ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS Love Not My Life / Bill Summers And Summers Heat

<<   作成日時 : 2008/06/12 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

Masatoさん
adhistaさん
HEKAさん
との連動企画「ファンクグループのグッドなスローナンバー」第5弾


カッシーナのソファに座ってドンペリを飲んでいるというセレブな兄ちゃん
画像


ハービー・ハンコックのアルバムなんかでパーカッションで参加していた、ウェストコーストのスタジオミュージシャンらしい。

4曲目のこの曲は完全にスィートソウルだ!
ながーいイントロの語りはJaniceの”Goody Two Shoes”という曲を思い出す。








・・・と思いきや、歌が始まると好みではなくなってしまう。
「歌わずにしゃべっていて欲しい歌手」という点は、やしきたかじん級。

今日は雰囲気だけを味わおう。

他にも紹介したい曲はあるんだけどなぁ・・・

まだデジタル化できない状況です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど惜しいですね。

でも悪くはない。
zouky
URL
2008/06/13 02:31
あ、これ僕も持ってますねー。

Prestige時代は、“Learning To Live As One”なんていい曲もあって、どちらかというと、フュージョン系の音でしたけど、80年代に入って、彼らぐぐっとエレクトロファンクしはじめましたよねー。

でも、このお皿に、こんな曲があったとは、知らなかった。語り好きにはたまりません。
Masato
URL
2008/06/13 07:08
zoukyさん
Masatoさん
ありがとうございます。

意外にいいのに印象が無いところがオモローです。
すぐに忘れてしまいそう。
sugarfoot
2008/06/13 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

Love Not My Life / Bill Summers And Summers Heat ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる