ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS This Must Be Heaven

<<   作成日時 : 2008/05/09 06:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

思い込みを見事に崩された時ほど、やりにくいときはない。

【1】
Heavenがタイトルに含まれる曲には名曲が多い。中でも以前紹介したOhio PlayersのHeaven Must Be Like This(邦題「天国とはこんなもの」)は、無人島へ持っていく10枚に必ず含めるだろう。

同じくHeavenを含む名曲に「This Must Be Heaven」がある。
画像

この曲を意識するようになったのはオマー・チャンドラーのアルバムを聴いたとき。
「どこかで聴いたなぁ」と思ったらTabuレーベルのBrainstormのカバーだった。
篭った感じの男性リードの声が印象に残っていた。

【2】
同じ頃、Goldmineというイギリスの海賊盤CDで、スィートやモダンの超レア盤シングルコンピがあった。
God's Gift To Womenの「Stop To Think It Over」という曲を聴いたときに、曲調もさることながら、その声に何か引っ掛かりがあった。

【3】
ハタと気が付いた。
「そうか、God's Gift To WomenのリードはBrainstormのChuck Overtonなんだ。これは同一人物だ。」

そのまま10数年が過ぎる。

【4】
ふと思い出してブログに取り上げようとネットを調べると、Brainstormで「This Must Be Heaven」を歌っていたのはベーシストであったLamont johnsonであるとの情報が。

諦めきれずに2004年に出た彼のソロアルバムを試聴、セルフ・カバーしたその曲を聴いてみるとBrainstormでリードを取ったあの声に間違いはない。

【5】
Lamont Johnsonのマイスペースを見るが、God's Gift To Womenに関しては一言も触れられていない。
自らのプロフィールを語る際、よっぽどいやでもない限りプロとしてデビューした作品には触れたいだろう。
ましてや2004年にCDアルバムを出している。スィートなシングルの値段が高騰しているこのご時勢、宣伝したくないハズがない。


こうして私のGod's Gift To Womenの残党がニュージャージーからニューヨークに渡り、そこでベリタ・ウッズを引き連れてBrainstormを結成したのだという10数年来の思い込みは、脆くも崩れ去った。

ブログを初めることでやっと、久々にソウルミュージックの世界に戻ってきたと言うのに・・。
なんとも皮肉なもんだ。

ともあれ、それぞれ良い曲だし、パフォーマンスも抜群だ。
下記You Tubeをお楽しみください。
ただし、God's Gift To Womenはよく聴けば複数の人がリードをとっていると思われる。
どの声に私が反応したのかはお楽しみ。

Brainstorm 「This Must Be Heaven」
http://jp.youtube.com/watch?v=I1A4_jYE9v0

Lamont Johnson「This Must Be Heaven」
http://cdbaby.com/cd/lamontj

Omar Chandler 「This Must Be Heaven」
http://jp.youtube.com/watch?v=RaXhkeZa4To

God's Gift To Women 「Stop To Think It Over」
http://jp.youtube.com/watch?v=FZXsWX6ySgc

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー、1本とられましたー。

Omar Chandlerの“This Must Be Heaven”ってBrainstormだったんだー。Brainstormの他の2枚のアルバムは聴いてたんですが、このアルバムは未聴でした。
気づかせていただいて感謝です。

God's Gift To Womanは「Soulful Thangs」シリーズでも聴けますね。
Masato
URL
2008/05/09 19:55
masatoさんありがとうございます。

>Brainstormの他の2枚のアルバムは聴いてたんですが、このアルバムは未聴でした。

私は逆にコレしか持ってません。なぜOmar Chandlerがこの曲をカバーしたのかが気になるところです。

>God's Gift To Womanは「Soulful Thangs」シリーズでも聴けますね。

あのシリーズ悔しいけど買ってしまいますね。どうせならTomorrow's Promiseあたりを出して欲しいのですが
sugarfoot
2008/05/10 08:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

This Must Be Heaven ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる