ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS キッス・イン・ザ・ムーンライト / ジョージ・ベンソン

<<   作成日時 : 2008/02/01 07:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この曲の入った「ナラダ」プロデュースのアルバム「While The City Sleeps」はよく聴いた。


画像


ナラダ・マイケル・ウォルデンといえば元はテクニック系のフュージョンドラマー。その後はホイットニー・ヒューストンのプロデューサーとしての印象しかなく、その折にグラミー賞獲得のしたときの強烈なオカマちゃんコメントが忘れられない。

昔はドラマーとしてあのテクニックを尊敬していただけに、相当な落差を感じてしまった。

このシングルカットは、あえて評価するなら「ムードのあるブラコン」に留まってしまうかもしれない。

アルバムの白眉は3曲目の「Shiver」だ。
ベンソンのアルバムには付き物である、ギターとユニゾンでスキャットする唄い方(これなんて呼ぶんでしょう?)も素晴らしく、ドライブ向きのリズムやテンポに乗っかって自然に体が揺れる。

7曲目の「Too Many Times」もありがちなスローながら同様の唄法を楽しめる。

BDGuideではKashifの功績を賞賛するが、私にはそれが理解できない。
(批判ではない。コレ好みの問題)


キッス・イン・ザ・ムーンライト(Kisses In The Moonlight) / オープン・ユア・アイズ(Open Your Eyes)
86年9月 ワーナー・パイオニア梶@P−2145

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

キッス・イン・ザ・ムーンライト / ジョージ・ベンソン ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる