が入ってるアルバムが欲しかったのですが高くて買えませんでした。
昔は噂に聞くも、ヴィヴィッド盤さえ見なかった出すもんね。ワタシも持ってません。

タイミング的には若い頃に安易に入手しなくてよかったかも。一度聴いて素通りってなもったいないことになっていた可能性もあるんで…
sugarfoot
2008/09/13 03:20
zoukyさんありがとうございます

zoukyさんの好みとは違うのかなと思ってました。young hearts run freeの頃とは開き方が違うというか、声が曲を圧倒してリードしてますね。
sugarfoot
2008/09/13 03:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

スタンド・バイ・ユア・マン / キャンデイ・ステイトン ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる