ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハング・オン、ベイビー / ジョニー・ブリストル

<<   作成日時 : 2008/02/14 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

最近またまた脳が疲れ気味。
いろいろとあるんよね。

私は年上や上司を攻撃する性格。
幸い今は上司に恵まれているのでうまく使ってもらっているが、仁義優先。

失礼な人間にはお客様であろうとやり返す(文章修正しました)。
スッキリしたものの、フォローは上司がすることになるんだろうな(スンマセン)

こんなときは明るめのサウンドで対応。

爬虫類系の顔面がイカツイ!

画像


モータウンのプロデューサー兼コンポーザーだった彼がヒットさせたシングルカット。

バリー・ホワイトの愛のテーマ、オデッセイのネイティブ・ニューヨーカーと並んで、飛行機会社のコマーシャル感漂うサウンド(オヤジは理解できるはず)。

白人が歌っていると言われたら信じてしまう程に音圧の少ない声だが、この人に関しては声より曲調が気に入っている。

ハング・オン、ベイビー(Hang On In There Baby) / テイク・ケア・オブ・ユー(Take Care Of You For Me)
74年10月 ポリドール鰍cM1257 (MGM)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
いろいろありますね。
私の30代の頃を思い出します。
自分の出した毒は、回りまわって返ってくるのでご注意を。
私はそれで2回左遷され最後に会社辞めました(笑)
でも、結局は良かったんですけどね。
今でも当時の上司には感謝しています。
ジョニ・ブリのこの曲の印象は飛行機ですね。
俺もオヤジということです。
white
URL
2008/02/14 22:49
whiteさん、コメントありがとうございます。

>自分の出した毒は、回りまわって返ってくるのでご注意を。

自らの狭量さに呆れるばかりですが、なかなか直せないようです。「コブラは自分の毒で死なない」など、都合のいいことばかりのたまってます。
泰然と構えるだけの度量を備えなければと反省。ご進言、ありがとうございます。

バリー・ホワイトの「愛のテーマ」の頃私は小学生でしたが、今はバカボンパパと同じ年。もっと人格を磨かにゃアカン。




suagrfoot
2008/02/15 07:22
私の理想とする高揚ソウル。

ALTON MCCLAIN & DESTINY 版もありますね。

zouky
URL
2008/02/15 17:17
zoukyさん、コメントありがとうございます。

>ALTON MCCLAIN & DESTINY 版もありますね。
私未聴です。女性モノはあんまり興味がなかったんで・・・
調べてみると、ベット・ミドラーなんかもカバーしてるんですねぇ。意外です。

sugarfoot
2008/02/15 18:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

ハング・オン、ベイビー / ジョニー・ブリストル ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる