ソウル芝田(町)

アクセスカウンタ

zoom RSS シェイム・シェイム・シェイム / シャーリー&カンパニー

<<   作成日時 : 2008/01/14 09:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

オールプラティナムが続いているが、これを。

シェイム・シェイム・シェイム(Shame Shame Shame) / モア・シェイム(More "Shame")
75年 日本フォノグラム梶@SFL−2014

画像


シャーリー&リー時代にLet The Goot Times Rollの#1ヒットを持つ彼女の、vibrationレーベルでの復活作。作者のシルビアはミッキー&シルビアという男女デュオをやってたぐらいだから、相通ずるところがあったんだろうなぁ。

この曲、全米R&Bチャート1位にもなったそうな。すごく単純な曲なんだけどこれはやっぱり踊りやすいんだろう。男性の声は共作者のJesus Alvarezらしい。

ただ途中叫び声が聴こえたりと、ヒステリックな声が結構後味が悪い・・


ディスコ・シャーリー(Disco Shirley) / キープ・オン・ローリング・オン(Keep On Rolling On)
76年 日本フォノグラム梶@SFL−2058

画像

シェイム・シェイム・シェイムのリズムを変えただけのような曲。面白くもなんともない。ディスコというよりはロックンロールだ。

これらの曲の入ったアルバムはクライ・クライ・クライ(シェイム×3のテンポを落として歌詞を変えただけの曲)等、お勧めできる曲は少ないのだが1曲必殺が。

「I Gotta Get Next To You」

モーメンツ作のこの曲、購入当時からシルビアが歌っているものと信じきっていた。しかし今日改めて聞き比べてみるとやはりシャーリー嬢本人が歌っているように思えた。

歌い方は完全に真似ているのだが、声の質がシルビアとは違うし、息を吐くときは似ていても吸い込むあの独特の感じが出ていない。

ただサウンドとしてはシルビアの「Next Time That I See You」や「Sweet Stuff」の原曲といってもいい。あの独特の浮遊感を味わえる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

カタカナで検索

シェイム・シェイム・シェイム / シャーリー&カンパニー ソウル芝田(町)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる